胃のポリープの症状!初期や進行時の症状と検査方法は?


キンキンに冷えたビールが何より美味しい季節!

けれど最近、何だか胃の調子が良くない・・・

頑張る世代、また夏場の暑さで、
胃に不調を感じている方も多いのではないでしょうか。

慢性胃炎?それともポリープ??

そもそもポリープが出来ていると、何か自覚症状が出るの??

という事で今回お届けするのは、ポリープについて。

初期・進行時ごとの症状や検査&診断方法など、
気になる所を詳しくご紹介致します!

ポリープが消える事があるってホント??

スポンサードリンク

胃のポリープとはどんな病気?

胃のポリープって、いったいどんな病気?

そのまま放っておいても大丈夫なの??

【胃のポリープ】

胃のポリープとは、簡単に言えば、
胃の内腔に出来た《おでき》のようなものです。

ギリシア語のpolupous(多くの足)を語源とし、
細胞の異常増殖によってできた突起物、つまり良性の隆起性病変を指します。

放っておくと徐々に大きく進行していく場合もありますが、
健康上害になるような急成長をすることは殆どありません。

胃のポリープの初期や進行時の症状は?

i

胃に出来たポリープ、初期・進行時の症状とは??

【胃のポリープ・症状】

胃のポリープは殆どの場合、自覚症状の出ない《無症状》です。

胃もたれや食欲不振などの症状がみられる場合もありますが、
その原因はポリープによるものではなく、
同時に発症してしまっている胃炎によるもの。

ただ、進行してしまうと患部から出血したり、

食べ物の通過を妨げてしまう為に、

吐き気や痛みを伴うことも。

また、出来る場所とタイプによっては、

上腹部痛・胸やけ・しゃっくりなどを自覚するケースもあるようです。

胃のポリープの検査と診断は?

naisikyou

胃のポリープの検査と診断、いったいどのように行うの?

【胃のポリープ・検査と診断】

胃のポリープの検査で用いられるのは、
《X線造影検査》そして《内視鏡検査》です。

一般的には、X線の検査で異常がみられた場合、後日内視鏡を使用して、
更に詳しく検査を行う場合が多いようです。

内視鏡検査では、肉眼的な形態から確認を行うと共に、
良性・悪性の判断をするため、組織の一部を採取して調べる“生検”を行います。

胃のポリープが消えることがあるの?

bitukuri

確かにあったはずの胃のポリープが消える?!

そんなことがあるの??

【ポリープの自然消失】

経過観察のために受けた内視鏡検査で、
あれ?昨年は確かにあったポリープがない??

良性の胃のポリープの自然消失、何としばしばみられる事のようです!

自然に消失する場合の他にも、そのタイプにもよりますが、
《ピロリ菌の除菌》により消退・消失するケースもあるそう。

ピロリ菌が陽性の場合は、まずは除菌される事をおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

胃に出来てしまうポリープ。

自分の胃に“おでき”が出来ていると思うと、
やはりどうしても心配になってしまいます。

けれど良性であれば、過度に怖がる必要はなさそうですね!

出来るならば自然消失を願いたい所ですが、
もちろん、消えずにそのまま、
更に大きく進行していくケースの方が圧倒的に多いのが実情。。

そのポリープの種類や大きさによって、そのまま放置してよいもの、
定期的な経過観察が望ましいものと分かれるようです。

気になるその種類・ポリープが出来てしまう原因については、
また次回、詳しくご紹介致します!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ