スギ花粉の時期!2017年はいつからいつまで?飛散量は多いの?


今や5人に1人は疾患していると言われる《花粉症》

目のかゆみやくしゃみ鼻水鼻づまり、
頭もボーっとして集中力も低下・・・

花粉症患者には辛い季節が今年もやってきましたね。

という事で今回ご紹介するのはスギ花粉情報 2017!》

飛び始め~ピーク、そして終息の時期、今年の飛散量予測など、
押さえておきたい情報をたっぷりとお届けします。

お住まいの地域の飛散量を知り、万全の対策でお出かけしましょう!!

スポンサードリンク

スギ花粉の時期!2017年はいつから飛び始めるの?

スギ花粉 2017年はいつから飛び始める??

【スギ花粉 2017年飛び始め時期】

1月後半から2月始めにかけては寒中らしい冷え込みが続きましたが、
2月の頭の立春あたりからやや気温が上がり、暖かい日も続きました。

そのため、北海道を除く全国各地で既に花粉の飛散が始まっています。

飛び始めの時期としては《例年並み》と言えるでしょう。

地域別の飛散のピークはいつ頃?

飛散のピークはいつ頃なの?

【スギ花粉 2017年地域別ピーク時期】

既に全国各地で飛散が始まっているスギ花粉。

地域によっては今まさにピークを迎えている所もあります。

お出かけ対策は万全にどうぞ!

東北:3月中旬~下旬(青森・岩手・秋田の北部は3月下旬~4月上旬)

北陸:3月中旬~下旬

関東北部・甲信越:3月中旬~下旬

関東南部:3月上旬から中旬

東海:3月上旬から中旬

近畿:3月上旬から中旬

中国:3月上旬から中旬

四国:3月上旬から中旬

九州:2月下旬から3月上旬

  

上記の通りとなります。

九州はまさにピーク真っ只中、その他の地域も、
これからまもなくしてピークの時期を迎える場所が多そうです。

スギ花粉はいつ頃まで続くの?終わりはいつ頃?

終わりが待ち遠しい・・・

今年の終息時期を知りたい!

【スギ花粉 2017年終息時期】

東北:4月下旬~5月上旬

北陸:4月中旬

関東北部・甲信越:4月下旬

関東南部:4月下旬

東海:4月中旬

近畿:4月中旬

中国:4月上旬

四国:4月上旬

九州:3月下旬

  

桜が散って少し経った頃に、スギ花粉も終息を迎えそうですね。

しかしそこから今度はヒノキ花粉のピークに!

スギ花粉患者はヒノキも発症しやすいというデータもありますので、
引き続きマスクを着用するなど用心しましょう!

2017年のスギ花粉の飛散量の予測は?

【スギ花粉 2017年飛散量予測】

高温・多照などの花芽が多く形成される気象条件が揃う《九州・四国・近畿・東海地方では例年をやや上回る》飛散予想となっています。

《北陸・中国地方では例年並み》《関東甲信越では例年より少なくなる》見込みです。

東北:例年の70%で少ない

北陸:例年並み

関東北部・甲信越:例年の9~7割程度でやや少ない

関東南部:例年の9~7割程度でやや少ない

東海:例年の1.1倍~1.5倍でやや多い

近畿:例年の1.1倍~1.5倍でやや多い

中国:例年並み

四国:例年の1.1倍~1.5倍でやや多い

九州:例年の1.1倍~1.5倍でやや多い

  

スギ花粉の飛散状況を知るには?

今日はどれくらい飛ぶ予想?

飛散状況を知るにはどうしたらいいの?

【スギ花粉 2017年飛散情報】

今日の花粉の飛散状況を知りたい!

そんな時はパソコンやスマホでチェック!!

環境省花粉観測システム(はなこさん) URL:http://kafun.taiki.go.jp/

日本気象協会 URL:https://tenki.jp/pollen/

ウェザーニュース URL:https://weathernews.jp/pollen/#//c=0

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お住まいの地域のピーク時期を把握し、予防や対策に是非役立てて下さいね♪

花粉症対策としては、規則正しい食生活や十分な睡眠
うがいやこまめな洗顔なども有効です。

特にピークの時期は花粉の付着を防ぐ、ツルツルとした素材の衣服の着用や、
サングラスやメガネや帽子マスクなどの対策グッズのご使用もおすすめ。

症状が酷い時にはお薬と一緒に上手に活用して、
辛い時期を乗り越えて下さいね!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ