とびひはプールでうつる?保育園にはいつから行けるの?


暑くなると聞こえてくる《とびひ》

0歳児~6歳児がとくに罹りやすく、主に夏季に発生。

細菌性で起こってしまう皮膚病のなかで、最も多い病気とされています。

保育園への登園は可能?うつるの?

プールはいつになったら入って大丈夫??

と言う事で今回は《とびひ》についてご紹介いたします。

感染の原因やその症状、早く治す為にはどうすればいいかなどなど、
どうぞ合わせてご覧下さい。

お子さんを、ママを悩ます憎き《とびひ》

早く良くなりますように!

スポンサードリンク

とびひとはどんな症状?

とびひとはどんな症状なの??

【とびひ】

とびひの正式な病名は《伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)》

黄色ブドウ球菌あるいは連鎖レンサ球菌が皮膚に感染する事で発症し、
人にうつる病気です。

皮膚を掻いてしまった手を介して身体のあちこちに広がってしまう様子が、
火事の火の粉がとびひする様子に似ている為に名づけられた《とびひ》

症状としては、皮膚の一部に出来た水庖やただれが、
あっという間にその周辺から身体のあちこちにとびひしていきます。

とびひには、水ぶくれが出来る水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)と、
かさぶたが出来る痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)の2種類があります。

夏場に乳幼児を中心に流行るのは水ぶくれが出来る水疱性膿痂疹の方。

顔や四肢など露出部に出来る事が多く、
口の中など粘膜には出来ない事も特徴のひとつです。

とびひの潜伏期間と感染する原因は何?

とびひの潜伏期間・感染してしまう原因とは?!

【潜伏期間・感染の原因】

とびひの潜伏期間は2日~5日程度

早ければ感染してから2日で症状が出始めてしまいます。

9-1

乳幼児の間で流行する水庖タイプのとびひの場合の感染原因は、
健康な人の皮膚の表面や鼻の中にいる常在菌《黄色ブドウ球菌》

この黄色ブドウ球菌が傷口や虫さされ後のただれなどの場所から皮膚に入り込み、
どんどん増殖する毒素が、とびひの感染原因となります。

鼻の穴を触った指などで、
傷口を触ったり患部を掻いてしまうことも原因のひとつに。

身体に傷などがある場合は良く手を洗うなど、
菌を傷口に近づけない様に心掛けましょう。

とびひになったらいつから保育園に行けるの?

enji

とびひになってしまったら、いつから保育園に登園可能?

【とびひ感染時の園への登園】

インフルエンザなどのように出席停止が義務付けられてはいませんが、
とびひは周りにうつしてしまう病気。

とびひの状態をふまえ、受診先の医師、
また登園中の保育園・幼稚園の先生とも相談するようにしましょう。

登園する場合は、患部をガーゼで覆うなど、
周囲にうつさないよう配慮が必要です。

とびひはプールでうつる?いつからプールに入れる?

kids_pool

【とびひ感染時のプール】

プールはとびひの症状を悪化させるばかりか、
周囲にとびひをうつしてしまう原因に。

とびひが完治するまで、プールに入るのは控えましょう。

患部が乾いてかさぶたになっても、まだ菌が潜んでいる可能性もあります。

かさぶたが取れてからならば安心かと思いますが、
医師の診断を受け、プールの可否の診断を仰ぐのが確実です。

とびひを早く治すには?

とびひを早く治したい!一体どうすれば良い??

【とびひの治療】

まずは酷くならないうちに病院を受診しましょう。

とびひの治療に使うお薬は主に《抗菌剤》

飲み薬塗り薬共に処方され、原因となる細菌をやっつけます。

痒みが強い場合は、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬を併用する場合も。

お家では、原因となる細菌を減らす為、
入浴して皮膚を清潔に保つことが大切です。

患部は強くこすらずに、石鹸を泡立てて優しく洗い、
シャワーでよく洗い流す様にしましょう。

syawa-

また、ツメも短く切って清潔に、
痒くても掻かない様言い聞かせてあげて下さい。

まとめ

いかがでしたか??

ちょっとした傷から細菌が入り込むことによって引き起こされてしまうとびひ。

早めに対処することが重要です。

また、二次感染となり兼ねませんので、
家族間でのタオルの共有は避けて下さいね。

とびひと間違いやすい病気としては《水いぼ》《アトピー性皮膚炎》
《あせも》《水ぼうそう》
などがあります。

いつもと違う肌の状態、痒がる痛がるなどの症状が出たらすぐに、
病院を受診するようにしましょう。

夏はまだまだこれから!

長引かせずに早期にしっかりと治療して、
海にプールに楽しい夏休みをお過ごし下さいね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ