節分の意味や由来を子供向けに簡単に分かりやすく説明するには?


本日ご紹介するのは節分シリーズ第3弾!

恵方巻き・手作り鬼のお面に引き続いてお届けするのは《節分の意味や由来について》

なんとなくは分かっているものの、説明するのは以外に難しい《季節の行事》

ねぇねぇママ、せつぶんってなぁに?

どうして鬼がやってきて、お豆をぶつけてやっつけるの??

お子さんの疑問、真摯に向き合って応えてあげたい所ですよね。

という事で今回は、節分意味や由来・子供向けバージョン》をご紹介!!

コレを見ればバッチリ、小さなお子さんでも理解してくれること間違いなし!です♪

スポンサードリンク

まずは親が節分を理解!節分って何なの?

まずはしっかりと節分を理解する所から♪

《節分》ていったいなぁに?

【節分とは】

節分とは読んで字の如く《季節を分ける》節日の事。

季節の変わり目、すなわち本来は立春・立夏・立秋・立冬の前日を指す言葉である《節分》ですが、特に春の節分が年の始まりとして尊ばれ、
次第に《節分と言ったら春の節分》と定着していったようです。

立春の前日である2月3日に豆をまき、悪疫退散や招福の行事などが行われ、
一年の無病息災を願う《節分》

日本の家庭にも欠かせない、大事な年中行事となっているのです。

子供向けに簡単に!節分って何なの?

難しい言葉じゃ分からない!

小さなお子さん向けの《節分の説明》をご紹介♪

【子供向け・節分】

伝えたいポイント

①四季があり、季節の変わり目がある事。

②春の始まりである立春の前に、一年の願いを込める事。

節分はね、春・夏・秋・冬それぞれが今日から始まるよ!っていう日の、
1日前の日の事なの。

特に春の始まりは1年が始まる大事な時だから、その日の前に、

今年もいっぱい良い事がありますように!
とお願いするのが《節分》のお約束になっているのよ。

嫌な事や悪いモノは追いだして、良い事や楽しい事が毎日たくさんあるように、
みんなで豆まきしてお願いしようね。

   

なぜ鬼が節分にやってくるの?

oni1

どうして節分には鬼がやってくる?!

【節分の鬼】

中国の《陰(おん)》に由来し、古来、姿の見えない災いなどを総合的に指す言葉でした。

隠れている怖いモノとして《隠人(おんにん)》が変化したという説もあり、
いつしか鬼(おに)として定着。

災害や病気、飢饉など、人間の力ではどうにもならないような恐ろしい出来事は、
全て鬼のしわざだと考えられていました。

特に新しい年や季節の変わり目、すなわち《節分》には邪気が入りやすい、
つまり《鬼がやって来やすい》と考えられていたのです。

【お子さんバージョン】

悪い事や嫌な事は、全部鬼のいたずらだと考えられていたの。

いたずら好きな鬼は、特に春や夏、秋や冬の始まりに来ることが多いと、
昔は言われていたのよ。

   

なぜ鬼に豆まきをするの?

mame2

どうして鬼に豆をまく?

【豆をまく理由】

中国の風習が伝わったものと言われている節分の豆まき。

悪魔のような鬼の目《魔目(まめ)》めがけて豆を投げつければ、
魔を滅する《魔滅(まめ)》に通じるという意味があると考えられています。

年頭に様々な邪気を振り払う為、豆まきを行う習慣が始まったんですね。

【お子さんバージョン】

鬼の豆を投げつければ、悪い事や嫌な事が出て行ってしまうの。

お豆パワーで悪い鬼をやっつけようね!

   

どうして節分に豆を食べるの?

節分にお豆を食べる理由をご紹介!

【節分に豆を食べる理由】

豆まきが終わったら《自分の歳の数》だけお豆を食べると、
その年の厄を払い、また一年元気で過ごせると言われています。

【お子さんバージョン】

豆まきで鬼をやっつけたら、自分の年の数だけお豆を食べると(○○ちゃんは6歳だから6つだね)一年元気で楽しく暮らせると言われているのよ。

    

まとめ

いかがでしたでしょうか。

このページをご覧頂いている時点で既に《ママ力高し!》だと思いますが、
お子さんは自分の質問にどう応えてくれるのか、小さくてもしっかりと見ています。

優しく丁寧な説明で、疑問にもその心にも、しっかりと応えてあげて下さいね。

パパはお面で鬼役、ママは写真撮影と由来や意味を教えるという大役で、
連係プレーはバッチリ♪

楽しい豆まきで、鬼が入る隙もないような、笑顔溢れる一年を!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ