諏訪湖花火大会2015の日程と宿泊情報!穴場や桟敷席情報も!


この梅雨が明けると、
いよいよ夏到来!そして祭り、花火シーズンです!

全国各地で色んな祭りや花火が開催されますが、
長野県にある諏訪湖で開催される「諏訪湖花火大会」を知っていますか?

総打ち上げ数や観客動員数が多いことで有名で、
大変人気のある花火大会なんです。

今回はそんな諏訪湖花火大会日程と宿泊情報に加えて、
穴場桟敷席についてもご紹介していこうと思います!

スポンサードリンク

 

諏訪湖花火大会の2015年日程

この諏訪湖花火大会は毎年決まった日に開催されます。

なので、今年も例年通りだろうということで
日程の詳細をご紹介しますね。

【 2015年 諏訪湖花火大会の日程 】

開催日:2015年8月15日(土) ※雨天決行(荒天中止)

開催時間:19:00 ~ 21:00

総打ち上げ数:約4万発

来場者数:約50万人

アクセス:JR上諏訪駅 徒歩10分

他の花火大会とは比べ物にならないくらい、
総打ち上げ数が多いのが分かりますよね!

しかも、ダラダラと数を打ち続けるわけではなく、
プログラムが部構成になっているんです。

1部・2部と違う花火を楽しめるので、
飽きずに花火の豪快さと可憐さを楽しめるのです。

“豪快さ”と言いましたが、これは諏訪湖が関係しています。

諏訪湖の形は、いわゆる「フライパン」のようなもの。

湖底が浅く、周囲を山々で囲まれた形なので、
音が反響しやすいという特徴があるんです。

そのため、通常では味わえない花火の破裂音と、
その音が反響によって響いてくるのを感じ取れます。

まるで映画館のような臨場感、といったところでしょうか。

そんな諏訪湖花火大会ですが約2時間程の間に、
50万人もの人が花火を一目見ようと諏訪湖へやってくるんです。

考えてみたら、ものすごい数ですよね。

大変な混雑が予想出来ますし、長野県でちょっと遠い・・・
という人におすすめしたいのが「宿泊」です。

ゆっくりと見れるので、とってもおすすめです。
そんなおすすめホテルを次でご紹介します!

諏訪湖花火大会の宿泊情報!おすすめのホテルはここ!

大混雑する花火会場よりは、ゆっくりとくつろぎながら花火を
是非とも見たい!という人におすすめしたいのが、ホテル観賞です。

諏訪湖付近にはホテルがちゃんとあるので、
上記のようなくつろぎタイムも夢ではありません。

いくつか以下にまとめてみました!

①上諏訪温泉RAKO華乃井ホテル(長野県諏訪市高島2-1200-3)

花火が見えるのはもちろん、“地酒温泉”でも有名なホテルです。

泉質は「アルカリ性単純温泉」で、肌の角質を取ってくれるという
美肌効果が期待できるのが嬉しいですね。

客室数も一番多いので、おすすめです。

②信州・上諏訪温泉 け流し源泉の宿 渋の湯(長野県諏訪市湖岸通り3-3-24)

温泉と言えば、無色透明だったり、乳白色が一般的ですが、
ここはなんと『金色』!なんとも珍しい色をしているんです!

金色の温泉はトロトロしていて、かなり特徴的で幻想的です。

大正時代からずっと湧き出ている温泉なので、
歴史もちょっと感じられますね。

結構探せばあるもので、他にも何か所かあります。

ただ、部屋数が少ないところもあるので、
気になる人は早めにチェックして予約するようにしましょう!

温泉も一緒に楽しめるところがほとんどなので、
花火と温泉、どっちも楽しめたら良いですよね。

諏訪湖花火大会の穴場スポット

花火が見えるホテルを紹介しましたが、
現地組だってゆっくり見たいですよね!

suwakohanabi2
出典:img5.blogs.yahoo.co.jp

そんな人のために、ゆっくり見れる穴場スポットを
いくつかご紹介しようと思います!では早速!

①高ボッチ高原(長野県塩尻市大字片丘)

ここの公園から見る花火は、少し見下ろすタイプになります。

通常の花火観賞スタイルとは違いますが、
首が痛くならないというメリットがあるんです。

ちょっと新しいスタイルではありますが人混みも気にせずに、
ゆっくりと見れるのでおすすめです。

②立石公園(長野県諏訪市上諏訪10399)

ここは穴場としては結構有名になりつつある場所です。
なので少々混むかもしれませんので、早めに行って場所取りしましょう。

諏訪湖を一望できる高台の公園なので、綺麗に花火が見えると
人気の穴場スポットになっています。

他にもありますが、「高台から見下ろす」というスタイルが
多いように感じました。

あとは会場の対岸から見る、という方法ならば人混みは
かなり避けることが出来るようですね。

それでも見え方は②とあまり変わらないという話もあるので、
一度行ってみる価値はあるかもしれませんね。

諏訪湖花火大会の桟敷席情報

さて、ここまでホテルや無料スポットをご紹介してきましたが、
この諏訪湖花火大会には有料席があります。

ただし!かなりの人気で倍率も相当高い!

桟敷席(マス席)ブロック指定席は「抽選」です。

残念ながらブロック指定席の受付期間は5月で終了しています。
結果が6月16日に出るそうなので、もう間もなくですね!

そして更に残念なことに、マス席の方も受付が終了してしまったようです。
こちらは6月17日に結果が通知されるようですね。

券の発送は、どちらも8月5日以降順次だそうです。
手元に届くまでドキドキですね!

「もう有料席がないじゃないか!」

と言われてしまいそうですが、実はまだあります。
それが「有料自由席」です。

“自由席”なので、場所取りは必須になります。

1人分のスペースも少々狭いですが、間近で見られるならばと
早めに完売してしまうほどの人気ぶりです。

そんな「有料自由席」ですが、発売方法が2種類あります。

・諏訪市文化センターで購入する方法

発売日時:7月30日(木) 8:30 ~

大人 3,000円   子供 1,500円

・ローソンチケットで購入する方法

発売日時:7月31日(金) 10:00 ~
(※ただし、31日は電話受付のみ「0570-084-795」)

大人 3,500円   子供 2,000円

ローソンチケットは8月1日以降ならば
コンビニで購入出来ますが、なにせ人気の花火大会です。

みんな惜しまず電話してきますので、早々になくなる可能性も。

絶対に間近で見たい!という人は、発売開始と共に
電話するようにした方がいいですね。

まとめ

いかがでしたか?結構な規模の花火大会で、
打ち上げ数や観客動員数にはびっくりしますね!

会場の有料席で見るか、ちょっと離れた無料の穴場スポットに行くか、
はたまたホテルで優雅に花火を見るのか・・・。

方法はいっぱいあります。

ただ1つ注意したいのが、交通規制に関してです。
相当数の人が来るので、当日は交通規制がかかります。

そのため、「花火大会の時間に間に合わない!」とか
「チェックインに間に合わない!」とか車だと少々問題が。

なので、慣れてない人は少し面倒かもしれませんが、
電車で行くことを強くおすすめします。

電車の良い所は、終わった後に余韻に浸れて、
感想とか感動した所について話し合えることです。

運転中はそうはいきませんからね。

感動を共有し、コミュニケーションをとることで
さらに楽しい気持ちになれます。

友人でも、恋人でも、家族でもです。

そんな素敵な時間を過ごせるように、色んな情報を収集して、
当日最高の時間に出来るよう祈ってます!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ