うろこ雲は地震の前兆?地震雲との違いは?


地震の前兆として現れるのではと、まことしやかに囁かれている《地震雲》

日本の《地震雲》のみならず、地震の前触れとして、
様々な自然現象が世界各地で報告されているようです。

ふと空を見上げれば《うろこ雲

あれ?地震雲ってこんな雲ではなかったかしら?

もしかして地震が起こる前兆なのでは??

という事で今回ご紹介するのは《うろこ雲と地震雲について》

うろこ雲と地震雲の関係性やその違いなどなど、不安な気持ちにお答えします。

そもそも、地震雲ってほんとにあるの??

スポンサードリンク

うろこ雲とは?

うろこ雲ってこんな雲!

【うろこ雲とは】

うろこ雲は、正式名称を《巻積雲(けんせきうん)》と言う雲の一種。

その名の通り、白色で影のない、とても小さな雲片が集まって群れをなしている所が、
魚の鱗のように見える事から《うろこ雲》と呼ばれ、
他にも、《いわし雲》や《さば雲》などと呼ばれる秋を象徴する雲です。

地震に関連性はない?

うろこ雲と地震の関係性とは?

【うろこ雲と地震の関係性】

うろこ雲と地震の関係性はズバリ《なし》と言えるでしょう。

うろこのような無数の塊が出来るのは、層状雲の上辺が放射冷却により一様に冷却されることによる細胞状対流の為であり、その科学的根拠が確立されています。

巻き雲の後にうろこ雲が現れると《お天気が崩れる》前触れとはされていますが、
地震とは全くの無関係であると言えそうですね。

地震雲はあるの?

地震雲ってほんとにある??

【地震雲ってなあに】

一般的に地震雲と呼ばれているのは《地震の前に現れる、奇形の雲》のこと。

○筋状の雲が集まって帯状になっているもの

○飛行機雲のような細い雲が、一直線に伸びているもの

○広い平面の雲が一直線に綺麗に割れ、かつ段々になっているもの

  

地震の前兆として、
このような雲が見られたとの報告が日本各地で寄せられているようです。

確かに少し不気味・・・

うろこ雲と地震雲の違いは?

【うろこ雲と地震雲の違い】

○うろこ雲は空の高い位置に出来るのに対し、地震雲は比較的低い位置に見られる。

○うろこ雲はひとつひとつの雲が小さいため、光を通して明るく影が出来にくい。

○うろこ雲は、大きさに違いはあれど、うろこ状の雲が散在している。地震雲は波状に繋がっている。

  

ちいさな雲が散在していればうろこ雲、
繋がっていれば地震雲と呼ばれる雲であると言えそうです。

地震雲と地震の関係は?

地震雲と地震に関係性はあるの??

【地震雲と地震の関係について】

地震雲と地震の関係性についてですが、今現在、科学的な立証はありません。

地震雲と呼ばれる《波状雲》の成因は、
重力波の一種である大気波だと考えられています。

大気波によって空気が上下に動かされ、水面にできる波紋が大気中に出来るように、
偶然雲となって現れるのが地震雲と呼ばれる《波状雲》

通常の雲と違う見た目の特徴を持ち、また同じ場所に長時間滞留することがあることが
《地震雲》とみなされる要因ともなっているようです。

ですが、地震の前の断層のひずみでエネルギーが大気中に放出されることにより、
地震雲と呼ばれる雲が出来るのでは?との説もあるとのこと。

立証こそされていませんが、
100%ないとは言い切れない《地震雲と地震との因果関係》

普段と違う雲を見つけたら、
万が一の時の為の備えの再確認をしておくのも良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

うろこ雲と地震雲の違い、ご理解頂けましたか?

秋の季語にもなっているうろこ雲。

空に見つけても心配ご無用!綺麗な空を愛でて下さいね。

そして、普段と様子の違う雲が出ていると不安になってしまいますが、
それ程心配はなさそうです。

ですがここは地震大国日本。

雲に頼らず、地震への日頃の備えが何より重要です!

ご家族と、万が一の時の為の対策を日頃から十分に話し合い、
準備しておきましょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ