びわ湖花火大会の穴場スポットと有料観覧席情報!最寄駅やホテル情報も!


各地で続々と梅雨入りし始めましたね!
そうなると夏もすぐ目の前です!

夏になれば楽しみなのが、花火大会ですよね。
7月、特に8月は毎週末のようにあります。

その中でも、滋賀県で開催されるびわ湖花火大会は、
京都や滋賀で大人気の花火大会なんです。

花火と自然のコラボレーションが美しい花火大会ですが、
日程や穴場スポット、有料観覧席などについて知りたいですよね!

今回はそれらと併せて、最寄駅やホテル情報なんかも
ご紹介していこうと思います!

スポンサードリンク


 

びわ湖花火大会2015の日程

今年で32回目となるびわ湖花火大会。
正式名称は「大津びわ湖花火大会」と言います。

打ち上げ数は約10,000発
大自然とのコラボレーションが期待できる
びわ湖花火大会の気になる2015年の日程をご紹介します。

【 2015年 びわ湖花火大会の日程 】

開催日:2015年8月7日(金)
※小雨決行、荒天時8月10日(月)

開催時間:19:30 ~ 20:30

打ち上げ場所:滋賀県大津市 大津港付近

打ち上げ数:約10,000発

出典:https://youtu.be/svOnTL1IZ2s

私の勝手なイメージですが、花火大会やお祭りは
土日に併せてやるもんなのかと思ってましたが、
このびわ湖花火大会はちょっと違います。

今年の場合は金曜日開催なので、
次の日は安定のお休み!心行くまで楽しめそうですね!

ただし荒天時は月曜になってしまうので、
どうにか晴れてくれることを願います・・・。

打ち上げ数については、数字だけを見ると
そんなに多くない印象を受けますが実はこれ、
約1時間の間にあがるんです。

なので、相当見応えのあるものになるんじゃないでしょうか。
今から待ち遠しいですよね!

びわ湖花火大会の穴場スポット

そんなびわ湖花火大会ですが、どこかに穴場スポットは
あるんでしょうか?気になりますよね!

調べたところによると、いくつかあるようです。
以下にまとめてみました!

①比叡山(ドライブウェイ夢見が丘駐車場)

ちょっと意外な気もしますが、ここはゆっくりと
落ち着いて見ることが出来る穴場スポットなんです。

ドライブウェイは有料なんですが、ちゃんと車を停められますし、
喫茶店もあるのでまさに穴場中の穴場です。

花火は見下ろす形になるので首も疲れず、嬉しい限りですね。

②アル・プラザ瀬田店

ありがたいことに花火大会当日は、屋上駐車場を解放してくれます。
露店などもちょっとだけあるようなので、楽しめそうですね!

ただし、ちょっとだけ会場から離れています。
それでも十分見えるので、穴場といって良いスポットですね。

まだまだあるんですが、おすすめはこの2つですかね~。

①はどちらかというと大人向けかもしれません。
②は家族連れで楽しめそうですよね!

びわ湖花火大会の有料観覧席情報

穴場スポットも良いけど、どうせ見に行くなら良い席で!
という人におすすめしたいのが、「有料観覧席」です。

びわ湖花火大会では「有料観覧席」、いわゆる特等席ですね。
これがちゃんと用意されています。

以下にちょっとだけまとめてみました。

【 びわ湖花火大会の有料観覧席 】

席数:約17,000席 ※全席指定席

販売開始日:2015年7月1日(水)~

料金:<前売り>3,900円  <当日>4,400円

購入可能場所:
・滋賀観光物産情報センター
・チケットぴあ
・日本旅行   など

とっても人気があるので、販売開始から完売までは
あまり時間がかからないようですね。

当日券もありますが、すぐなくなること必須です。
売り切れ次第終了なので、悩んでいる人は前売りにしちゃいましょう!

本当にすぐ間近で花火を楽しめるので、
目の前で繰り広げられる美しい花火に視界を奪われること間違いなしです。

ちなみに、有料観覧席とは違いますが有料の特別観覧席
設けている施設もあるのでご紹介しておきますね。

< びわ湖大津館 > 

ホテル敷地内の芝生公園に設けられる約1,500席

ここでは1人3,500円で花火を見ることが出来ます。
さらに値段はちょっと高くなりますが、
お食事コースも申し込むことが出来ます。

  • お弁当コース   9,500円
  • ブッフェコース  12,000円
  • レストランコース 14,000円
  • 花火とお食事の両方を楽しめるのが良いですよね。
    ちょっとした贅沢気分を味わえるので、おすすめです。

    びわ湖花火大会の最寄駅とホテル情報

    そんなびわ湖花火大会ですが、最寄駅はいくつかあります。

  • JR琵琶湖線「大津駅」または「膳所駅」 徒歩 約15分
  • JR湖西線「大津京駅」 徒歩 約10分
  • 京阪電車「浜大津駅」 徒歩 約15分
  • どれも10~15分程度はかかるようなので、
    花火への期待感を膨らませつつ歩いていきましょう!

    「会場に行くのが面倒」「ちょっと贅沢したい!」

    という人におすすめなのがホテル観賞です。
    といっても、ホテルで見える場合もあれば違う場合もあります。
    いくつかピックアップしてみました!

    ①琵琶湖ホテル(滋賀県大津市浜町2-40)

    ここが断トツ人気ですね。
    なんといっても花火会場から一番近く、臨場感たっぷりだからです。

    びっくりなのが実は予約が「4月1日」から開始していることです。
    こちらは

    電話対応しか受け付けていないので、
    気になった人は早めに確認してみましょう!

    ②ホテル ブルーレーク大津(滋賀県大津市浜大津1丁目1-4-12)

    ここは琵琶湖ホテルの次に近いホテルになります。

    琵琶湖からちょっと道路を挟んでいますが、
    十分近い位置なので花火を楽しむのにはもってこいです。

    ③大津プリンスホテル(滋賀県大津市においの浜4丁目7)

    こちらも琵琶湖に近い位置のホテルで、
    琵琶湖ホテルの近くにあります。

    そのため花火会場から近いので人気が高く、おすすめです。

    ホテルの他にも、琵琶湖の湖上でお食事と一緒に花火を楽しめる
    「琵琶湖汽船クルーズ」というのがあります。

    これは値段がちょっと高いですが、
    乗る価値は十分にあると思います!

    < 琵琶湖汽船クルーズ >

  • お食事+クルーズプラン
  • 大人 20,000円
  • 小人 11,500円
  • 幼児 6,000円
  • ホテルで楽しむも良し、豪華にクルーズから見るもよしです。
    色々な楽しみ方があって、迷っちゃいますね!

    まとめ

    いかがでしたか?
    琵琶湖という湖ならではの楽しみ方がありますよね!

    一番の目玉は「水中スターマイン」という花火です。

    これは湖の水面上に扇形に広がる花火のことです。
    その花火が、湖に反射して映る光景がなんとも幻想的です。

    そして何といってもフィナーレがすごい!
    これは言葉では言い表せないですね~。

    楽しみ方も色々で、穴場スポットに行くか、有料観覧席をゲットするか、
    はたまたちょっと豪華にホテルなどで見るか・・・。

    たまにはご褒美として豪華に見るのもいいかも!?

    なにはともあれ、晴れであることを祈りつつ、
    びわ湖花火大会当日を存分に楽しめるよう
    今のうちに情報収集はしっかりしておきましょうね!

    スポンサードリンク

     
      関連コンテンツ  

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ