卵は一日に何個までなら食べていいの?食べ過ぎるとどうなる?


目玉焼きに卵焼き、スクランブルエッグに親子丼、キッシュにオムレツ・・・と、
美味しい卵料理は数知れず!

おでんの卵ならば何個でもいけちゃう♪

卵って本当に美味しいですよね。

が!そこで生じるふとしたギモン!

栄養価が高そうなイメージの卵、一日にどれくらい食べて良いの?

一日一個まで、食べすぎは体に毒ってほんと?!

という事で今回は
一日何個まで食べてよいのか》を徹底解説致します!!

スポンサードリンク

卵は一日に一個しかダメって本当なの?

安くて、栄養価の高い卵。

毎日のお弁当にも欠かせない存在となっています。

しかし、卵は一日に一個という噂。

卵は一日に一個しか食べちゃいけないってほんと?!

【卵は一日に一個まで?】

卵を食べすぎるとコレステロール値が上がるので
一日一個までしか食べてはいけない!

そんな話を聞いたことはありませんか?

卵をひとつ食べたたけで本当にコレステロール値が上がる?

一日に一個しか食べてはいけない?

答えは《NO》です!

高脂血症など、たんぱく質の摂取制限がある方は卵の摂りすぎに注意が必要ですが、
健康な方であれば、一日に2個以上食べても何ら問題はないとされています。

ひとまず、安心ですね。

卵は一日に何個までなら食べていいの?

一日に2個以上食べても何ら問題はないと言われても・・・

大好きな卵、一日に何個までならば食べて良い?

【卵は一日に何個まで食べてよいのか】

結論的に、一日に何個までという制限はありません。

上述通り、健康な方であれば、継続的に一日に2~3個摂取も問題なし!

というよりも、良質なたんぱく質やビタミン・ミネラルが含まれている卵、
《積極的に一日2個は食べましょう!》と推進しているところもたくさんあります。

単発であれば、一日に5~6個食べても問題はありません。

が!注意すべきは栄養バランス!!

いくら好きだからと言って、
毎日沢山の量を食べ続けていては調子を崩してしまいます。

偏った食生活は避け、
野菜などとの栄養バランスを取りながら食べるようにしましょう!

卵を食べたらコレステロール値は上がるの?

一日にいくら食べてもいいと言われても、
栄養のバランスは大切。

卵を食べるとコレステロール値が上がると聞くけど??


  

【卵とコレステロール】

Mサイズの卵1個に含まれるのコレステロール値は、約《200mg》と、食品の中でも高め。

以前は、一日の摂取量目安は男性750mg未満、女性600mg未満、
高コレステロール値の人は300mg以下と言われていましたが、

2015年、《コレステロール摂取の上限値を算定するのに十分な科学的根拠が得られない》との理由から、食事におけるコレステロールの摂取量に関しての上限値が撤廃されました。

体内でも作り出されるコレステロール。

健康な人であれば、体内でコレステロール値を一定に保つ機能が働き、
摂取量によって作り出すコレステロール値を調整します。

ですので、卵によるコレステロール値を気にする必要はなさそう!

更に、卵黄の中に含まれる《レシチン》は、体内のコレステロール量を調整するばかりか、善玉コレステロールを増やす働きもあるため、

健康な方が一日に卵を2個~3個食べたとしても、
コレステロール値が上がることはありません。

LDLコレステロール値が高い方は取りすぎNGですが、

健康な方に限っては、連日大量に食べ続けない限り、
一日に数個であればコレステロール値を気にする必要はないでしょう。

卵のおすすめの食べ方ってある?

卵の栄養を上手に摂取できる、おすすめの食べ方をご紹介致します♪

【卵は半熟がベスト!】

卵の栄養素の中で最も注目すべきは、
体内で作り出すことのできない《必須アミノ酸》です。

人間の正常な細胞を作り出す上で欠かせない栄養素で、
効果的に摂取するのに最適なのが卵!

が、加熱により、アミノ酸スコアが下がってしまう場合があります。

では生卵が一番?

生卵の場合、栄養素はそのままに摂り入れられますが、

生の卵白に含まれる《アビジン》という成分が美肌や髪の健康を保つために欠かせない《ビオチン》の吸収を妨げるため、生食は肌荒れやニキビ、抜け毛や白髪のリスクも。

加熱すれば栄養の吸収を妨げませんので、結果、黄身は熱を加え過ぎず、白身は加熱した《半熟状態》がおすすめの食べ方と言えそうです♪

半熟はむづかしいなぁ・・・

【足りない栄養素と一緒に】

豊富な栄養素で知られる卵ですが、ビタミンCと食物繊維は含有していません。

ビタミンC、および食物繊維を含んだ食材と一緒に調理する事で、《完全栄養食》に♪

ピーマンやブロッコリー、さやえんどうやカブの葉などと一緒に
半熟オムレツで頂くと良いでしょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《一日に食べられる卵の量》

健康な方であれば、日常的に2~3個食べても問題ないという事がわかりましたね♪

ただし、健康診断などでコレステロール値を指摘されている方は、
摂り過ぎに注意が必要です。

栄養面から、ベストな食べ方は《半熟!》

かた茹での卵は腹持ちが良くダイエットなどにはおすすめですが、
タンパク質が凝固しすぎて消化が悪くなります。

胃腸の弱っているときは避けるようにしましょう!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ