赤ちゃんの歯磨きのやり方!いつからすれば?嫌がるときは?


赤ちゃんのお口に、初めての乳歯。

順調に成長してくれている喜びとともに、
新たに芽生える《歯磨き》の心配!

可愛い赤ちゃん、
お口の中も出来る限り清潔に保ってあげたいのが親心ですよね。

赤ちゃん歯磨き、いったいいつから始めたらいい?

月齢別のやり方を知りたい!

という事で今回は《赤ちゃんの歯磨き》についてご紹介致します♪

嫌がる場合の対処法、そしてコツや注意点などもお見逃しなく!!

スポンサードリンク

赤ちゃんの歯磨きはいつからすれば良いの?

赤ちゃんの歯磨きって、大変そうですよね。

と言って、そのままにしておくと、虫歯になって、後が大変です。

では、いったいいつから始めたらいいのでしょうか?

【赤ちゃんの歯磨き 始める時期】

歯磨き準備の開始時期は、ズバリ!
最初の乳歯が生え始める生後6ヵ月~8ヵ月頃が良いでしょう。

ですが、乳歯が生えてくる前からお口に触れられる習慣をつけておくのもおすすめ♪

ほっぺや口の周りにポンポンと軽く手を当てたリ顎を触ったりと、
遊びの延長のような楽しい雰囲気を保ちながら、口周辺に触られる事に慣れさせます。

兄弟がいる場合は目の前で楽しく歯磨きをしているところを見せたリ、
指にガーゼを巻いてお口の中を拭いてあげるのもいいですね。

いよいよ白い歯が生えてきたら、本格的な歯磨き時期のスタートです!!

赤ちゃんの歯磨きの年齢別のやり方

赤ちゃんの歯磨き時期がわかったところで、
磨き方は、月齢によって、少し違うみたいです。

【赤ちゃんの歯磨き方法 月齢別】

《その① 乳歯が生えるまで》 誕生~生後6ヵ月まで

お口に触れられる事に慣れてもらうよう、スキンシップを♪

《その② 生え始め》 生後6ヵ月頃~8ヵ月頃

清潔なガーゼでぬぐってあげましょう。

慣れてきたら、赤ちゃん用の歯ブラシで磨いてあげるとなお良いですよ。

お口の中に歯ブラシを入れる練習の時期です。

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/rakuten24/r000269197112/

《その③ 前歯生えそろい時期》 生後8ヵ月~1歳

上下の前歯が2本ずつ、計4本生えそろい、磨く感覚と動作を習慣にする時期です。

特に虫歯になりやすいのは上の前歯。

1日に1回は赤ちゃん用歯ブラシで、必ず綺麗に磨いてあげましょう。

嫌がる場合はシートなどでも 参考URL:http://item.rakuten.co.jp/rakuten24/e309537h/

外出時でも安心 参考URL:http://item.rakuten.co.jp/soukai/4902508103824/

《その④ 奥歯が生え始める時期》 生後1歳2ヵ月頃~

いよいよ歯ブラシ慣れも完了、この時期からは本格的に歯磨きを開始する時期です。

奥の方の歯は、歯のデコボコに食べカスが詰まりやすくなります。

食後や、特に就寝前は、1本ずつ磨けるようになるのが理想♪

奥歯まできちんと磨けるように習慣づけましょう!!

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/kenkoex/kk001-4902508103909/

赤ちゃんが歯磨きを嫌がるときには?

そろそろ、歯磨きを始めようと思っても、肝心の赤ちゃんが
歯磨きを嫌がることも、たたあるとおもいます。

大人でも、初めてのことは、おっくうになりませんか?

赤ちゃんも、初めてのことは、嫌がるのでしょう。

そんなときにはどうしたらよいのでしょうか?

【赤ちゃんが歯磨きを嫌がる時】

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる理由は
《口の中に歯ブラシが入る感覚が嫌》
《口を開け、拘束されているのが苦痛》
《ママが一生懸命すぎるがゆえ怖い》

まずは赤ちゃんの歯や歯茎に負担をかけにくい、
やわらかい毛あしの歯ブラシを使用しましょう。

嫌がる場合は無理強いをせず、楽しそうな雰囲気で気をそらしながら、
気長に行うのもポイントです。

動画サイトで歯磨きの歌をかけながら、歯磨きの歌をママが歌いながら♪

ぬいぐるみに楽しく歯磨きをしてあげるところを見せたリ、

百円均一などで販売しているシールを活用して
《出来たねシール》などを貼ってあげるのも喜びます。

歯医者さんのように、
手鏡で歯を見せながら磨いてあげるのもおすすめですよ♪

赤ちゃんの歯磨きのコツと注意すべきことは?

赤ちゃんの歯磨き、コツ&注意点をご紹介します♪

【赤ちゃんの歯磨き コツ】

①歯ブラシ選び:毛足のやわらかい赤ちゃん用の歯ブラシを選びましょう。

②歯磨き粉も上手に活用:イチゴ味やブドウ味など、赤ちゃん用のジェルタイプ歯磨き粉も好みに合わせて使用しましょう。

③怒らない・焦らない:ママの笑顔が赤ちゃんの一番の安心材料です。一日に一回だけでもきちんと磨ければそれで良し!楽しい歯磨きタイムを心がけましょう。

④決まった時間に:食後、そして就寝前など、一日の歯磨きサイクルを習慣づけましょう。

⑤ストレスのない姿勢で:ママのお膝に頭を置いて仰向けに・・が一番磨きやすい体勢ではありますが、赤ちゃんが嫌がったり慣れていない間は、横抱きなど、ストレスの少ない姿勢で磨いてあげると良いですよ。

【赤ちゃんの歯磨き 注意点】

①力を入れ過ぎない:赤ちゃんはとってもデリケートです。しっかり磨こうとついつい力を入れ過ぎると、赤ちゃんのストレスの要因に。

②誤飲防止:赤ちゃん用の歯ブラシを、おもちゃ替わりに与える場合は、必ず誤飲防止のリングタイプのものを使用しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

可愛い赤ちゃんの初めての《歯磨き》

乳歯のうちの習慣づけが、その後の歯の健康にも繋がります。

通常の歯ブラシに加え、
シートタイプのものやママの指につけるシリコンタイプの歯ブラシなどもおすすめですよ。

用途に合わせて選んでみて下さい。

ドラッグストアなどにも、アンパンマンの絵柄の歯ブラシが売ってますよね。

種類も年齢別や硬さ別になっているので、
赤ちゃんにあった物を選んであげましょう。

虫歯になったら大変!と一生懸命になってしまうこともあるかとは思いますが、
笑顔で気長に♪

就寝時は唾液の分泌が減り、虫歯になりやすいと言われているため、
就寝前のみしっかりと磨けていれば大丈夫!

毎日決まった時間に歯を磨くという、
習慣づけをしてあげることが何より大切です。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ