母子手帳はいつもらうの?交付場所や申請方法は?


ママと赤ちゃんの大切な記録《母子手帳》

母子手帳を手にした瞬間は、ママにとって特別なものですよね。

母子手帳って、どんな事を書くものなの?

母子手帳っていつもらうの?

という事で今回ご紹介するのは《母子手帳について》

使い方や交付場所、申請方法などなど、分かりやすくご紹介致します♪

スポンサードリンク

母子手帳とは?どのようにして使う?

そもそも母子手帳ってどんなもの?そんな風に使うの??

【母子手帳とは】

母子手帳の正式名称は《母子健康手帳》

妊娠から出産までのママと赤ちゃんの経過や出産後の赤ちゃんの記録、
また、予防接種や健康診断の記録などが主となります。

・妊娠中の経過

・出産の状態と出産後の母体の経過

・妊娠中と産後の体重変化の記録

・妊娠中と産後の歯の状態

・母親学級受講記録

・保護者の記録欄と健康診査等(新生児~6歳まで)

・乳幼児身体発育曲線

・幼児の身長・体重曲線

・予防接種の記録

・今までにかかった主な病気

・歯の健康診査

・保護者の記録欄(7歳以降)

  

主な項目は上記の通りです。

ママと赤ちゃんの大事な記録が残せますね。

その自治体などによっても違いがある様ですが、

以降、妊娠中や産後の食事のバランスガイドや育児のしおり、
乳幼児期の栄養や子育てサポート、
子育て支援の制度など、知っておきたい事柄が盛りだくさん!

ママにとって無くてはならない母子手帳、
受け取ったら記入できる箇所は書き込み、大切に保管しましょう。

母子手帳はいつもらうの?交付場所と申請方法は?

母子手帳はいつもらうもの?交付場所と申請方法とは?

【母子手帳の申請&交付について】

申請はお住まいの市区町村の役所で《妊娠届》に必要事項を記載し、
提出することで交付となります。

平成28年の1月より、母子手帳の交付にはマイナンバーの記入が必要となりました。

他、写真付きの身分証明書や医療機関発行の妊娠届出書が必要な自治体など、
手続きに必要な物は自治体により差があります。

事前に問い合わせるか《自治体名 母子手帳》で検索するなどして、
足りない物が無い様に準備して出かけましょう。

また、その申請時期は、通われている産院から説明がある場合が多いですが、
心拍確認後《妊娠8週~10週》あたりに申請に行かれる方が殆どの様です。

つわりなども始まってくる大事な時期ですので、二度手間にならない様、
申請場所や受付時間、交付方法なども、
事前にお住まいの自治体に確認するのがおすすめです!

体調が極端に悪い場合や都合がつかない時などは、
旦那様や妊婦さんの父母等、代理人の申請も可能

★申請時期→心拍確認後、妊娠8週~10週あたり ※産院から説明がある場合多し

★申請場所→お住まいの各市区町村役所

★申請に必要なもの→自治体により異なる

★代理申請→可能

★交付時期→申請日に即日交付

   

母子手帳を紛失してしまったらどうするの?

母子手帳を紛失してしまった時はどうしたらいい?

【母子手帳に紛失】

大切な母子手帳が見当たらない!

そんな状況に陥ってしまった際でも、再発行が可能ですのでご安心を♪

但し、申請場所は市役所窓口ではなく、
再発行においては《地域の保健センター窓口》で行っている自治体がほとんどの様です。

手続きに必要な物を準備し、早めに再発行してもらいましょう。

が!

もちろん、今までの記録は何も書かれていない、
まっさらな状態の母子手帳の発行となります。

出産時の記録や成長の過程、予防接種の記録くらいは何とか記入し直したい所・・・

産院や小児科にカルテが残っている場合もありますので、
どうしても思い出せない場合などは、問い合わせてみてもよいかも。

ですが、もちろん混雑などの無い時間帯に、
可能であれば・・・と丁寧にお願いするのがマナーです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ママと赤ちゃんとを繋ぐ《母子手帳》

お子さんが小さい時に必要なのはもちろんの事、
将来、ママやパパとなった時に、ご自分の物と照らし合わせて見てみるのもまたきっと、感慨ひとしおです。

小学校や中学校の健康調査書にも、予防接種の時期を記入する項目や、
病気の記録を記入する、項目などがあります。

必要な情報がたくさん詰まっている、母子手帳。

大きくなっても、大切に保管してあげておいて下さいね。

透明なカバーがかけてはありますが、
あちこちで可愛い母子手帳ケースもたくさん販売されています。

汚れや紛失防止にもなり、また、お薬手帳や各種診察券などまとめて入れておけば、
あれこれ迷子になる心配もなし!

更に、可愛いカバーでテンションも愛おしさもアップすること間違いなしです♪

是非活用してみて下さいね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ