父の日2017年はいつ?由来や贈る花は何?


前回ご紹介した《母の日》に引き続き、本日ご紹介するのは《父の日特集》

家族のためにいつも頑張ってくれているお父さんに、
心からの“ありがとう”を伝えませんか?

2017年父の日は6月のいつ

父の日ってどのようにして始まったの??

母の日はカーネーション、では父の日に贈る花って??

これを見れば全てまる分かり♪

感謝の気持ち、贈りものと一緒に、
お父さんにお話ししてみてあげて下さいね!

スポンサードリンク

父の日2017年はいつ?

今年、2017年の父の日はいつ??

【父の日 2017年】

父の日は6月の第3日曜日とされています。

ですので、今年2017年は

6月18日(日)

です!!

忘れずにスケジュールに書き込みましょう♪

父の日の由来は?

父の日の由来とは?!

【父の日 由来】

父の日の起源は1900年代前半まで遡ります。

妻に先立たれ、男手ひとつで子供達6人を育てあげたウィリアム・ジャクソン・スマートという男性。

その娘である6人兄弟の中の1人、ジョン・ブルース・ドット婦人が《母の日》の存在を知り、父への感謝の日もあるべきだと、1909年6月19日(日)に制定を提唱。

その後1916年頃にはアメリカ全土へと広まって行き、1972年に正式な祝日となりました。

日本で広まりだしたのは1950年代頃。

一般的な行事として認識されたのは1980年代と言われています。

父の日に贈る花とその理由とは?

父の日にはどんな花を贈るの?その理由もご紹介!

【父の日 贈る花の由来】

母の日に贈るのはカーネーション。

父の日に贈る花もあるのをご存じですか??

ズバリ!それは

《バラ》なんです♪

カーネーションと同じように、存命のお父様には赤いバラを、
亡くなったお父様には白いバラを贈ります。

が!!

日本で父の日に贈るのは《黄色いバラ》</p>

幸福の象徴カラーである黄色を用いて“日本ファーザーズ・デー委員会”が開催している《父の日黄色いリボンキャンペーン》から、お父さん=黄色のイメージカラーが定着。

バラを贈る風習と融合を遂げ、黄色いバラを贈る習慣が出来た、という訳なのです。

父の日には、いっぱいの感謝と黄色いバラを贈りましょう♪

世界の父の日はいつ?

父の日 ザ ワールド!

【世界の父の日】

6月第3日曜日:日本・中国・アメリカ・イギリス・カナダ・フランス・ペルー・コロンビア・トルコ・コスタリカ・インド・シンガポール・メキシコ・オランダ・ギリシャ・アルゼンチン・キューバなど

2月23日:ロシア

3月19日:イタリア・ポルトガル・スペイン

5月8日:韓国

5月第2日曜日:ルーマニア

6月第1日曜日:スイス・リトアニア

6月5日:デンマーク

6月第2日曜日:オーストリア・ベルギー

6月23日:ポーランド

7月第2日曜日:ウルグアイ

7月最終日曜日:ドミニカ共和国

8月8日:台湾

8月第2日曜日:ブラジル・サモア

9月第1日曜日:オーストラリア・ニュージーランド

10月第1日曜日:ルクセンブルク

11月第2日曜日:ノルウェー・フィンランド・アイスランド・スウェーデン

12月5日:タイ

12月26日:ブルガリア

   

一年に渡り、父の日が行われているんですね!!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

雨の日も風の日も、家族の為に働いてくれているお父さん。

母と同じく、父への愛も、もちろん万国共通です。

黄色いバラを・・・とは言われますが、必ずコレを!というルールはありません。

お花に限らず、お酒やネクタイ、ハンカチやお財布など、
好きな物や身につけるものなどを贈るのも素敵ですよね。

ですがやはり一番大切なのは、心からの感謝の気持ち。

大好きなお父さんに、素直にありがとうを伝えましょう!!

父の日のプレゼントの参考に・・・
父の日に財布をプレゼント!50代のお父さんに人気の品はコレ!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ