鬼のお面を手作りするには?簡単な作り方はコレ!


節分シリーズ第二弾!

前回の《節分・恵方巻き》に続き、本日ご紹介するのは《簡単手作り鬼のお面!!

oninoomen

せっかくならばムードを出してパパが鬼さんに大変身、
豆まきを盛り上げ、ご家族を楽しませてあげたいですよね。

今回は、少ない材料であっという間に出来ちゃう
《簡単バージョン》のみをご紹介♪

ご自宅にあるものや百均などで材料が揃いますので、
いつもお仕事でお忙しパパさんでも手軽にチャレンジ出来ちゃうのが
何より嬉しいポイントです。

お子さんの笑顔弾ける《鬼のお面簡単工作》

ご参考に是非どうぞ!

スポンサードリンク

鬼のお面を簡単に手作りするには?

意外と怖くて赤ちゃん大泣き?!

簡単に出来ちゃう鬼のお面の作り方をご紹介致します♪

  

うちわ DE 鬼のお面

うちわを使って作る鬼のお面♪

持ち手を持って顔に当てれば、誰でも鬼に大変身!

■材料■

・うちわ
・厚紙(10㎝角を2枚・牛乳パックなどでもOK)
・色画用紙(赤・オレンジ・黒)
・白色の布ガムテープ
・黒色の毛糸

  

■使うもの■

・木工用ボンド
・はさみ
・カッター
・両面テープ
・油性マジック

  

■作り方■

①うちわの紙が貼ってある部分に合わせて赤色の画用紙を切り、
両面テープでうちわに貼り付けます。(片面のみでOK)

②うちわの紙が貼っていない部分(口になります)に合わせて黒画用紙を貼ります。

③厚紙を底辺5㎝、高さ7㎝位の《ツノ》の形に切り、
その形に合わせてオレンジ色の画用紙を両面テープで貼り付けます。

④表から見て見栄えの良い場所を決め、うちわの裏側にツノを両面テープで貼り付けます。

⑤白色のガムテープを白目の大きさに切り、目の部分に貼ります。

⑥うちわの骨をよけて目を四角くカッターでくり抜き、そこを中心として周りに黒目をマジックで書き込みます。

⑦髪の毛を付ける部分に木工用ボンドを塗り、黒い毛糸を薄く貼り付けて行きます。

⑧白画用紙を牙の形にカットし、口部分にバランスを見ながら貼り付ければ出来上がり♪

  

mame

  

ティッシュの空き箱で作る鬼のお面

空になったボックスティッシュの箱が鬼のお面に♪

お子さんと一緒に作っても楽しそうです!

■材料■

・ボックスティッシュの空き箱
・折り紙や色画用紙など
・髪の毛用の毛糸
・輪ゴム2つ

  

■使うもの■

・のり
・木工用ボンド
・はさみ
・セロハンテープ
・千枚通し

  

■作り方■

①空き箱の側面を手で開いてから、ボックスティッシュの取り出し口の隣の角を切り、
箱を切り開きます。

②ティッシュの取り出し口が鬼の口になるので、バランスを見ながら耳の部分を少し残して顔の形に切り取ります。

③空き箱全体にのりを塗り、やぶいた折り紙や色画用紙をペタペタと貼っていきます。

④箱からはみ出た所は、全体の形を整えながら切っていきましょう。

⑤丸い白目、ひとまわり小さい黒目、鼻と眉毛を折り紙や色画用紙で作り、のりで貼りつけます。

⑥空き箱のあまりなどを切ってツノを作り、折り紙などを貼って顔に裏から貼り付けます。

⑦髪の毛部分に木工用ボンドを塗り、お好みの毛糸を薄く貼り付けます。

⑧輪ゴム2つを結びます。

⑨画用紙を《細長い長方形2枚分》カットし、それぞれ半分に折り曲げた部分に輪ゴムを挟み、両端をお面本体に貼り付けます。

⑩顔に付けてみて目の位置を確認、顔から外して黒目の部分に千枚通しで穴を開けます。

  

onitomame

  

顔のパーツも全部画用紙!簡単鬼のお面

顔のパーツも全て画用紙で作るので、見栄えがとっても良くなります。

切って貼るだけなのでとっても簡単♪

■材料■

・色画用紙(黒・白・赤・茶色か黄色)
・輪ゴム

  

■使うもの■

・はさみ
・両面テープ
・セロハンテープ
・カッター
・千枚通し

  

■作り方■

①赤色画用紙を顔の形にカットします。

②顔のパーツ、目、鼻、口、ツノ、牙、まゆげをそれぞれ色画用紙をカットして作ります。

③両面テープで、各パーツを顔の赤画用紙に貼り付けていきます。(ツノは、髪にカッターで切り込みをいれて、そこに差し込むようにするとGOOD!裏側もテープで貼ります)

④余った画用紙を長細い長方形に2枚カットして、それぞれ半分に折り曲げ、輪ゴムをひっかけます。

⑤逆側をテープでお面に貼り付けます。

⑥顔に付けてみて目の位置を確認、顔から外して黒目の部分に千枚通しで穴を開けたら出来上がり♪

     

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お手軽簡単に、見栄えのいい鬼のお面が出来上がりますよ♪

泣きだしてしまう小さな赤ちゃん、
少々ビビり気味の幼稚園・保育園児のお子さん。

パパだと分かっていて盛り上がってくれる小学生、
しぶしぶ付き合ってくれる中高生のお兄ちゃんお姉ちゃん。

家族のそれぞれの素敵な瞬間を、
是非ママにカメラにおさめて貰って下さいね。

パパの頑張りのお陰で、節分がいつもよりずっと楽しくなるはず!!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ