犬の熱中症!症状や対策はどうする?散歩で注意するべきことは?


湿度が高く蒸し暑い日、日差しの強い日も増えてきました。

気温が上がると気を付けなければいけないのが、そう《熱中症》です。

“エアコンで温度調節”
“こまめな水分・塩分補給”
“屋外の場合は日陰で休息をとる”

なと、対策を取られている方も多いのではないでしょうか。

残念ながら毎年たくさんの死者を出してしまう《熱中症》

大切な家族、ワンちゃんにも起きてしまうのをご存じですか?

という事で今回ご紹介するのは熱中症!》

症状や対策、お散歩で注意すべき点などなど、わかりやすく解説致します!!

スポンサードリンク

犬も熱中症にかかるの?かかりやすいのはどんな犬?

私たちが暑いということは、毛のたくさんある動物は、暑くないの?
なんて、思ったことありませんか?

そう、前に書いたように、犬も熱中症にかかります。

犬といっても、たくさんの種類があります。

いったい、どんな犬がかかりやすいのでしょうか??

【犬の熱中症 かかりやすい犬】

犬は熱中症にかかります。

とくにかかりやすいと言われているのは以下の通り!

◎短頭種と呼ばれる、口吻(マズル)が短い犬種 ◎

身体の構造上、息の通り道が狭くなっているため、熱放出しづらく、
高体温状態に陥りやすくなってしまいます。

パグ、ペキニーズ、ブルドッグ、シーズー、ボストン・テリア、ボクサーなど

◎北方出身の犬

厚い被毛を持った北方原産種は、生まれつき暑さに弱く、
熱中症にかかりやすい傾向にあります。

シベリアンハスキー、セントバーナードなど

◎子犬や老犬◎

体温調節機能の未熟さ・低下のため、高体温状態になりやすくなってしまいます。

◎肥満犬◎

皮下脂肪のために体内に熱がこもりやすく、また心臓への負担や、
気管の圧迫なども重なり、熱中症が起こる恐れが高まります。

◎疾患を持つ犬◎

呼吸器疾患や心臓疾患などがある犬は、
通常に比べて熱中症にかかりやすいため注意が必要です。

犬の熱中症の症状とは?

犬の熱中症、かかってしまうとどんな症状が出るの?

【犬の熱中症 症状】

肉球の裏に汗腺があるため、人のような大量発汗で体温調節が出来ない犬。

人間よりも高温に弱く、暑さが負担になってしまいます。

犬は、ハァハァと口呼吸(パンティング)をすることで体温調節を行いますが、
暑さにさらされてしまうと、大量によだれを出し、
苦しそうに更に浅く早い呼吸をし始めます。

進行してしまうと、嘔吐や下痢、ふらつき、目の充血などが起こり、
更に重症化が進むと、筋肉の痙攣や失神、意識障害や吐血、血尿などが起こる場合も。

涼しい所で休ませても苦しそうなパンディングが治まらない場合は、
水分を与えて人肌くらいの水で体を濡らし、扇風機やうちわなどで冷やしましょう。

症状の改善がみられない、症状が重い場合は、
体を冷やしながらすぐに動物病院を受診するようにして下さい。

犬の熱中症の対策は?

犬も私たちと同じように、
熱中症に、かからないようにする対策をとってあげましょう。

私たちと同じ対策でいいのでしょうか?

【犬の熱中症 対策】

熱中症の症状が出たら“身体を冷やして水分補給”、
治まらない場合はすぐに病院へ向かいましょう!

そしてそうならないためにも心得ておきたいのが熱中症対策です。

◎家で留守番をさせる場合◎

暑さが室内にこもらないよう、
クーラーを上手に活用して温度・湿度管理を行いましょう。

冷えすぎを防ぐため、気温によってはカーテンを閉めてのドライ運転もおすすめです。

飲み水をたっぷりと準備し、水分補給を十分に行えるようにしましょう!

◎室外飼育の場合◎

日当たりのいい場所で飼育している場合は、
日陰で風通しが良く、涼しい場所へ移動しましょう。

水分補給とともに、一番暑い時間帯はクールマットを使用してあげるなど、
暑さ対策を行いましょう。

◎車で出かける場合◎

クーラーを入れた車内であっても、
後部座席やラゲッジスペースなどに涼気が届いていない場合もあります。

また、直射日光が当たらない様、サンシェードなどの活用もおすすめです。

そしてわずかな時間でも、
エンジンを切った車内に犬を残していくのは絶対にNG!!

あっという間に車内温度が上がり、とっても危険です。

犬の熱中症!散歩で注意するべきことは?

犬は、お散歩が大好き!!

暑くても、お散歩に行きたいと泣かれたことはありませんか?

お散歩で注意すべきことはコレ!

【犬の熱中症 散歩時の注意点】

日中、日が高い時間帯の散歩は控え、早朝か日暮れ以降に行いましょう!

また、照り返しが強く熱がこもるアスファルトをなるべく避け、
草や土の上を歩かせるのがおすすめ!

日中どうしてもお出かけしなければならない時はカートやキャリーバッグなどを活用し、路面の暑さから守ってあげると良いですよ。

保冷効果のあるクールマットなどを敷けば、更に快適な移動が可能です♪

こまめな水分補給もお忘れなく!!

犬の熱中症対策グッズってあるの?

私たちに、熱中症対策グッズがあるように、
犬にも熱中症対策グッズがあります。

そこで、犬の熱中症対策グッズをご紹介致します♪

快適な夏が過ごせるといいですね。

【犬の熱中症 対策グッズ】

◎ファン型扇風機クレートクーリングファン ◎

ゲージ用電池式クーリングファン!取りつけも簡単でとってもお手軽♪

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/ip-plus/0031275045007/

◎クールサマータンク◎

冷感&吸収速乾性で暑い夏のお出かけをクールに快適に♪

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/teddy-kanon/airballon-2015-2/

◎クールジェルマット◎

安心安全の日本製!小型犬にピッタリのサイズです。

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/dog-wear-creative/crwo-9006s/#crwo-9006s

◎犬の無添加・健康飲料 バテない君◎

ローヤルゼリー,ミネラル,ビタミンが入った健康飲料♪熱中症予防に最適です。

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/dogdiner/500005333/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

動物病院を緊急で受診する熱中症の犬のうち、
実に50パーセントは命を落としてしまうと言われています。

万全の対策を行って、防いであげたい愛犬の熱中症。

また万が一かかってしまっても、
初期のうちの症状を見逃さない事が重要です。

そして、日の当たらない日陰の温度が27,8℃の日でも、
日が当たる場所での小型犬の頭の高さ(路面から30㎝)の温度は、なんと40℃近くに!

更に路面温度は45℃以上にもなっています。

人間の体感でそれほど暑くないと思っても犬にとっては限界・・・という場合も。

真夏はもちろん、春・秋ともに、
気温・湿度の高い場合は十分に注意してみてあげて下さいね!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ