公立幼稚園と私立幼稚園の入園費用は?入園手続きや入園料の渡し方も!


立春も過ぎ、季節は入園・入学シーズンへ。

保育園の入園式の服装に引き続き、
今回ご紹介する第2弾は《公立幼稚園と私立幼稚園の入園費用》について!

公立と私立で、入園費用はどれくらい差があるの?

入園に願書は必要?申込みの時期を知りたい!

幼稚園を選ぶ際の重要ポイントの一つでもある《入園費用

こちらを是非ご参考に、じっくりしっかり選びましょう!!

スポンサードリンク

公立幼稚園と私立幼稚園の入園費用の違いは?

公立幼稚園と私立幼稚園、入園費用にはどれくらいの違いがあるの??

【公立幼稚園と私立幼稚園の入園費用】

~入園料について~ 

幼稚園には地方自治体が運営する《公立幼稚園》と、
学校法人が運営する《私立幼稚園》があります。

どちらもまず、入園願書と共に支払うのが一般的な《入園料》

通常、一度支払いを済ませると、
入園前の園変更などがあっても返金されない場合が多いです。

公立幼稚園では、高い所でも1万円程とお安いのが特徴。

私立幼稚園では、都心部の一部幼稚園では30万円超えの幼稚園もあるようですが、
首都圏以外の私立幼稚園では、3万円~10万円程度の入園料の幼稚園が多いようです。

園のホームページやパンフレットなどで、あらかじめ確認してみましょう。

○公立幼稚園:なし~1万円

○私立幼稚園:3万円~40万円 ※お住まいの地域や園により差があります。

  

dentaku

~入園準備費用について~

入園に準備でかかる《入園準備費用》

公立と私立での金額の差は、制服や制帽の有無がポイントのようです。

○公立幼稚園:1~3万円(通園バッグ・体操着・スモック・袋類・鍵盤ハーモニカ・お道具箱など)※制服がある園は費用が変動します。

○私立幼稚園:3~10万円(制服・通園バッグ・体操着・スモック・袋類・鍵盤ハーモニカ・お道具箱など)

    

幼稚園の手続きには願書は必要?申込みはいつから?

幼稚園の入園手続きには願書が必要?申込みはいつからすれば良い??

【幼稚園の入園手続き】

入園手続きには、《願書の提出》《入園料や諸経費》の支払いが必要となります。

願書の提出は、4月入園の場合、前年の9月1日、10月1日、11月1日あたりとなるでしょう。

園や地域により願書の提出日が異なりますので、予めきちんと確認をしておきましょう!

幼稚園入園費用の渡し方は?

幼稚園入園費用の渡し方って??

【入園費用の渡し方】

入園料→合格発表の時や願書受理後に振込で、という園も中にはあるようですが、ほとんどの幼稚園の場合、願書提出の日に一緒に入園料を支払う場合が多いようです。願書提出日には入園料も一緒に準備しておくと安心ですね♪

ennji

他準備費用→制服代や通園バッグ、体操着やスモックなど、幼稚園で使用するものの購入費用は、園指定の販売日に制服などと引き換えで支払う場合が最も多いようですが、中にはそちらも振込、という園も。入園説明会の際に、しっかり確認しておきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

幼稚園によっても異なりますが、1年にかかる費用、
私立幼稚園は公立幼稚園の約2.5倍多くかかると言われています。

費用面のみ見るとメリットばかりに感じる公立幼稚園ですが、

全体的に私立幼稚園よりもお帰りの時間が早かったり、
降園後のお預かりの制度がなかったり、
役員さんの出番が多かったり・・・といった点も聞こえくるようです。

また私立幼稚園の場合、自治体や所得によっても条件や補助金額が異なる場合がありますが、《私立幼稚園就園奨励費補助金》と、《入園料補助金》という制度が存在します。

補助を受ける事が出来れば、ご家庭の負担も大幅に軽減され、有り難い限り!

地域によっては実施していない所もあるので、
お住まいの自治体のホームページなどで確認しておきましょう♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ