高カカオチョコレートの効果・効能!食べるタイミングや1日の摂取目安量は?


本日ご紹介するのは《高カカオチョコレート》

メディアで取り上げられたり、
スーパーのチョコレート売り場でもたくさん販売されていますよね。

高カカオチョコレートって、普通のチョコレートとどう違うの?

身体に良いと聞くけれど、どんな効果や効能があるの??

人気を集める高カカオチョコレート

効果効能はもちろん、
一日の摂取目安量や食べるべきタイミングなど、その実態に迫ります!

スポンサードリンク

高カカオチョコレートとは?

高カカオチョコレートってどんなもの?

【高カカオチョコレート】

高カカオチョコレートとはその名の通り、
カカオの含有量が高いチョコレートのことです。

ミルクチョコレートやブラックチョコレートなど、お馴染みのチョコレートで、
カカオの含有量は約35%~40%程度。

そんな“ごく普通のチョコレート”のカカオ含有量よりも高いもの、

一般的に《カカオが70%以上》含まれているチョコレートを
《高カカオチョコレート》と呼んでいます。

高カカオチョコレートの効果・効能は?

高カカオチョコレートの効果・効能をご紹介致します!

【高カカオチョコレートの効果・効能】

高カカオチョコレートには、実に様々な効果があると言われています。

その嬉しい効能は以下の通りです♪

その①動脈硬化を防ぐ:カカオポリフェノールに多く含まれる《エピカテキン》→高血圧の予防・血管の若返り・動脈硬化予防

その②ガン予防:カカオポリフェノールの《抗酸化作用》→ガンの原因とも言われる活性酸素を分解

その③脳の若返り:高カカオチョコレートを食べると、脳の表面部分“大脳皮質”の量が増加し、学習機能を高める可能性があるとの研究結果を内閣府が発表

その④認知症予防:脳の神経細胞の活動を促進する因子のアップ効果

その⑤美肌効果:抗酸化作用により、紫外線から肌を守る

その⑥便秘解消:カカオに含まれている、消化されにくい《カカオプロテイン》が、食物繊維と同じ働きをするため、腸内環境向上

その⑦アレルギーやリウマチの改善:抗酸化作用で、活性酸素により引き起こされるアレルギーやリウマチも撃退

高カカオチョコレートを食べるタイミングはいつがいい?

高カカオチョコレートって、どんなタイミングで食べるのが良いの?

【高カカオチョコレートを食べるべきタイミング】

高カカオチョコレートを食べるタイミングとして最も良いのは《食事の前》

カカオポリフェノールには、
食後血糖値の上昇を抑え、空腹感を抑制する効能があります。

少量を食事の前に食べると良いでしょう♪

また、動脈硬化予防などに効果がある《エピカテキン》の血中濃度は、
食べた後2時間をピークにどんどん減ってしまいます。

より効果を得たいならば、少しずつチョコチョコ食べるのもおすすめですよ!

高カカオチョコレートの1日の摂取目安量は?

高カカオチョコレート、一日の摂取目安量はこちら!

【高カカオチョコレート 一日の摂取目安量】

健康にも美容にも良い高カカオチョコレート。

ですが、摂り過ぎはNG!です。

利尿・興奮作用のあるテオブロミンやカフェインが多く含まれる他、
カロリーも高く、また、普通のチョコレートよりも脂質量も高め。

以上の事から、
ポリフェノールの摂取量は1日《約1500mg》が理想的だと言われています。

ポリフェノ―ルはチョコレートだけではなく、
コーヒーや緑茶、ワイン、フルーツなどにも含まれているため、
それらの摂取も加味して調節して下さいね。

ポリフェノール含有量

赤ワイン(100mlあたり):230㎎

コーヒー(100mlあたり):200㎎

緑茶(100mlあたり):110㎎

ブルーベリー(100gあたり):250㎎

ぶどう(100gあたり):190㎎

   

明治の「チョコレート効果」なら何粒くらい食べられる?

大人気、明治の《チョコレート効果》ならば、何粒くらい食べられるの??

【明治《チョコレート効果》一日に食べても良い量】

ポリフェノールの摂取量は1日《約1500mg》

★チョコレート効果カカオ72%:1枚で127㎎→12枚で1,524㎎

★チョコレート効果カカオ86%:1枚で147㎎→10枚で1,470㎎

★チョコレート効果カカオ95%:1枚で174㎎→9枚で1,566㎎

★チョコレート効果カカオ72% 素焼きクラッシュアーモンド:1枚で118㎎→13枚で1,534㎎

★チョコレート効果カカオ72% 粗くだきカカオ豆:1枚で118㎎→13枚で1,534㎎

  

上述の通り、他食材や飲み物などにもポリフェノールを多く含む物がありますので、
そちらと合算して《一日あたり1,500㎎》を目安に頂くようにしましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

《高カカオチョコレート》の人気の秘密、ご理解頂けましたか?

気になるそのお味ですが、やはり食べやすいのはカカオ70%程度のもの。

通常のチョコレート程ではないですが、
甘みもあるので、抵抗なく頂けそうです。

80%超えのものは苦みが強く、95%の高カカオチョコレートになると、
苦みのみで甘みは殆ど感じません。

高カカオチョコレートは、持続してこそその効果が得られます。

お好みに合わせて、無理のないようにお試ししてみて下さいね♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ