爪を噛む癖の原因とその心理は何?簡単に直す方法は?


人間誰しも一つや二つは持っている《癖》

知らず知らずのうちに髪をいじっていたり、貧乏ゆすりをしていたり。

分かってはいるものの、なかなかやめられないのが癖ですよね。

本日はその中でも噛むについてご紹介致します。

お子さんの爪噛みが治らない。

大人になっても爪を噛む事をやめられない。

そんな風にお悩みの方、《爪噛み》その原因と心理を紐解いていきましょう。

一番知りたい《爪を噛む癖の治し方》もたっぷりとお届け致します!

スポンサードリンク

大人が爪を噛む癖の原因とその心理は何?

爪を噛む癖・大人編 その原因と心理とは?!

【爪を噛む癖 大人の場合】

大人の爪噛みの主な原因は《欲求不満・苛立ちやストレス・情緒不安定》

自分の思い通りに事が進まなかったり、
自分の気持ちが人に伝わらなかったりした時など、

自分自身の感情を上手にコントロール出来なくなってしまった際に
《爪を噛む行為》がそんな心を和らげる材料になっているのです。

また、大人になるに連れ行動を抑える《自制心》が働く事で
爪を噛む癖が治るケースが多いですが、

何らかの原因による《自制心の欠如》、
また自制心をも上回るストレスや欲求不満などが引き金となる場合もありそうです。

子供が爪を噛む癖の原因とその心理は何?

爪を噛む癖・子供編 その原因と心理とは?!

【爪を噛む癖 子供の場合】

子供の爪噛みの主な原因は《愛情不足・不安や寂しさ・欲求不満・ストレス》

幼児期の場合は、妹や弟が生まれた事などで甘えや愛情の不足を感じたとき、
また知らない環境や慣れていない場所などで不安や怖さを感じた時などに爪を噛み、
不安定な心を緩和させます。

小学生になると、親の過干渉や放任、また躾や勉強など、
必要以上に厳しくされる事へのストレスも原因として加わってくるのが特徴のようです。

爪を噛むリスクは?

爪を噛むことによるリスクは何?

【爪を噛む癖 リスク】

その①爪の変形を招く:爪を噛む事で極端な深爪となります。
それが慢性的に続く事で爪自体の形が変形したり、更に爪を支える《爪床》と呼ばれる皮膚まで短くなり、綺麗な指先とは言えない形となってしまいます。

その②ウィルス感染:絶えず指先に付着している菌が口内に入ってくるため、インフルエンザや胃腸炎など、様々な感染症への感染リスクが上がります。

その③爪周辺の病気:爪の周囲に傷が付いてしまう事で、黄色ブドウ球菌による《化膿性爪囲炎》などを引き起こす可能性が高まります。

爪を噛む癖を簡単に治す方法は?

爪を噛む癖を治したい!その方法とは?

【爪を噛む癖 治す方法】

○大人の場合○

その①爪を噛んでいる事を意識する:先ずは、どんな時に自分が爪を噛むのか“知ること”が何より大切です。
無意識から意識する事への心掛けが必要!爪を噛みそうなタイミングを知る事が出来たら、そのタイミング時には常に意識をして行動し、徐々に回数を減らして行きましょう。

その②マニキュアで指先をキレイに保つ:女性の場合は、ネイルサロンへ行くなど、お金をかけて爪をキレイにすると《もったいない》と意識が働く事で、自制心に繋がります。

その③常に爪は短く:噛む事が不可能な位、短く切っておく事も有効です。

その④ガムを噛む:ストレスや欲求不満時に、ガムを噛む事も効果的。

その⑤マスクをする:可能な限り、マスクを装着するのも効果があります。
無意識に爪を噛む事への意識付けの点からも有効です。

○子供の場合○

その①今まで以上に気にかけてあげる:愛情の不足を感じている場合は、今まで以上にお子さんに愛情表現を。
逆に厳しい躾、過干渉が思い当たる場合は、気持ちを楽に保てるよう配慮してあげて下さい。

その②さりげなく辞めるよう導く:特に幼児のうちは、やめなさい!どうして噛むの?!など、直接的に強く叱るのは逆効果です。
爪を噛んでいたら、声をかけて気をそらしたり、さりげなく手を繋いだりしてあげて下さい。
小学生以上など年齢が上がってきたら、きちんとリスクを話して理解させる事も重要です。

その③爪噛み防止グッズを使用する:販売されている爪噛み防止グッズの使用も有効です。

参考URLhttp://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E7%88%AA%E5%99%9B%E3%81%BF/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

無意識だからこそやめられない《癖》

まずは意識を心掛けることが、治す道への第一歩であると言えそうですね。

また、爪を健康に保つために有効な成分
《たんぱく質・ビタミンA,B2,E・鉄分》などを積極的に摂取する事も大切!

乾燥も良くないので、こまめにハンドクリームを塗り、労わってあげて下さい。

また、どうしても心配な時やなかなか治せない時などは決して1人で悩まず、
心療内科などで医師に相談してみるのもおすすめですよ。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ