湘南ひらつか七夕まつり2015の開催日時はいつ?駐車場やアクセスも!


もうすぐで5月も終わりですね、早いものです。

あれよあれよと梅雨入りし、
いつの間にか7月になっていた!なんてことも。

hirakatatanabatatannzaku

7月といえば、七夕がありますよね。

各所で七夕まつりが開催されますが、
関東で有名な「湘南ひらつか七夕まつり」を知っていますか?

結構有名なお祭りですが、今回は知らない人のために
湘南ひらつか七夕まつり開催日程と駐車場やアクセスについてご紹介していきます!

スポンサードリンク


 

湘南ひらつか七夕まつりとは?

まずは、「湘南ひらつか七夕まつり」についてです。
関東では結構有名なお祭りのようで、

関東の3大七夕まつりの1つ

と言われています。

この「湘南ひらつか七夕まつり」は、
戦後の商業復興策として開催が始まったようですが、
「七夕飾りは日本一!」と呼ばれるほどのようです。

hirakatatanabatatanabatakazari

開催期間はなんと、平塚市全域が会場になるため、
街全体が賑やかなお祭りムードに大変身!

もちろん、多くの人で賑わい、
毎年期間中は約170万人もの来場者が来るそうです。

見どころは何と言っても、約3,000本の七夕飾りをはじめ、
大型の竹飾り豪華な七夕飾り超大型の10m七夕飾りなどです。

ちょっと変わったところでキャラもの七夕飾りや、
流行りの芸能人やスポーツ選手などの要素が含まれた七夕飾り
もあるので老若男女問わず楽しめます。

あとは屋台の数が多いことでも有名なんです。
なんと約400店!露店や屋台が通りを埋め尽くします。

日本全国、いや、世界各国のグルメが一堂に集まるので、
七夕飾りを見るだけでなくお腹も満たせるので
大満足すること間違いなしです!

そんな「湘南ひらつか七夕まつり」ですが、
2015年の日程、気になりますよね?
既に公開されているので次でご紹介します!

湘南ひらつか七夕まつり2015の開催日時は?

早速、日程の詳細をご紹介しますね!

【 第65回 湘南ひらつか七夕まつり 】

日時:2015年7月3日(金)~7月5日(日) ※雨天決行
   21:00終了(最終日は20:00まで)

会場:JR平塚駅北口商店街を中心とする平塚市全域
   (中心は、平塚市紅谷町)

実は7月7日の七夕までは開催されていないんですよね。

2009年から最終日を日曜日にするために調整され、
2011年から東日本大震災の影響等によって
日程が3日間に縮小されたためです。

ちょっと残念な気もしますが、
ギュギュッと濃縮された時間を楽しめるということで
貴重な3日間を楽しみましょう!

湘南ひらつか七夕まつりの駐車場は?

さて、ここで気になってくるのが「駐車場」です。

平塚市内全域が会場ですし、大混雑が予想されるので、
駐車場の確保がちょっと大変かも?
以下に駐車場情報をご紹介しますので、参考にどうぞ!

<無料駐車場>

「相模川河川敷 臨時駐車場」
期間中に限り、「相模河川敷(平塚競輪場東側)」が使えます。

ここでは一般車両が1,500台駐車可能になります。
期間中は無料で、さらには平塚駅南口までのシャトルバスもあり、
便利な駐車場となっています。

※シャトルバス利用料:片道 大人100円、小人 50円

<有料駐車場>

「崇善小学校 臨時駐車場」
2014年から利用可能になった臨時駐車場です。

利用料金はかかりますが、会場近くなのでとっても便利です。

※利用料金:1回1,000円

シャトルバスを使う無料駐車場か、会場に近い有料駐車場に停めるか、
結構悩みポイントかもしれませんね。

湘南ひらつか七夕まつりへのアクセスは?

車以外に行き方はないの?ということで、
「湘南ひらつか七夕まつり」へのアクセス方法をご紹介!

【 電車 】

・JR平塚駅北口から徒歩2分

【 バス 】

・小田急線本厚木駅から神奈中バスで約40分

実は何気に駅から近いので、電車で行くのもおすすめです。
運転手役の人も気にせずにお酒が飲めますからね!


出典:https://youtu.be/nyHlQu9Lhks

まとめ

いかがでしたか?
ギュギュッと濃縮された楽しい時間を楽しめそうですね!

ただしご注意ください!
治安上の問題であまり夜遅くまでいることはおすすめ出来ません。
平塚市はヤンキーが多いことで有名だからです。

楽しい気分を壊さない為にも、
安全に考慮して早めに切り上げるようにした方が良いです。

とまぁこわいことを言いましたが、
屋台などは10:00からやっているところも多いようなので、
逆に遅くまで長くいるっていうことはあまりないかな?

夜のライトアップが綺麗なので、ちょっと見てから帰る
っていうプランをおすすめしたいですね。

七夕まつりを楽しむために、色々と工夫していきましょう!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ