網戸を簡単にきれいに掃除する裏ワザ5選!


暑さがひと段落すれば、秋風が気持ちの良い季節の到来!

窓を開けて、さわやかな秋の風をお部屋に取り込みたくなりますよね。

が!!そんな時に気になるのが《網戸の汚れ》

せっかく窓を開けても、
網戸がホコリで汚れていてはそよ風の気持ちよさも半減です。

という事で今回ご紹介するのは網戸をきれいに掃除する裏ワザ5選!》

網戸を手軽にお掃除出来ちゃうとっておきの裏技をたっぷりとお届け致します♪

ピカピカの網戸で、心地よい風を感じましょう!

スポンサードリンク

網戸をきれいに掃除する裏ワザ5選!!

年末の大掃除をしてから、8ヶ月が経ちました。

網戸も、雨とホコリで、汚れています。

せっかく朝晩涼しくなったのに・・・

と、いうことで、これで網戸はピカピカ!

網戸をきれいに掃除出来ちゃう裏ワザ5選をご紹介致します!

【ストッキング&石鹸水】

まずはホコリを取ることが大事!

ストッキングであら不思議!!溜まったホコリが一掃されますよ♪

~使うもの~

〇ストッキング団子

ストッキング&靴下片足分:ハサミで切った片足部分のストッキングのつま先に丸めた靴下を入れ、つま先からくるくると丸め、最後くるっと裏返して作ります。

〇石鹸水

固形石鹸&ぬるま湯&スプレーボトル:洗面器にぬるま湯を張り、固形石鹸を入れて作った石鹸水をスプレーボトルに入れておきます。

〇新聞紙

〇ガムテープ

〇スポンジ

〇雑巾

~お掃除方法~

①網戸の部屋側へ新聞紙をガムテープで貼り付け、汚れない様周囲を養生します。

②ストッキング団子を上から下へと滑らせ、網戸に溜まったホコリを落としてきます。

③ホコリを払い終えたら、新聞紙を貼ったまま、石鹸水をスプレーします。

④汚れが浮き出てきたら新聞紙を外します。

⑤スポンジと固く絞った雑巾とで網戸を挟んで、スポンジに汚れを押し出すイメージで上から下へとスライドさせます。

   

【掃除機&新聞紙】

面倒くさがりな方もこれなら簡単!

新聞紙パワーで綺麗に吸い取ることが出来ちゃいます♪

~使うもの~

〇新聞紙

〇掃除機

〇ガムテープ

~お掃除方法~

①新聞紙を網戸の外側全面にガムテープで貼り付けます。

②部屋側からゆっくりと、掃除機で吸いましょう。

③外側を綺麗にする場合は、内側に新聞紙を貼り、外側から掃除機で吸います。

   

【重曹&メラニンスポンジ】

お掃除に大活躍の重曹とメラニンスポンジの合わせワザ!

油汚れを優しく落として、消臭効果で臭いもカット!

~使うもの~

〇重曹水(水リットルに大さじ1)

〇バケツ

〇メラニンスポンジ

~お掃除方法~

①お部屋の中や周囲が汚れない様新聞紙などで養生します。

②バケツに重曹水を入れ、メラニンスポンジに含ませます。

③スポンジで上から下へと網戸を優しく拭いていきます。

④表・裏共にきれいになったら、バケツの中身を水にかえ、スポンジに含ませて拭いていきます。

⑤最後に、固く絞った雑巾で網戸全体を拭きましょう。

   

【スポンジ挟み洗い】

頑固な汚れにはコレ!

中性洗剤をつけたスポンジで挟み込んでしっかりと洗う方法です。

~使うもの~

〇スポンジ2個

〇網戸用洗剤(中性洗剤ならなんでもOK)

〇雑巾やマイクロファイバークロスなど

~お掃除方法~

①汚れない様周囲を養生します。

②スポンジに洗剤を付け(スプレータイプは直接網戸に噴霧)スポンジで両方から挟み込むように上から下へと網戸を拭いていきます。

③網戸全体がきれいになったら、水を含ませたスポンジで上から下へと水拭きします。

④最後に固く絞った雑巾かマイクロファイバークロスなどで水気を拭き取りましょう。

   

【専用お掃除グッズを使う】

やはり!市販のお掃除グッズを使用するのもおすすめです♪

使いやすく、気軽に網戸の掃除が可能ですよ♪

水に濡らしてこするだけでビックリするほどきれい!  あみ戸 びっクリーン https://item.rakuten.co.jp/shopworld/10133215/

さっとひと拭きで汚れスッキリ! スクラビングバブル 網戸ワイパーhttps://item.rakuten.co.jp/soukai/4901609002401/

水洗いで繰り返し使える! 網戸掃除 エチケットブラシhttps://item.rakuten.co.jp/shopworld/10126307/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《網戸をきれいに掃除する裏ワザ》おすすめの方法5選をご紹介致しました。

気になる網戸の汚れもコレでピカピカ♪

是非お試してみて下さいね!

網戸のお掃除の際の注意点ですが、
まずはひどいホコリが付いている場合は先に軽く落とすこと。

大量にホコリが付着したまま洗剤などを吹きかけてしまうと、
ダマになって固まり、掃除しにくくなってしまいます。

そしてもう1点は力加減!

力任せに片側から拭いてしまうと、歪みやへこみ、破れの原因となります。

挟み拭きをする際も、
両手ともに同じ圧力で並行に拭いていくのがポイントです!!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ