コーヒーの染み抜き方法!応急処置と時間が経った場合はどうする?


本日ご紹介するのはコーヒー染み抜き方法!》

ついうっかりお洋服にコーヒーをこぼしてしまった!

すぐに洗えないお出かけ先だと本当に困ってしまいますよね。

淡い色のお洋服だと特に目立ってしまうコーヒーの染み。

すっかり定着してしまうのを出来る限り防ぎたい!

応急処置の方法は?

しばらく経過してしまった染みはどう落とす??

これを見ればまるわかり♪

汚れもギモンもすっきり解消しましょう!!

スポンサードリンク

染み抜きをする前に確認すべきことは?

あ!こんなところにコーヒーが・・・
という事よくありませんか?

白い服だと良く目立ちますよね。

人にはわかりにくいようでも、自分は気になってしかたがない。

そこで、染み抜きをしたいけど・・・

染み抜きをする前に確認することはある??

【染み抜き前の注意】

染み抜きを行う前に、必ず確認したいのが《色落ち》です。

染みが抜けたのは良いけれど、
お洋服自体の色も抜けてしまってもう着られない・・・

そんな事がない様に、必ず色落ちテストを行いましょう!

~色落ちテスト~

①白いタオルに染み抜きに使用する洗浄液を付けます。

②服の裾の裏など、目立たない場所をトントンと軽く叩きます。

③タオルに色がつくかどうかを確認します。

  

もしも色がついてしまう場合は、家庭での染み抜きはおすすめ出来ません。

クリーニング店に持ち込み、色落ちの状態も含めて相談してみましょう。

コーヒーの染み抜き方法!応急処置は?

染みがついてしまうと、早くなんとかしたいですよね。

でも、突然だと、「何もない~」なんてことになります。

そこで、応急処置だけでも、しておきましょう。

【コーヒーの染み抜き 応急処置】

こぼしたままで放置するよりも、
出来る限り状態をよくするために行いたい《応急処置》

カフェなどでも簡単に行える方法をご紹介致します。

①ハンカチやティッシュなどで、出来る限りコーヒーをつまみ取る様に吸い取ります。
※こすらないように!

②染みになってしまった部分の下にハンカチやタオルなどを置き、服の上から水で濡らしたティッシュで染みをトントンと叩き、汚れをハンカチやタオルに移します。

  

以上の応急処置を行う事で、
そのまま放置してしまうよりも数段染み込みが薄くなるでしょう。

また、素材がしっかりしているお洋服の裾を汚してしまった場合などは、
上記の後に洗面所で染み部分に水を付けて揉み洗いすると更に汚れが落ちます。

ただし、水を付けすぎるとビショビショになってしまいますので、
少量だけつけるようにしてくださいね。

コーヒーの染み抜き方法!

帰宅したらレッツトライ!

コーヒーの染み抜き方法をご紹介致します!

【コーヒーの染み抜き方法】

~使うもの~

・中性洗剤

・お洋服の素材、大きさによっては綿棒や染み取り棒
(割りばしの先にガーゼを輪ゴムで巻きつけたもの)

①上記を参考に、色落ちテストを行います。⇒色落ちする場合はクリーニング店で相談。

②ミルク入りのコーヒーの染みの場合は、染みに70℃程度のお湯を垂らし、ラップで覆いタンパク質を分解させます。※デリケートな素材には不向き。

③染み部分に中性洗剤をつけ、馴染ませます。⇒汚れが酷い場合はしばらく放置すると効果的。

④綿・ポリエステルなどの素材の場合は手で揉み、汚れを落とします。⇒デリケートな素材のお洋服の場合は染み抜き棒を、ごく小さい染みの場合は綿棒を使用し、軽く叩いて汚れを落とします。

⑤染み部分を水ですすぎ、染みがきれいに落ちていたら、衣類に合った方法で洗濯機で洗濯します。

  

何度が繰り返す事で更に効果はあがります。

それでも落ちない場合の染み抜き方法は次の項目で!

コーヒーの染み抜き方法!しばらく時間が経った場合は?

染みが出来たまましばらく放置してしまった・・・

こんな場合はどうしたら良い?

【コーヒーの染み抜き方法!時間が経ってしまった場合】

時間が経ってしまったコーヒーの染み。

中性洗剤を使用しても落ちない場合は《漂白剤》を使用します。

注意すべきは《酸素系漂白剤使う事》そして《色落ちテストを必ず行う事》です。

漂白剤は必ず酸素系を使用し、塩素系、還元系漂白剤は使用しないで下さい。

~使うもの~

・酸素系漂白剤

・綿棒か染み抜き棒(割りばしの先にガーゼを輪ゴムで巻きつけたもの)

・ドライヤー

①色落ちテストを行います。⇒色落ちする場合は、クリーニング店に相談。

②染みの下に白いタオルなどを敷きます。

③染みの大きさによって、綿棒か染み取り棒の先に漂白剤を染み込ませ、染みに塗ります。

④ドライヤーの《HOT》で、洋服から15㎝ほど離し、5~10秒程度加熱します。

⑤染みが落ちたら、衣類に合った方法で洗濯機で洗濯します。

  

染み抜きの理想温度は50℃~60℃です。

色はげの原因となりますので、ドライヤーの熱で高温となり過ぎない様、
注意深く観察しながら行って下さい。

何度か行う事で染みがどんどん消えていきます。

衣服を傷めない様注意を払いながら、根気よく行って下さいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《コーヒーの染み抜き方法》

出先の応急処置も、もしもの時は是非実践してみて下さいね。

上述通り、ミルク入りのコーヒーの場合は、
まずはタンパク質を分解してから染み抜きを行うのがおすすめです♪

ですが、高温のお湯を使用しますので、
傷みやすい素材の場合はくれぐれも注意して下さい。

大切なお洋服、完全復活出来ますように!!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ