チョコレート依存症の原因とは?克服する方法はあるの?


疲れたときなど、無性に甘いものが食べたくなる時がありますよね。

そんな時にはチョコレート!

甘さとほろ苦さ、ついつい手が伸びる美味しさです。

スーパーやコンビニでもたくさんの種類が数多く販売され、
いつでもどこでも手に入るチョコレート。

が!

そんなチョコレートの「依存症」に悩む人が増えているのをご存じですか??

そういえば、最近毎日のようにチョコレートを食べている・・・

食べないとイライラするし、もしかしてこれって依存症なの??

という事で今回ご紹介するのはチョコレート依存症原因克服法》

依存症度がわかる《チェック項目》を是非お試し下さい!

スポンサードリンク

チョコレート依存症とは?

みんなが大好きなチョコレート。

食べ過ぎるとニキビができると聞いたことがあるような・・・

チョコレート依存症にもなるとか?

【チョコレート依存症とは】

依存症とは、やめたいのにやめられず、
自分の力ではどうにもならない状態に陥っている状態
のことを指します。

チョコレート依存症とはつまり、
チョコレートの食べ過ぎで負の連鎖に陥っているにも関わらず、
それでもチョコレートを食べる事をやめられない状態のこと。

食べ過ぎだとわかっていてもついつい食べてしまう・・・

そんな方はチョコレート依存症かもしれません。

以下の項目でチェックしてみましょう。

①イライラしたり、疲労感を感じたときにはとにかくチョコレートが食べたくなる。

②毎日チョコレートを食べている。

③チョコレートを食べるのをやめようと思ってもやめられない。

④手元にチョコレートがないと不安。常備していないと落ち着かない。

⑤チョコレートを食べた後、眠気やだるさに襲われたことがある。

⑥チョコレートを食べた後、イライラしたり怒りっぽくなったりすることがある。

⑦ストレスが多い。

⑧仕事や学校など、毎日が忙しい。

  

以上、5つ以上当てはまった方は、
チョコレート依存症である可能性が高い状態であると言えるでしょう。

チョコレートを食べ過ぎたら出てくる症状は?

チョコレートを食べ過ぎたときに出てくる症状って?

【チョコレートを食べ過ぎると出てくる症状】

チョコレートにはたくさんの糖質が含まれています。

ですので、チョコレートを食べると体内の血糖値が急上昇し、
血糖値を下げようとするホルモンであるインスリンが大量に分泌されます。

このインスリンの働きによって、体は低血糖状態に。

ゆえにチョコレートを過剰に食べ過ぎてしまうと身体は《低血糖症》に陥り、
日常生活に支障をきたす症状が出てきてしまうのです。

~低血糖症の主な症状~

〇イライラ・怒りっぽい

〇興奮状態

〇不安や悲観的感情

〇震え

〇眠気

チョコレート依存症の原因は何?

チョコレート依存症の原因はどんなものなの?

【チョコレート依存症の原因】

どうしてチョコレート依存症になってしまうのでしょうか。

まず一つ目の原因は《幸せホルモン》の影響です。

チョコレートを食べたとき、
人が幸せを感じた際に出るホルモン《セロトニン》が体内で分泌されます。

この《幸せホルモン》によって、一時的に満足感を得られる状態になることが、
依存を引き起こす原因に。

また、上述の通り低血糖症による不安感から逃れようと身体は更に糖質が求め、
またチョコレートに手が伸びます。

更に、中毒性が高い事でも知られる《カフェイン》を多く含むチョコレート。

これらの原因が相まって、
チョコレート依存症を引き起こすと考えられているのです。

チョコレート依存症の克服法は?

薬物依存やタバコの依存症のように、
克服するのは難しいのでしょうか?

そこで、チョコレート依存症の克服法を知りたい!

【チョコレート依存症の克服法】

それでは、チョコレート依存症の克服法について見ていきましょう!

〇チョコレートの摂取量を少しずつでも減らしていく。

〇間食しなくても済むように、3食しっかり食べる。

〇口さみしくなった時は、ナッツやフルーツを食べたリ、お茶を飲む。

〇イライラ防止の対策として、ビタミンB1のサプリメントを摂る。

〇ストレスをためず、スポーツや趣味などで発散する。

〇買い物の回数を減らし、お菓子売り場を覗かない。

   

まとめ

いかがでしたでしょうか。

摂り過ぎてしまうと体に様々な弊害を及ぼす《チョコレート依存症》

“食べ続ける事が更なる不調を呼ぶ”と言う、
負の連鎖に繋がってしまうんですね。

いつでもどこでも買えてしまうチョコレートだけに、
克服には強い意志が必要となりそうです。

上述の症状の他、糖尿病や高脂血症などを引き起こす原因にもなり兼ねない
《糖質の摂り過ぎ》も心配です。

改善したくてもどうにもならない、依存度がとにかく高い、
不安やイライラの症状が酷いなどの場合は、心療内科の受診も有効です。

一人で悩まず、専門家に相談するようにして下さいね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ