正月飾りはいつからいつまで飾るの?関東や関西での違いは?


来年も一年良い年になりますようにと願いを込めて、
玄関先などに飾る《正月飾り》

門松や破魔矢、しめ縄や鏡餅などが一般的ですよね。

家族の幸せの為にも是非とも飾りたい正月飾り、
けれど一体いつから飾ればいいの??

そして迎える新年、取り払うべき日は?いつまで飾るのが常識??

という事で今回は《正月飾りを飾る時期!》と題し、
知って納得“正月飾り事情”についてご紹介致します。

いつからいつまで飾ればよいのか、また、気になる処分方法もご案内!

取り払う日には、関東と関西で違いがあるってホント?!

スポンサードリンク

正月飾りとは?

そもそも正月飾りとは、どんなもの?どんな意味が込められているの??

正月飾りとは、新しい年が良い年でありますようにと願いを込めて、
また、年神様をお迎えする準備として、玄関先などに飾る“お飾り”の事。

その種類も様々、それぞれに意味や思いが込められています。

【門松】

kadomatu

年神様が最初に降りてくる目印になるとされる《門松》は、門前や玄関に飾ります。

【しめ縄】

simenawa

神様を迎えられる清浄な場所ということを示すために飾られるのが《しめ縄》

玄関ドアの正面に付けるのが一般的です。

【破魔矢】

hamaya

魔を破り、災厄を祓う矢《破魔矢》好機を射抜くとも言われています。

神棚など高い所に飾るのが習わしですが、神棚が無い場合などは、
高いタンスの上など、大人の目線より上になる場所に飾る様にしましょう。

【鏡餅】

kagamimoti

年神様へお供えする《鏡餅》

丸い形は“円満”を、
上にもう一つ重ねるのは“重ね重ね”つまり円満に年を重ねる事に由来しています。

本来は床の間に飾りますが、
無い場合は家族が集うリビングなどに飾ると良いでしょう。

正月飾りはいつから飾ればいいの?

お正月のお飾り、いったいいつから飾ればいい??

【正月飾りを飾る時期】

正月飾りを飾る時期は、一般的に《12月13日~30日》までとされています。

但し、その中でも12月29日に飾るのは『苦に通じる』という事から御法度とされ、

また、大晦日である31日に飾ることは『一夜飾り』と言われ、
新年においでいただく年神様に対し礼に欠ける行為とされていますので避けましょう。

更に、旧暦で12月30日は大晦日になるため、なるべくならば、
28日までに飾り終えるようすると良いでしょう!

飾る期間:12月13日~28日まで

正月飾りはいつまで飾るの?

新年、取り払うべき日とは?!

飾ったのはいいけれど、そのまま放置!なんて事の無いように、
片付ける時期も頭に入れておきましょう!

【正月飾りを取り払う時期】

基本的には、神様がいらしているとされる、1月7日の《松の内》まで飾ります。

伝統的には、一年の無病息災を願っていただく“七草粥”を
朝食にいただいた後に外すというのが習わしの様です。

ですがなんと、神様が滞在されていると言われる《松の内》の期間、
関東は7日まで、関西は15日までと地方差が!

もともと全国的に、松の内は15日まで、鏡開きは20日と日にちが決まっていました。

ところが、徳川家光が亡くなったのが4月20日と“20日”は忌日となった事により、
鏡開きを11日に変更、これが地域差を呼ぶきっかけとなったのです。

鏡開きを行った後まで正月飾りを飾っておくのはおかしいという事から、
7日までを《松の内》と更に変更。

そのため、周辺の関東地方では7日、関西ではそのまま15日、
と《松の内》に地域差が出たという訳なのです。

そしてなんと、三重県伊勢志摩地方では、故事に習い、
一年中しめ縄を飾っておく風習があるのだそう!

さすが神の国!!

片付ける時期:関東→7日 関西→15日

正月飾りの処分方法は?

正月飾りの処分方法のご紹介!

【正月飾り・処分方法】

神聖なお正月飾り、役目を終えたからと雑に扱うのは良くありません。

こちらも地域差もあるようですが、一般的には小正月である15日に行われる、
地域や神社などの《どんど焼き》《お焚きあげ》などで焼いて頂くのがベスト!

近くに神社などがなく、どうしても自宅で処分しなければならない場合は、
塩で清めるなど、きちんと《お清め》を行ってから処分するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

年神様をお迎えする準備として欠かせない《正月飾り》

大掃除で自宅を綺麗にして、玄関先や室内に正月飾りを飾れば準備万端!!

ご家族で良い年を、素敵な一年を迎えられそうですね。

スーパーやホームセンターなどでもお手軽に購入する事が出来るのも魅力的。

ご家族でお出かけの際に、あれこれ選んでみるのも楽しそうです♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ