日傘のUVカット効果はいつまで持続するの?素材で変わるの?


老化の原因《紫外線》

これからの季節、
お肌の為にも特に必要になってくるのが《UV対策》ですよね。

様々な対策グッズの中でも、まず一番に購入したいのが、そう《日傘》!

UVカットは永久的に持続するの?

素材や色によっても効果が違うってホント??

という事で今回ご紹介するのは日傘UVカット効果について》

UV対策に最もおすすめの傘は・・・こんな傘!!

スポンサードリンク

日傘のUVカットの効果はいつくらいまで持続するの?

日傘のUVカットの効果って、いつまで持続するの??

【日傘のUVカット 効果の持続】

一般的に販売されている《UVカット加工》と記載のある日傘は、
紫外線吸収剤や紫外線反射剤などを用いて加工されています。

ですので、ある意味お肌に日焼け止めを塗るのと同じ。

時間の経過や摩擦などで劣化し、
UV効果があるのは《2年~3年》だと言われています。

但し、遮光率99.99%以上で使うことができる名称《一級遮光》の記載がある商品など、
生地そのものの素材により紫外線をカットするタイプの商品に関しては、
半永久的に効果は持続すると言えそうです。

日傘のUVカットの効果の期間が過ぎたらUVカットはどうなの?

日傘のUVカット効果が切れたらどうなる??

【日傘のUVカット 効果保証期間後のUVカット効果】

日傘に《UVカット加工》と記載のある商品については、
使用頻度にもよりますが、上述通り《2年~3年程》で劣化が見られます。

残念ながら、寿命の切れた日傘にUVカット機能は期待出来ません。

日傘を差しているから紫外線対策はバッチリ!

いえいえ、UV加工の日傘を何年も買い替えず使い続けていると、効果はゼロ!です。

通常の傘でも紫外線を90%はカット出来ると言われますが、
強力な紫外線、たとえわずか0.1%だとしてもその違いは歴然。

どうしてもお気に入りの今の日傘を使いたい!という方には、
スプレータイプのUVカットスプレーを使用する方法もありますが、

強い効果を求められるならば、
新しい日傘に買い替えられる事をおすすめします。

日傘のUVカットの効果は素材によって違うの?

素材によっても効果は違う?

【日傘のUVカット 素材による効果の違い】

傘の基本の素材は《ポリエステル》

生地による効果の違いはありませんが、
そこに施す加工により紫外線カットの効果に違いが出てきます。

生地の段階で、紫外線吸収剤の溶液の中をくぐらせている《紫外線吸収剤加工》

ステンレス分子を生地裏に蒸着させた《スパッタリング加工》

シルバー樹脂を生地に施した《ポリウレタンコーティング》

完全遮光フィルムを熱融着させた《ポリウレタンフィルムラミネート》

  

以上、上から下にくるにつれて、紫外線カット効果、
および効果の耐性は高くなります。

コットンやリネンなどの素材の日傘は、
生地自体のUVカット効果はポリエステル素材より弱いため、
購入する際は必ず《二重張り》タイプを購入するようにしましょう!

日傘のUVカットの効果は色によって違うの?

色はどうなの??

【日傘のUVカット 色による効果の違い】

完全遮光と謳っている商品については、
色の違いによっての効果に差はないようです。

ですが、《UV加工が弱い商品》については、色による効果に若干違いも。

色の性質として、白やシルバーは《光を反射》させ、
黒など濃い色は《光を吸収》します。

おすすめは、光を通さず遮光効果も期待出来る《黒》

特に大切なのは内側の色です。

足下からの照り返しの光を吸収させるため、
黒など濃い色の物を選ぶようにしましょう♪

UVカットにおすすめの日傘はどのような傘?

コレを知りたい!

総合的に最もおすすめの日傘とは?!

【おすすめUVカット日傘】

紫外線カット効果の強さの目安としては、
UVカット加工<遮光率99%<遮光率99.9%<完全遮光(100%)となります。

ですのでおすすめUVカット日傘は《完全遮光タイプ》のもの!

どうしてもお気に入りのものが無い場合は、
99.9%遮光以上の物なら安心と言えるでしょう。

大人気♪100%完全遮光!芦屋ロサブラン HPhttp://www.ashiya-roseblanc.com/fs/roseblanc/0000000256/6f1-16-d

日光アレルギーの方からも支持!サンバリア HPhttp://uv100.jp/

完全遮光傘 楽天参考URLhttp://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E6%97%A5%E5%82%98+%E5%AE%8C%E5%85%A8%E9%81%AE%E5%85%89/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

種類もタイプも様々な《日傘》

いまや百均でも購入可能な日傘ですが、
残念ながら、やはり安価なものは紫外線対策に万全とは言えないかも。

ですがもちろん、何も差さないよりは紫外線を防ぐ事が出来ますよ♪

大切なのは、こまめに使用する事。

せっかく効果の高い日傘を購入しても、
使用頻度が低ければ効果は得られません。

効果の高い傘をお出かけの度に使用して、
女性の大敵《紫外線》から、大切な身体を守りましょう!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ