中秋の名月の意味や由来とは?2016年はいつ?


まだまだ暑い日が続きますね。

ですが、気が付けばもう9月!

ひと雨降る毎に、朝晩秋の気配が感じられる日も増えてきました。

秋と言えば何と言っても《お月見》!!

tuki

澄んだ夜空を照らす《中秋の名月》

しばし足をとめて、見入ってしまう美しさですよね。

ところで・・・《中秋の名月》の中秋って?

どうしておだんごを食べる風習があるの??

という訳で今回は《中秋の名月》についてご紹介いたします!!

2016年、今年の“十五夜お月さん”はいつ??

スポンサードリンク

中秋の名月とは?

【中秋の名月】

中秋とは読んで字の如く“秋の真ん中”

旧暦では7月・8月・9月が《秋》とされていました。

秋である7月~9月のちょうど真ん中にあたる日が《中秋》旧暦の8月15日。

この日の月を《中秋の名月》として、
月を愛でる日と決め、古くから観賞されてきました。

8月15日と言うのはあくまで旧暦、現在の太陽暦では毎年日付が変わります。

気になる今年の日付は後の項目で!

中秋の名月の意味と由来

tsukimi_jugoya

どうして“中秋の名月”? その意味・由来とは?!

【中秋の名月の意味・由来】

お月見の由来の一つとして考えられているのは、
旧暦の8月、夏の作物の収穫も無事に終わり、稲刈りまでの閑散期に、
稲の豊作を祈るお祭りを行ったことが始まりとされる説。

また、9世紀頃に観月の風習として中国から伝来したという説も有力です。

古来から、この時期は観月には絶好期とされ、
すすきを飾り、月見団子などを盛って、神酒を備え月を眺めながら酒宴を楽しんだと言われています。

中秋の名月の食べ物がだんごの由来は?

dango

中秋の名月といえばお月見だんご!

その由来とは??

【月見だんごの由来】

十五夜といえば何と言ってもお月見団子!

当たり前のように御供えしてきたこのお団子、
これにも実はちゃんとした意味があるのです。

秋はちょうど、いろいろな作物が収穫を迎える時期。

“芋名月”と呼び、里芋を御供えする地域も。

団子の材料となるお米なども、秋からがまさに収穫のシーズンです!

その満ち欠けにより、古来からカレンダーとして重宝されてきたお月さま。

月に見立てたまんまるのお団子、

種まきや収穫の時期など、農耕にも役立ってくれた月への感謝の意、
そして収穫の祈りとして御供えされた事が、その由来とされています。

作り方&飾り方はこちらを参考にどうぞ♪

中秋の名月2016年はいつ?

2016年の中秋の名月はこの日!!

【2016年・中秋の名月】

2016年、今年の中秋の名月はズバリ!!

9月の15日(木)です!!

忘れずカレンダーにメモしましょう♪

また、翌日16日(金)の月は“十六夜(いざよい)”と呼ばれます。

“いざよう”とは“ためらう”の意で、十五夜の月よりも遅く、
ためらうように出てくる事がその名の由来なんだとか。

素敵ですよね。

そして、十五夜同様、お団子を御供えしてお月見を行う地域が多い《十三夜(じゅうさんや)》

2016年は10月13日(木)となります!!

こちらもチェックをお忘れなく♪

これからの中秋の名月と満月の関係は?

【中秋の名月と満月との関係】

中秋の名月の日が、必ずしも満月になるとは限りません。

中秋の名月とはあくまで暦としての言葉。

旧暦に基づいて日にちが決まってしまいます。

そして満月とは、天文学としての基準で、太陽と月の位置関係だけで決まるものです。

その定義の違い、また、月と地球の公転軌道の関係で、
新月から満月までの月齢は14日間~16日間と、その日数に差がでます。

ですので、中秋の名月と1日・もしくは2日ずれてしまう事も。

ちなみに満月の瞬間は“9月17日午前4時5分。”

中秋の名月、9月15日の月は、“ほとんど満月”だと言えそうですね。

まとめ

いかがでしたか?

《中秋の名月》その由来など、ご理解いただけましたでしょうか。

古来よりたくさんの人たちが様々な思いを馳せた中秋の名月、
お団子を御供えし、ゆっくりと見上げてみましょう。

ススキを飾るのもよく知られていますが、
ススキを“稲穂”に見立てているんだそうですよ。

空気中の湿度が下がり透明度が高くなる秋、澄んだ空に優しく浮かぶ名月。

素敵な秋をお迎え下さいね♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ