山で熊に遭遇したときの正しい対処法とは?


行楽の秋!

澄み切った空気と青い空、
山へのハイキングに絶好の時期がやってきました♪

と、そこで備えておきたいのが《熊対策》です。

山で熊と遭遇する確率ってどれくらいあるの?

もしも遭遇してしまったら、どうすれば良い?

おすすめの熊対策グッズを知りたい!

という事で今回ご紹介するのは《山で遭遇したときの正しい対処法について》

備えあれば憂いなし!

対策万全で秋の山を楽しみましょう♪

スポンサードリンク

山で熊と遭遇する確率ってどれくらい?

山ガールやハイキングが、注目されている今。

一方で、山や里にも熊が現れたと、
新聞に載っているのを目にすることも多くなりました。

そこで、山で熊と遭遇する確率ってどれくらいなの?

気になりますよね。

【山で熊と遭遇する確率】

山に入り熊と遭遇、ケガをしたり、
運悪く亡くなってしまったという悲しいニュースが毎年聞かれますよね。

ですが、熊に遭遇して亡くなってしまう方は年間数名

交通事故死者数は年間4,000名程ですので、
その少なさがお分かりいただけるかと思います。

年により異なりますが、負傷者を加えても数十名~100名程度。

熊に遭遇し襲われて、ケガや死亡してしまう確率はとても低いと言えそうです。

ですが、ケガなどを負わないまでも、熊と遭遇してしまう数はもっと多いはず!

対策を取っていたり、正しい対処法で難を逃れた方もいます。

対処方法を抑えておけば、いざという時にも安心です。

次の項目でじっくりと見ていきましょう!

熊と遭遇したときの正しい対処法は?

熊と遭遇してしまった時の正しい対処法とは?

【熊と遭遇したときの正しい対処法】

熊と遭遇してしまった時の対処法としてまことしやかに囁かれる《死んだふり》

死んだふりをすれば襲われずに済むの?

答えは《NO》です!!

好奇心旺盛な熊、触ってきたり、
最悪の場合はエサだと認識されてしまう場合もあります。

また、意識のある状態下で、
熊の爪や歯の攻撃に動かず耐えられるはずもありません。

死んだふりをするのは絶対にやめましょう。

では、シチュエーションごとにその正しい対処法を見ていきましょう。

〇熊との距離が20mから100m程度と離れている場合〇

・熊の様子を伺いながら、背中を向けないようゆっくりと離れます。

・万が一こちらへ向かってくる場合は人間だと気づいていない可能性もあるため、大きく腕を振り、穏やかに話しかけながら離れます。

〇熊との距離が20m以下から数メートルしかない場合〇

・とにかく落ち着きましょう。恐怖で大声で叫ぶなどしてしまうと、臆病な熊がパニックに陥り襲ってき兼ねません。

・ゆっくりと両手をあげ、穏やかに話しかけながらごくゆっくりと後ずさりして、熊が逃げていくのを待ちます。決して走って逃げてはいけません。素早く動くものに反応する習性がありますので、追いかけてくる確率が上がります。熊の足の速さは時速60キロ。とても逃げ切れません。

〇万が一熊が襲ってきた時〇

・そのほとんどが威嚇突進行動であるため、途中で止まり後退し始めたら、穏やかに声をかけながらゆっくりと後ずさりしましょう。

・それでも接近をやめない場合は捕食目的の可能性もあります。近くに登れそうな木があれば登って逃げましょう。※ただし、木まで決して走らな

い。

・距離が3~4mほどにまで迫ってきたら、熊対策のためのグッズを使用しましょう。

〇もしも襲われてしまったら〇

・防御態勢を取ります。うつぶせになり、両手を首の後ろで組んで保護します。

熊対策用のグッズと使用法について

素手で熊に立ち向かうのは無理!!

熊対策用のグッズと使用法をご紹介致します!

【熊対策グッズ】

〇遭遇しないために〇

臆病な熊は、基本的に人との遭遇を避けるため、まずは人がいる事を知らせる事が大切です。

鈴やラジオなど、常時音が鳴るものも有効ではありますが、音が大きすぎると周囲の音の変化を察知しづらいので、頼り過ぎず周辺の音や気配に十分気を配るようにしましょう。

時々声を出す・笛を吹くなどの対策も有効です。

水や風の音で存在に気が付きにくい沢沿いや風の強い日、音が伝わりづらい雨あがり、見通しの悪い霧や早朝夕暮れなどは特に注意して歩くようにして下さい。

〇遭遇してしまった時のために〇

その①なた

奥深い山へハイキングへ出かける場合、念のため取り出しやすい場所に《なた》を携帯すると安心です。

万が一の時、武器がないまま応戦しても勝ち目はありません。

襲われてしまった時に、熊の体のどこでも良いので《なた》で叩くことでそれ以上の攻撃を抑えられます。

その②熊撃退スプレー

他にも、持っていると安心なのが、熊の嫌がる成分のスプレーを熊に向かって噴霧し、熊を撃退する《熊撃退スプレー》です。

購入の他、自治体や山小屋などでレンタルを行っている場合もあります。

お出かけ先でレンタルを行っていないか調べてみましょう!

楽天・熊撃退スプレーhttps://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E7%86%8A%E6%92%83%E9%80%80%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

楽しいハイキング♪のはずが一変、熊と遭遇!

そうならないため、
また万が一遭遇してしまった時のためにも、万全の対策が必要ですね。

遭遇した時に正しい対処法を行うのはもちろん、
やはり何より重要なのは、まずは熊に遭遇しないことです。

人がいることを知らせ、
お互いパニックとなる突発的な遭遇を
出来る限り避けられるよう対策を行いながら歩きましょう。

夏の終わりから初秋に向け、ピークを迎えると言われる熊の出没。

冬眠のために栄養を蓄える秋は最も危険なシーズンと言われます。

もしもに備えて準備し、
不測の事故を防ぐよう心がけてお出かけするようにしてくださいね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ