節分の豆まきの仕方!正しいやり方や時間帯は?


節分シリーズ第4弾!

《恵方巻き》、《手作り鬼のお面》、《子供に伝えたい節分》に続き、
今回ご紹介するのは節分豆まき仕方!》

とりあえず節分には豆をまいているけれど、正しいやり方を知らない・・・

豆まきをする時間て決められてるの?

各ご家庭毎のルールもGOOD!ですが、
せっかくならばその正しい作法も知っておきたい《節分の豆まき》

鬼って、一体どこからやってくる??

スポンサードリンク

節分の豆まきの仕方!準備するものは?

まずは準備から!

節分の豆まきに準備すべきものをご紹介致します♪

【豆まきの準備】

災いをもたらす鬼を追い払って、新しい年の始めに福を呼び込むために行う《豆まき》

まずは福豆ですが、必ず《炒り豆》を準備しましょう。

これは、まず炒っていない生の大豆をまき、
拾い忘れた豆から芽が出ると縁起が悪いこと、

そして、《炒る》が《射る》にも通じるとされ、魔目を豆で射る事で、
魔滅(まめ)つまり邪気を滅するという意味が込められています。

桝などに福豆を入れ、2月3日の夜まで《神棚》なければ《タンスの上》など
目線よりも高い位置に御供えしておきましょう。

これで準備はバッチリです!

豆まきを始める時間帯はいつから?

いつでも良いわけじゃない!

豆まきにおすすめの時間帯は??

【豆まきをする時間】

鬼が住むのは鬼門である丑寅の方角、時刻にあてはめると《深夜2時~4時》

方角で言うと北東にあたるため、真夜中に北東から《鬼》はやってきます。

ですので、豆まきを行うべき時間帯は《夜》

朝のうちや日が高い時間は避け、夕食後などに行うのがおすすめです。

節分の豆まきの正しいやり方!鬼はどこから出ればいい?

oni2

鬼はどこから出ればいいの?

【鬼役の出方】

上述通り、真夜中に北東からやってくる鬼。

鬼門に入口があればそこから上がっても良いですが、
基本的にはどこから登場しても問題はないようです。

豆まきは奥の部屋から行っていくのが作法のため、一番奥の部屋に入り、
追い出されるように玄関に向かって逃げて行くのが良いでしょう。

豆まきには欠かせない大事な鬼役、渾身の演技でやっつけられて下さいね♪

後片付けしやすいように豆まきをするには?

ratukasei

豆まきは楽しいけれど、散らばったお豆を片付けるが面倒・・・

後片付けしやすいように豆をまく方法ってあるの?

【後片付けしやすい豆まきの方法】

まいたはいいけれど、盛り上がり過ぎてその後の部屋の惨状が!

出来れば豆のカスが散らかるのだは避けたいというご家庭におすすめなのが
《殻付き落花生》

地域によっては落花生をまくところも多く、
豆まき=大豆と全国で決まっている訳ではないんです。

北海道や東北地方では、圧倒的に大豆よりも落花生をまくご家庭の方が多いそう。

殻付き落花生ならば見つけやすい拾いやすく、
また床に落ちたものでも衛生的に食べる事が出来ますよね。

また、大豆でも落花生でも、その投げ方も肝心!

上から投げつけるのではなく、下から種をまくような《下手投げ》で行いましょう。

鬼は外!福は内!と家の外に向かって豆を投げるのは本当は間違い。

福までもが、豆に打たれて去ってしまいます。

家の窓や玄関を開け放ち、《鬼は外!》と鬼を追い出したら扉や窓を全て閉め、
今度は《福は内!》と福を家に呼び込むように行いましょう!

まとめ

いかがでしたか?

豆まきの正しい作法、ご理解いただけましたでしょうか。

とは言っても、やはりご家族のイベントとして揃って行う《豆まき》

形式ばらずに、家庭のルールで楽しく行うのもまた良しです。

まいた後は年の数だけ豆を食べると一年健康で過ごせると言われている《福豆》

豆の味がどうも苦手・・・そんなに何個も食べられない!という方には、
《福茶》もおすすめです。

福豆を3粒、塩こぶ少々、種を除いた梅干し1粒を湯のみに入れ、熱湯を注ぎ、
豆がふやけたら飲み頃!

福豆同様、福茶を頂いても一年の無病息災が期待出来ます。

是非お試しあれ!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ