節分のいわしとひいらぎの由来は?玄関に飾るのは何故?


節分シリーズもいよいよ最終章!

《恵方巻き》《手作り鬼の面》《子供に伝えたい節分》《正しい豆まきの作法》と4回に渡りご紹介してきた節分シリーズもいよいよ大トリです。

満を持してご紹介する、最後のお題は節分いわしひいらぎ

いわしとひいらぎってどうして飾るの?

いつからいつまで飾るのが習わし??

その由来や意味はもちろん、作り方や飾り方などなど、
《柊鰯クエスチョン》にしっかりとお応え致します♪

《いわし》そして《ひいらぎ》に託された、その意味とは?!

スポンサードリンク

節分のいわし(鰯)とひいらぎ(柊)の意味と由来は?

いわしとひいらぎを何故飾る?

その意味と由来をご紹介致します♪

【柊鰯(ひいらぎいわし)とは】

柊鰯とは、節分に《魔除け》として使われる、柊の小枝に焼いた鰯の頭を差したものの事。

西日本では《焼嗅(やいかがし)》《やっかがし》などとも呼ばれているそうです。

ともすると残酷にも思える絵面の《柊鰯》のお飾りですが、魔除けや厄除けとして、
既に平安時代から行われてきた風習なのだそうです。

《柊の葉が持つ痛いトゲ》と《生臭い鰯の頭》、実はこれこそ鬼が嫌うもの!

柊のトゲが鬼の目を刺し、また鰯を焼く臭気と煙で鬼が近寄れないという事から、
節分に柊鰯を飾る風習が生まれたのだそう。

鬼を更なる臭いで追い払うため、
地域によってはラッキョウやニンニクを用いる所もあるんだとか。

イワシにラッキョウにニンニクでは、さすがの鬼でも太刀打ち出来そうにないですね。

いわしひいらぎを飾るのはいつからいつまで?

hiiragi

いつからいつまで飾れば良い?

【柊鰯を飾る時期】

いわし&ひいらぎを飾る時期については、かなり地域差があるようです。

この日からこの日まで飾るべし!という確固たる決まりは特にない様なので、
多くの地域でみられるその時期をいくつかご紹介致します。

①節分の日に飾り、翌日の立春に外す。

②節分の日に飾り、2月いっぱい飾る。

③節分の日に飾り、雛祭りまで飾る。

④節分の日に飾り、猫に食べられるなどして無くなるまで飾って置く。

  

以上の通りとなっています。

お住まい地域の飾る時期をどうしても知りたい場合は、
飾ってあるお宅やお年寄りに聞くなどしてみると良いかもしれません。

また、回収した柊鰯は、そのままポイっとゴミ箱に捨てるのは御法度!

神社へ持って行ってお焚きあげをしてもらうか、
もしくは白紙に包み、塩でお清めしてから処分するようにしましょう。

    

いわしひいらぎの作り方は?

iwasi

いわし&ひいらぎの名コンビ!

その作り方をご紹介致します。

【柊鰯の作り方】

作り方はいたってシンプル!

材料されあれば簡単に作れます♪

~材料~

○鰯の頭 ○葉の付いた柊の枝(鰯の頭が刺せるくらいの大きさのもの)

①鰯の頭を焼きます。(焼き鰯の身を食べ、残った頭で可)

②鰯の頭を、柊の枝に刺したら出来上がり!

   

厄除け対策はバッチリです!

いわしひいらぎの飾り方は?

いわし&ひいらぎ、どこにどんな風に飾ったら良いの?

【柊鰯の飾り方】

柊鰯は一般的に、《門口や玄関》に飾ります。

鬼の侵入をまず防ぎたいのは門口や玄関。

そこに飾る事で、鰯柊最大の効力を発揮出来ると言う訳です。

枝に刺した鰯の頭が上になるようにして、玄関先などに飾りましょう♪

まとめ

いかがでしたか?

豆まきとは違い、現在ではあまり見かけなくなってしまった風習ですが、
季節を告げる風物詩としても後世に残したい《柊鰯》

今年は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

全5回に渡ってご紹介して参りました節分シリーズ。

節分や豆まきの意味をお子さんに伝えながら一緒に鬼のお面を作り、
美味しく恵方巻きを頂いた後は楽しい豆まき。

そして玄関先に飾った《いわし&ひいらぎ》を眺めれば、今年の福は我が家のもの!

ご家族揃って、心に残る節分の日となりますように。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ