仕事中の眠気を覚ます方法!効果的で簡単にできる対策とは?


“春眠暁を覚えず”

眠り心地の良いポカポカと暖かい春、
お昼寝などにも最適の季節ですよね。

が!!

寝てはいられないお仕事中や授業中でも突然襲ってくる強烈な睡魔!!

眠気と戦うのって本当に辛い・・・

一瞬で目が覚めるいい方法ってないの??

という事で今回ご紹介するのは《仕事中の眠気覚ます方法

様々な方法で、スッキリ目を覚ましましょう♪

スポンサードリンク

仕事中の辛い眠気に打ち勝つおすすめの方法はコレ!!

お仕事中の眠気覚ましに効果テキメン!
効果的な方法をご紹介致します♪

【運動編】身体を動かして眠気スッキリ!

◎ストレッチ◎

腕を伸ばしたり肩を回します。屈伸や首、手首、足首を回すのも効果あり。

立ち上がった方がよりスッキリしますが、
立つのが難しい場合は座ったままでもOKです。

◎動く・話す◎

何もしゃべらず座ったまま、動かずにいる事が眠気に拍車をかけます。

飲み物を取りに立ち上がったり、周りにいる人と話をしてみましょう。
脳が覚醒されます。

◎トイレへ行く◎

トイレへ行くのも目覚まし効果あり!
手や首を回すなど軽くストレッチしながら歩くと更に眠気が飛びますよ♪

◎深呼吸◎

大きく深呼吸をすることにより、脳に大量の新鮮な酸素が送り込まれ頭がスッキリ!

これ以上吸えないという所まで息を吸い、
3秒程止めてゆっくりと吐き出すのがポイントです。

◎息を止める→限界ぎりぎりまで我慢◎

息を止め、限界近くまで我慢するという、効果が高いとの口コミ多数の目覚まし方法。

息を止めた事により、
その後深呼吸を何度もする事から効果があるのでは?と言われています。

が!無理は禁物ですよ!!


   

【マッサージ・ツボ編】ツボを刺激して眠気スッキリ♪

◎耳たぶを引っ張る◎

耳たぶには様々な眠気解消のツボがあるため、強く引っ張れば効果抜群!

~やり方~

人差し指と親指で耳たぶを持ち、強めに下に引っ張り10秒キープ。

同じく真ん中あたりを持って外に引っ張り10秒キープ。

耳の上部を持って斜め上に引っ張り10秒キープ。

◎眠気解消のツボを強めに押す◎

★中衝(ちゅうしょう):手の中指の、爪の生え際やや人指し指側(右手の場合は爪の左下、左手の場合は爪の右下)

★合谷(ごうこく):手の甲、人差し指と親指の骨が交差するくぼみのあたり

★百会(ひゃくえ):頭のてっぺん、両耳と鼻の延長線が交わるところ

ツボ押しでスッキリ♪

【冷たい物編】ひんやりパワーで眠気スッキリ!

◎汗ふきシート◎

汗ふき様のシートで首や腕などを拭いてみましょう。

◎冷えピタ◎

冷たいシートを首の後ろに貼るのもいいですよ♪

◎濡れタオル◎

タオルを濡らし、首や手を冷やすのも効果あり!

◎肘から下に冷たい水◎

強い眠気には、肘から下を冷水で流すのがおすすめ。
トイレと絡めて行いましょう♪

◎メントールで眠気スッキリ♪◎

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/hobbytoy/i260010/

【薬編】

◎目薬◎

クールタイプの目薬がおすすめ♪

◎エスタロンモカ錠◎

無水カフェインにビタミンB1を配合、眠気やだるさに効果テキメン!

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/mikke-luxe/10001506/

【グッズ編】

◎鼻スースースティック ヤードム インヘラー◎

メンソールとユーカリパワーで、鼻からスースーするだけで眠気スッキリ♪

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/nagomi-beauty/poy-sian-box6/

◎シーバンド◎

世界50ヵ国で愛用されているというリストバンド。乗り物酔いにも効果あり。

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/travel-passport/con0081/

【食べ物・飲み物編】

◎ガム◎

可能であれば、ガムを噛むのも眠気解消対策効果抜群!

◎ミントや刺激系のタブレット◎

出来るだけ刺激の強いものを常備しましょう。

◎コーヒーお茶など◎

コーヒーやお茶などに含まれるカフェインで眠気を打破!

買いにいったり淹れにいったり、
行動する事と合わせれば、更に効果は倍増です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ひたすら耐えるのは辛すぎる《眠気》

スタイルに合った方法で、是非お試ししてみて下さいね♪

昼食後は特に眠気が気になる・・・という方、
もしかしたら食べ過ぎも原因のひとつかも!

ランチを食べ過ぎると胃に負担がかかるため、
脳が胃へ大量の血液を送り込みます。

結果、脳の循環が悪くなり、眠気を引き起こす要因に。

お昼ごはんは腹八分目を心掛け、
胃に負担がかからないようゆっくりよく噛んで頂く習慣をつけましょう♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ