二日酔いの予防法とは?飲んでいる時や飲んだ後にできる対策はコレ!


ビールが美味しい季節になってきましたね。

快晴の暑い日は勿論、雨模様のジメジメの日でも、
汗をかいたあとの冷たいビールは最高!

が!!

そんな楽しい宴席とは裏腹に、苦しめられるのが翌日の《二日酔い》です。

futukayoi

もう二度と飲むもんかと断酒を誓いたくなるほどの、酷い頭痛、辛い吐き気。

予防出来るものなら予防したい・・・

という事で今回は二日酔い予防対策法》についてご紹介いたします!!

飲む前・飲んでいる最中・飲んだ後と、段階ごとに分けてまとめてみました。

次の日にひびかない、“悪酔いしない楽しいお酒の飲み方”
是非チェックしてみて下さいね♪

スポンサードリンク

二日酔いが起こるしくみは何?

そもそもどうして二日酔いになるの??

【二日酔いが起こるしくみ】

アルコールを分解する際にできる有害物質の“アセトアルデヒド”を代謝しきれず、
それが体内に残ってしまうことで二日酔いは起こります。

頭痛めまい吐き気などが代表的な二日酔いの症状。

また、アルコールを代謝するために身体の中の水分が大量に消費、
脳を保護する髄液が減少してしまう“低髄液圧症候群”となり、
結果頭痛を引き起こしてしまう場合もあるのだとか。

お酒を飲む前にできる二日酔いの予防対策は?

出来る限り予防したい!

二日酔いの予防対策《飲む前・編》

水分補給

脱水症状からも起こる二日酔いの頭痛。

お酒には利尿作用があるため、どんなに飲んでも脱水の危険性が。

利尿作用のないお茶か水を事前に飲んでおく事をおすすめします。

たんぱく質を摂取

yo-guruto

空腹の状態でお酒を摂取すると、胃の粘膜のダメージが。

また、胃が空っぽの状態で飲酒すると、アルコールの吸収を高めてしまいます。

多量に食事をする必要はありませんが、
消化に時間がかかる《ヨーグルト》《チーズ》《牛乳》などの“たんぱく質”を、
少しお腹に入れておくようにするといいですよ。

サプリやドリンクを飲む

コンビニやスーパーなどで購入できる、
《ウコン》《タウリン》を含むサプリメントやドリンクなどを摂取するのもおすすめ!

胆汁の分泌が盛んになり、アルコールの代謝機能を高めてくれますよ♪

悪酔い防止のツボを押す

その① ~飲む前に刺激すれば、二日酔いの予防になるツボ~

期門(きもん)・・・右乳頭の真下と肋骨が交わる所を、
両手の親指以外の指を重ねて押さえ、上体を倒して刺激します。
右側のみ行って下さい。

その② ~肝臓の動きを活発化させ、アルコールの分解を促してくれるツボ~

健理三針区(けんりさんしんく)・・・手の平の中央からやや手首よりの所を、
ほんのり赤くなるまで親指で押し込みます。
両手とも行って下さい。

その③ ~二日酔いを和らげてくれるツボ~

太衝(たいしょう)・・・足の甲側、親指と人さし指の間の骨の間のくぼみがある所を、親指・人指し指・中指で優しく持ち上げ下ろします。
両足ともに5回ずつ行って下さい。

特効のツボ!ご参考に♪

お酒を飲んでいるときにできる二日酔いの予防対策は?

二日酔いの予防対策《飲んでいる時・編》

一気に飲まない

bi-ru

アルコールを一気に大量に摂取してしまうと、アルコール分解が追い付かず、
二日酔いの原因に。

ゆっくりとしたペースで、適量を飲むように心掛けましょう。

二日酔いを防ぐおつまみを食べる

アセトアルデヒドの分解促進作用のある“しじみ”“タコ”
アルコールの吸収を遅くしてくれる“くるみ”
アルコールの代謝を促進してくれる“ごま”“玄米”など、
二日酔い予防効果のある食材を使ったおつまみをチョイス!

お酒の合間に水を飲む

お酒の合間にもできればお水を。

知らず知らずのうちに陥っている“カラダの脱水状態”を防いでくれます。

お腹をカイロで温める

お灸の様に、肝臓のあたりを温めてあげる事で、二日酔い予防に効果が!

みぞおちから右わき腹あたりを、カイロで温めてあげるといいですよ。

飲んだ後にできる二日酔いの予防対策は?

二日酔いの予防対策《飲んだ後・編》

吐き気があれば我慢せず吐く

胃に内容物が溜まったままだと、消化しようと体に負担をかけてしまいます。

水分補給

飲む前・飲んでいる時・飲んだ後と常に大切なのが、やはり《水分補給》!

脱水を防ぐ為にも、水分補給は必ず行いましょう。

前述の通り、利尿作用のあるお茶やコーヒーなどはNG!

水やスポーツドリンク、出来れば水分の吸収がよくなる常温~ホットがおすすめです。

睡眠時間はたっぷりと

睡眠はたっぷりと!

しっかりと睡眠をとって、
アルコール分解の時間をたっぷりと与えてあげるようにしましょう♪

飲酒時でも服用可能な胃腸薬を飲む

飲酒時でも服用出来る、胃腸薬を飲んで寝ましょう。

胃がスッキリして、よく眠れる様になりますよ。

胃腸薬のパッケージに記載がない場合は、添付の説明書をご覧になって下さいね。

まとめ

お酒の席。

楽しさや、また雰囲気からついつい飲み過ぎてしまいがちですよね。

アルコールを抜こうと長風呂やサウナに入るのは絶対NG!!

汗からではなく、殆どのアルコールは肝臓で分解されます。

脱水に拍車がかかり、
肝臓でのアルコール分解を阻止してしまう事にもなり兼ねません。

思い込みや噂に惑わされない事も大切!

せっかくの楽しい時間を台無しにしてしまわないよう
《正しい二日酔い予防対策》是非お試しくださいね♪

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ