RSウィルスに感染した赤ちゃんの症状!病院に連れて行くタイミングは?


空気が乾燥してくる冬期にかけて流行してくる《RSウィルス》

聞き馴染みの少ない方もおられるかと思いますが、
乳幼児を抱えるお母さん達を悩ませる、RSウィルスによる感染症です。

小さな赤ちゃんは特に、
普通の風邪だと思って様子を見ていると重症化してしまう恐れもある怖い感染症。

赤ちゃんの鼻水がなかなか治まらない・・・

胸の辺りからゼェゼェと喘鳴が聞こえる・・・

そんな場合、ただの風邪ではなく、RSウィルス感染症かもしれません。

という事で今回ご紹介するのは《RSウィルス》!!

その気になる症状を始め、病院に連れて行くタイミング、
ウィルスの予防対策に至るまで詳しくご案内いたします。

スポンサードリンク

RSウィルスとは?

RSウィルスとは、どんなものなの?

【RSウィルス感染症】

RSウイルスのRは、“Respiratory”の略で《呼吸の》という意味。

その名の通り《呼吸器系》に感染する、
日本を含め世界中に分布しているRSウィルスによる感染症です。

非常に感染力が強いのが特徴で、生後1歳までに半数以上が、
2歳頃までにほぼ100%の子どもが罹ると言われ、

感染と発症を繰り返しながら徐々に免疫が出来、症状は軽くなっていきます。

RSウイルスに感染している人の咳やくしゃみ、
また会話をした際などに飛散するウィルスを吸い込む事によって感染する《飛沫感染》

ウィルスが付着したドアノブやスイッチ、
おもちゃなどを介しての《接触感染》などが主な感染経路。

潜伏期間は2日~8日

症状が出始めてから多くの場合は1~2週間で治りますが、
特に生後6ヶ月以内の乳児や未熟児、循環器系の疾患のある幼児では重症化しやすいため、十分な注意が必要です。

検査キットによって鼻汁などからウイルスの有無を確認する簡易検査での診断が主で、
1歳までの乳児は保険適用の検査となっています。

RSウィルスに感染した赤ちゃんの症状とは?

neltutyusyounakuakatyan

大人が罹っても軽い風邪症状で済む場合が殆どですが、
初めての感染時が一番症状が重く、また重症化しやすいと言われているRSウィルス。

潜伏期間を経て、
通常の風邪と同じような38~39℃程度の発熱、鼻汁、咳などの症状が数日続きます。

上述通り多くの場合は軽症で済みますが、

1歳未満の乳児の場合は重症化する場合もあり、

初めて感染する乳幼児の約7割程度は軽症で済み、
残りの約3割において、咳の悪化や呼吸困難症状などが出現するようです。

重症する場合の症状としては、咳が酷くなるゼェゼェといった喘鳴が出る
呼吸困難となるなどの症状が出現し、

場合によっては、細気管支炎、肺炎へと進んでしまう事も。

唇が黒っぽくなるチアノーゼが見られたり、
呼吸数が60回近くなったり(通常時40回程度)の症状がみられる場合は、

夜間でもすぐに医療機関を受診しましょう。

病院に連れて行くタイミングはいつ?

2-1

【病院へ連れていくタイミング】

重症化してしまうと怖いRSウィルス。

生後1歳未満の赤ちゃんなどの場合は特に、
発熱や鼻水、咳などの症状があれば通常小児科を受診されると思いますが、

風邪と診断されても

“機嫌が悪い”
“元気がない”
“おっぱいやミルクの飲み方が悪い”
“熱が高い”
“咳が酷くなる”
“息苦しそうに睡眠中に何度も起きる”

 

などの症状があれば、再度小児科を受診しましょう。

酷くなってしまうと入院する場合もあるようです。

重症時以外の基本的な治療は対症療法となりますが、
鼻水を吸って貰うだけでも赤ちゃんがだいぶ楽になりますので、
かかり付けの医師に相談してみて下さいね。

RSウィルスの予防対策は?

tearai

RSウィルスは予防出来る?

【RSウィルス・予防対策】

RSウィルスに有効なワクチンは残念ながらありません。

まず、飛沫感染を防ぐため、これからの流行時は特に、
人混みを避けマスクを着用するなど、
赤ちゃんはもちろん自分自身を含め家族が感染源とならないよう注意しましょう。

また、ウィルスが付着したものを介しての接触感染を避けるため、
ご家族揃っての手洗いの励行

RSウィルスは消毒液に弱いという特徴がありますので、
おもちゃや手すりなどはこまめにアルコールや塩素系の消毒剤等で消毒し、
清潔に保つよう心掛けましょう。

消毒用アルコールなどで直接手指を消毒してあげる事も有効です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

軽症で済む場合が多いですが、初感染月齢が早ければ早いほど、
重症化する恐れも大きくなります。

新生児~6ヶ月未満の場合は、特に注意してあげて下さいね。

また、重篤な合併症として注意すべきものには、
無呼吸発作、急性脳症等があり、

生後1か月未満の乳児がRSウイルスに感染した場合、
非定型的な症状から診断が困難な場合、
また突然死に繋がる無呼吸発作を起こすこともあるそうです。

流行時、お宮参りまでは無駄な外出は極力避け、
風邪症状のある人や兄弟姉妹以外の子供との接触も出来る限り避けるなど、
感染予防を十分に心掛けてあげて下さいね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ