小学生の夏休みの過ごし方!共働きの家庭の場合のおすすめはこれ!


近づく夏休み!

梅雨が明けると、照りつける太陽と共に、長い夏休みがやってきます。

ひと月以上続く夏休み、思い切り楽しく過ごしたい!

そして、出来る限り充実した時間を過ごさせてあげたいと思うのが親心・・・ですよね。

という事で今回は《楽しい夏休みの過ごし方をご紹介致します。

中でも小学生、またご両親共にお仕事をされているご家庭限定!!

子供ニッコリ、パパママ安心の楽しい夏休み、どうぞ今からご家族で計画を♪

スポンサードリンク

共働きのご家庭におすすめ!小学生の夏休みの過ごし方♪

パパママは大事なお仕事。

長い夏休みをどう過ごす?

共働きのご家庭におすすめの、
小学生の夏休みの過ごし方をご紹介致します♪

【学童保育】

syougakusei

共働きのご家庭のほとんどが利用した事があるのではないでしょうか。

学童保育とは、
日中保護者が不在の児童に対して適切な遊びや生活の場を与える保育事業の事です。

公設・民間とその地域によっても内容に差はありますが、
子供を安心して預ける事が出来る事から見ても、
共働き家庭には必要不可欠と言ってもいい事業となっている学童保育。

自治体が運営する従来からの学童保育では、
ほぼ小学校3年生までが対象の所が多く、また基本的に学習指導などは行わず、
それぞれの意思に任せる《見守りスタイル》

民間が運営する学童保育では、親の就労の有無や年齢などは問わない所が多く、
塾などが行っている場合もあることなどから、
学習時間を設けるなど《積極的に指導を行うスタイル》

公設の場合は受け入れ人数が多く、ケアが行き届かないなどのデメリットが、
また民間の場合は利用料金が高いというデメリットもあります。

お子さんの年齢や予算、目的等に合わせて、
各ご家庭の意向に合った学童保育を利用される事をおすすめします。

家にいるだけでは会えないお友達と夏休みにも会えるスペシャル感!

共に遊んだり勉強したり、お子さんにとっても、
楽しく有意義な時間を過ごす事が出来そうですね♪

【祖父母・親戚と一緒】

夏休みにはおじいちゃんおばあちゃんの所へお泊りに行く!

外で遊んだりお手伝いをしたり、
家とはまた違った時間をゆったりと過ごせそうです。

また、少し大きい《いとこ》のお兄ちゃんやお姉ちゃんを自宅に呼んで、
一緒に過ごして貰うのもおすすめ♪

夏休みの宿題を見てもらったり、お家のお手伝いも、
いとこの前だと張り切ってやってくれるかも!

【自然学校留学】

kyanpu

自然体験ツアーや自然学校留学など、
普段なかなか味わえない体験をさせてあげるのもいいですよ♪

親が居ない所での生活、自然と触れ合い仲間と協力し合う事で、
バーチャル寄りな昨今の生活環境から解き放ち、
生きる力を育成するための素晴らしい経験となります。

期間も数日から長期に渡ってと様々。

忘れられない、夏の体験となりますよ。

湘南自然学校参考URLhttp://www.shonan-ns.com/tour/category/season/summer/

トムソーヤクラブ参考URLhttp://www.tomsawyer-club.jp/tour/index.php?season=2

【地域のスポーツ・施設等】

soccer_dribble2

せっかくの夏休み、涼しい部屋でじっとしてるなんて勿体ない!

そんな元気いっぱいのお子さんには、地域のスポーツ少年団やプール、
児童館などの施設の利用もおすすめです。

ただ、行き帰りなど心配なく送り出せる事が前提ですので、
学童保育以降、4年生以上限定となりそう。

ルールや約束事を決めて、自分自身の安全は勿論、
周りに迷惑がかからないようお話する事が大切です。

【学習塾】

job_juku_koushi

午前中涼しいうちに塾で勉強、午後からプールや児童館へ!

夏休み限定の夏季講習を利用されるのもいいですね。

【ファミサポ利用】

地域の《子育てと仕事の両立》を応援してくれる、
市区町村運営の《ファミリーサポートセンター》

依頼会員として登録すると、子供を預かってくれる援助会員を探してくれる、
子育ての手助けを受けたい人と行いたい人を結びつける会員組織なのです。

夏休みの預かりから、学童への送り迎えなど、親に変わって行ってくれます。

各市区町村ごとの申し込みとなりますので、
夏休みのご利用の場合はお早めにお問い合わせを!

ファミリーサポートセンター参考URLhttp://www.jaaww.or.jp/service/family_support/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

どれかひとつに集中!ではなく、
利用できそうな所を計画的に織り交ぜてあげるのが一番♪かもしれませんね。

低学年のお子さんならば、基本的には学童利用、
お盆休みはご家族で過ごせる事を考えると、
8月の頭か下旬に祖父母の家にお泊りや自然学校へ。

高学年のお子さんならば、学習塾や地域の施設などをうまく利用して、
同じくスパンを開けて祖父母の家や山村留学などへ。

その過ごし方にあれこれと頭を悩ます夏休みですが、
子供だけでお留守番をさせている家庭が多いのも実状です。

子供だけでいる所を狙った犯罪なども起きている様ですので、
施錠の徹底やルールを決めるなど、

お子さんのみのお留守番時はくれぐれもご注意を。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ