潮干狩りの時期と持ち物そしてたくさん取るコツ!


行楽シーズンがやってきました。

子どもにせがまれて、行く所が・・・
と考えている人もたくさんいると思います。

近場で、手軽に、格安に行ける潮干狩りはいかがでしょうか?

siohigari

潮干狩りにもベストな時間時期があります。

そこで、持ち物と一緒に紹介します。

スポンサードリンク


 

潮干狩りの時期

潮干狩りは貝拾いのことなので、
一年中出来るかもしれませんが、
ベストシーズンがあります。

気候や海水温から考えると、4月~5月という頃でしょう。

特にゴールデンウィークあたりに人気があります。

それにこの時期は貝(あさり)をばらまいて
くれている潮干狩り場もあります。

潮干狩りをするにあたって、
一番大切なのは、潮の満ち引きです。

海岸の貝を取るので、海水があると
海水が邪魔をしてせっかく探した貝も隠れてしまいます。

そこで、潮の満ち引きが関係してきます。
潮の満ち引きは新聞に干潮・満潮が気象情報のところに、
記載されていることが多いです。

一度自分の取っている新聞で、確認してみて下さい。

潮干狩りをはじめるのは、
干潮の前後2時間ぐらいがベスト!

潮干狩りの持ち物

貝を砂の中から手で取るのは大変ですし
ケガをするかもしれません。

そこで、スコップ熊手があるといいでしょう。

siohigayri

貝を入れる網は潮干狩り場で、
規定のものがあるかのしれませんが、
一応網やザルバケツも用意しおくと便利です。

またクーラーボックス

海水に入れて砂抜きをしながら持ち帰らないと、
せっかく取った貝が、死んでしまったり、
鮮度が落ちたりします。
なので、ふた付きの
クーラーボックスがいいのではないでしょうか。

海水が温かくならないように、
保冷剤ペットボトルに水を入れて凍らしたもの
持っていくと良いでしょう。

紫外線対策に日焼け止め帽子

子どもは、貝拾いに夢中になって、
つい服が濡れてしまいがちです。

そこで、貝拾いは水着でしてはいかがでしょう?

晴れていれば寒くはないとおもいますし、むしろ
濡れるのを気にしなくてもいいです。

そこで、着替えタオルを持って行きましょう。

素足だと貝の破片等で、足の裏を切ったりするので、
履物は脱げにくいものを用意しましょう。

古い運動靴等があればそれで十分です。

たくさん取るコツ

潮干狩り場によっては、
持ち帰れる重さが決まっているところもあります。

また、キロ何円というところも・・・
しかし、せっかくなので、たくさん取りたいですよね。

そこで、コツを少し。

潮干狩りをはじめるのは、
干潮の前後2時間ぐらいがベスト!

アサリは1個居たら、近くに何個か居る場合があるので、
そのあたりを、集中的に探しましょう。

いくら掘っても出てこない場合は、少し離れたところを
探しましょう。

砂浜に、1~2cmの穴が開いていると、
アサリがいる可能性が高いので、
そのあたりも、探してみてはいかがでしょう。

しゃがんで取るので、腰が痛くなります。
体制をかえたり、休憩をしながら楽しみましょう。

まとめ

近場にあり、ドライブ感覚でもいける潮干狩り。
お弁当を待って、家族で、出かけてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ