逆流性食道炎はストレスが原因?症状と治療法はこれ!


最近なんとなくお腹の調子が悪い。

チリチリとした胸やけを感じる。

その症状、《逆流性食道炎》かもしれません。

お薬のCMなどでもたまに耳にするけれど、それっていったいどんな病気なの??

という事で今回ご紹介するのは逆流性食道炎

その症状や原因、治療法や注意点なども細かくご紹介致します。

一番の原因ははやり・・・ストレス?!

スポンサードリンク

逆流性食道炎はストレスが原因?他の原因は?

逆流性食道炎の原因とは?一番の要因はストレスなの??

【逆流性食道炎の原因】

食べた物を消化するため、胃酸は強い《酸性》

食道は胃酸への抵抗力が弱いので、胃酸が食道に逆流しない様、
食道と胃のつなぎ目の筋肉《下部食道括約筋》が働いて逆流を防いでくれます。

が、様々な原因によって下部食道括約筋がゆるんでしまったり、
また胃酸が増えすぎてしまうと胃酸が食道まで逆流し、逆流性食道炎を引き起こしてしまうのです。

~引き起こす原因~

○食事内容

○肥満

○加齢

○姿勢

○ストレス

詳しくは、下の項目でご紹介致します。


   

逆流性食道炎の症状は?

逆流性食道炎の症状とは?!

【逆流性食道炎の症状】

○胃酸が逆流する事により起こる、胸のあたりがチリチリと焼ける様な不快な胸やけ。

○げっぷが多くなり、同時に酸っぱい液体が口まで上がってくる。

○お腹の張り・胸の痛み。

○喉がイガイガしたり詰まる様な感じ、また喉の痛みや声がれが起こる事も。

逆流性食道炎はどんな人がなりやすいの?

逆流性食道炎、いったいどんな人がなりやすいの??

【逆流性食道炎 こんな人がなりやすい!】

まずは上述の原因にあげられるものに当てはまる方が要注意!です。

○脂っこい食事を好む・食べ過ぎ○

脂肪を多く摂った後に分泌されるホルモンの働き、そして食べ過ぎによって胃が大きく引きのばされる事から、胃酸の逆流を防ぐ役割の《下部食道括約筋》が緩んでしまい、逆流性食道炎を招きます。

また、脂肪の多い食事を摂りすぎる事によって起こる胃酸過多も原因の一つに。

○たんぱく質・刺激物を好む方○

たんぱく質を多く含む食材は消化に時間がかかるため、逆流が起きやすくなります。

刺激物は胃酸増加の要因に。

○肥満の方○

肥満の人は、逆流性食道炎の原因の一つとされる、胃の一部が脱出してしまう《食道裂孔ヘルニア》になりやすいため、注意が必要です。

○ストレスの多い方○

ストレスでの胃酸過多も、逆流性食道炎の原因に。

○加齢○

加齢により胃のぜん動運動が少なくなり、また下部食道括約筋の働きも弱まるため、
胃酸の逆流が起こります。

○姿勢の悪い方○

常に前かがみの姿勢を取っている方は要注意!
お腹が押される事で圧がかかり、胃酸の逆流が起こりやすくなります。

逆流性食道炎の治療法!生活や食事で注意するべきことは?

【逆流性食道炎 注意すべき事】

○食生活の改善○

脂っこい食事は控え、腹八分の食事を心掛けましょう。

○肥満の解消○

適度な運動を心掛け、肥満を解消しましょう。

○姿勢の改善○

猫背や前かがみはいけません。背筋を伸ばした正しい姿勢を心掛けて下さい。

○締め付け禁止○

ベルトや下着で締めつけたり、重い物を持ち上げたりすることも極力控えましょう。

○禁煙○

たばこも逆流性食道炎悪化の原因に。禁煙をおすすめします。

逆流性食道炎は何科にいけばいい?

逆流性食道炎、どの科を受診すればいいの??

【逆流性食道炎で受診する科】

上記のような症状が現れたら、放っておかず、早めに病院を受診しましょう。

内科でも大丈夫ですが、やはりおすすめは《胃腸科》《消化器科》

痛みを伴う場合や症状が重い場合などは胃カメラでの検査も可能ですので、
万が一の時にも安心です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

胸やけくらいどうってことない。

痛みはないから大丈夫でしょ。

そう思って放っておくと、悪化したり、
また食道がんなどの更なる病気の原因となってしまう恐れもあります。

また、胸やけは他の病気でも起こることがありますので、
あなどらず、きちんと医師の診断を仰ぐことが賢明!

早めにお近くの病院を受診しましょう!!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ