賞味期限と消費期限の違いと定義!期限切れはいつまで大丈夫なの?


同じ買うなら、出来る限り日持ちするものを購入したい!

食品を購入する際の基準として欠かせないのが、そう《賞味期限》ですよね。

いや、《消費期限》・・・・だっけ??

という事で今回ご紹介するのは、
意外と知らない賞味期限消費期限違いと定義》

期限切れはいつまで食べられる?

期限が記載されていない食品があるってホント??

コレを読めば、アナタも“食品期限マスター♪”

家族のお腹の為にも、その定義、しっかりと頭に入れておきましょう!

スポンサードリンク

賞味期限と消費期限の違いと定義は?

賞味期限と消費期限の違いと定義をご紹介致します!

【賞味期限の定義】

食品衛生法やJAS法で定められている所の、《劣化が比較的遅い食料品を包装状態のまま所定の環境に置いた状態で、安全性や味等全ての品質が維持されると製造者が保証する期限を示す日時》のこと。

要するに、開封していない状態のまま表示通りの保存方法に従って保存した時に《美味しく食べられる期限》という事です。

長期間に渡って衛生的に保存できる加工食品→スナック菓子やレトルト食品、カップ麺や缶詰、ジュース、バター、卵、干物などに使用されます。

表示方法:3ヶ月を超えるものは年月で表示し、3ヶ月以内 のものは年月日で表示。

【消費期限の定義】

《定められた方法で保存した場合において、腐敗などの品質の劣化に伴い安全性を欠く恐れがないと認められる期限を示す年月日》のこと。

表示通りの保存方法で未開封のまま保存した時に《安全に食べられる期限》という事です。

長期保存不可能で比較的傷みやすい食品→お弁当、調理パン、惣菜類、生めんなどに使用されます。

表示方法:年月日で表示。弁当や刺身など、更に痛みやすいものは時刻まで表記される物も。

【賞味期限と消費期限の違い】

その大きな違いは、《保証期限の定義》の違いです。

賞味期限が《美味しく食べられる期限》なのに対し、
消費期限は《安全に食べられる期限》ということ。

即ち、消費期限切れの食品は安全面から《それ以降は食べない方が良い期限》ですが、
賞味期限切れの食品は、美味しく食べられる保証期間は過ぎてしまうものの、
《期限を過ぎてもまだ食べられる》という事なのです。

賞味期限や消費期限切れの食品はいつまで大丈夫なの?

賞味期限・消費期限切れの食品・・・いつまで食べても大丈夫??

【賞味期限切れ】

賞味期限は、《美味しく食べられる保証期間》

ですので、期限が切れたからと言って
すぐに食べられなくなるという訳ではありません。

期限を少し過ぎてしまっていても、色や匂いなどをチェックしてみて
問題が無さそうであれば、まだ食べることが可能です。

大幅に期限を過ぎてしまっている場合や、
色や匂いに異変を感じる場合などは食べずに破棄しましょう。

また、たとえ賞味期限内であっても、
開封してしまった後は早めに食べる事が肝心です!

【消費期限切れ】

前でも述べた通り、傷みやすい食品に義務付けられているのが消費期限です。

常温保存が可能なものであっても
高温多湿や直射日光を当たる場所の保管は避けるなど、記載の保存方法を守りましょう。

また、消費期限内でも可能な限り早めに頂き、
開封した場合には期限に関わらず、早めに食べましょう。

そして特にこれからは食中毒の菌が増殖しやすくなる季節、
消費期限が切れた物は決して食べないようにしましょう!

賞味期限や消費期限が記載されていない食品とその理由は?

賞味期限や消費期限が記載されていない食品て何??

【賞味期限や消費期限の記載が義務付けされていない食品】

その①塩・砂糖:塩も砂糖も腐敗しないため長期保存可能な食品。ゆえに表示義務なし。

その②お酒:ビールや発泡酒以外の高アルコールの酒類は、表示義務なし。
ただし、日本酒、ワイン、果実系リキュールなどは開栓後早めに飲みましょう。

その③アイスクリーム:マイナス18度以下での冷凍保存状態は微生物の繁殖がしにくく、品質劣化が極めて少ないため、表示対象外。

その④ガム:常温にて保管した場合、長期間全く品質に変化がないことから賞味期限の表示義務なし。

その⑤野菜や果物:野菜や果物は生鮮食料品。消費者が目で見て食べられるかを判断するため、賞味期限の記載はありません。ただし、カット野菜やカットフルーツには加工日のみ記載があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

似て非なるもの《賞味期限と消費期限》

混同してしまいがちですが、その定義は全く異なるものだったんですね!

日持ちしないものには消費期限、日持ちする加工品などには賞味期限。

消費期限は期限を厳守、賞味期限は美味しさの期限と覚えましょう♪

早速ご自宅にある食料庫や冷蔵庫を覗いて、
消費期限と賞味期限の記載を確かめてみるのも楽しいかも。

期限を理解して、美味しく安全な食卓を!!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ