蚊に刺されやすい人はストレスがない人!?刺されない対策は?


この時期悩まされる《虫刺され》

蚊に刺されてしまうと、痒くて痒くて本当に辛いですよね。

川や山など、夏のレジャーはもちろんのこと、
外にちょっとお買い物に出るだけでいつも刺されてしまう・・・

それにしても、私ばっかり刺されてない?

そんな経験ありませんか?

という事で今回ご紹介するのは刺されやすい人の特徴について!》

ストレスがない人ほど、蚊にさされやすいってホント?!

スポンサードリンク

蚊に刺されやすい人はストレスがない人ってホント?

【ストレスとの関連性】

まことしやかに囁かれている、
ストレスがない人ほど蚊に刺されやすいってホント?

人間がストレスを感じた際に出す物質を、
蚊は嫌う傾向にあるとも言われています。

防衛反応として人が出す物質を蚊が嫌っている可能性もあるのだそう。

が、確固たる科学的根拠はないようです。

また、ストレスにより発汗している場合などは、
逆に刺されやくなる場合も。

蚊に刺されやすい人の8つの特徴

蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいると聞きます。

私って、よく刺されているように思うのですが、
どうなのでしょうか?・・・気になります。

そこで、蚊に刺されやすい人の8つの特徴を大公開!

当てはまる人は、要注意!!

【蚊に刺されやすい人の特徴】

①赤ちゃん:体温が高い人を好む蚊。赤ちゃんや幼児は大人と比べて体温が高いため、刺されやすくなります。

②血液型がO型の人:血液型がO型の人は、ほかの血液型の人と比べて蚊に刺されやすいという研究結果が報告されています。なんでも、O型の人の血の赤血球を覆う物質が、花の蜜に似ている為に寄って来るのだとか。

③妊婦さん:体温が通常よりも高めになる妊婦さん。高体温を好む蚊を引き付けてしまいます。また、妊娠後期はお腹のふくらみで肺が圧迫される事による呼吸数の増加で、蚊が反応する二酸化炭素をより排出してしまう事もその原因の一つに挙げられます。

④汗っかき:二酸化炭素や体温だけではなく、人の汗に含まれるアセトンや乳酸などの揮発性物質などにも反応して吸血ターゲットを決める蚊。汗をかきやすい人、また運動後に汗を大量にかいている際などは、通常よりも刺されやすくなります。

⑤色黒の人・黒い服を着ている人:光を嫌う蚊は、明るい色よりも暗い色を好むと言われています。日に焼けている人、黒い服を着ている人は要注意!

⑥飲酒後:飲酒をすることで皮膚の血管が拡張し、体温があがります。また、発汗作用も加わって、格好の蚊のターゲットに。

⑦体臭が強い人:体臭が強い人も、蚊を引き寄せてしまいます。また、化粧品や香水などに含まれる化学薬品の中に蚊を引き寄せてしまう成分が含まれていることも!

⑧肥満体:体表面積が広いため、その分蚊に刺される確率も上がります。また、汗をかきやすく、呼吸数も上がることも蚊を呼び寄せる原因に。

蚊に刺されないようにする対策は?

皆さんは、蚊に刺されやすい人の8つの特徴にあてはまっていましたか?

あ!!当てはまってる~という人に朗報です。

蚊に刺されないようにするにはどうしたら良いのでしょうか?

【蚊に刺されない対策】

虫よけスプレー

やはり手っ取り早い対策は虫よけスプレー!

小さなお子さんや敏感肌の方でも安心な低刺激タイプのものも
多く販売されています。

また、ご自宅の窓を開けておく際は、
網戸に虫よけスプレーをかけておくのも有効ですよ!

近くの蚊を増やさない

水中に生息し、蚊へと成長するボウフラ。

ご自宅の庭やベランダなどに
溜まったままになっている雨水などが無いか確認しましょう。

汗対策

汗や体温対策も有効です!

汗をかいた後に発生するガスが蚊を引き付けます。

汗拭きシートや制汗剤などを使用して、臭いの発生を防ぎましょう。

黒い服を避け、露出を抑える

暗い色を好む蚊。

蚊の多い場所へ出かける際などは、
なるべく黒い色の洋服は避け、明るい物を着用するようにしましょう。

また、足や腕などの露出も控えたほうが賢明です。

足の臭いに特に敏感なため、夏でも靴下を着用したほうが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《蚊に刺されやすい人の特徴》

アナタはいくつ当てはまっていましたか?

生まれた場所からの行動範囲が狭く、
半径15mくらいしか移動しないと言われる蚊。

ご自宅でよく刺される場合、
ご自宅の近くに蚊が発生する水場があるという事かも!

小さな水たまりでも十分に産卵出来ますので、
水場を作らない事が重要です。

といっても、田舎では田植えがしてあります。

水場を作らない事が重要といっても、難しくもあります。

そこで、
上記の対策を参考に、《蚊に刺されにくい快適な夏》をお過ごしくださいね♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ