夏休みの簡単工作!小学生低学年の宿題用アイデア7選


お子さんの夏休みの宿題で頭を悩ますのが《工作》!

小さな子供にも製作可能な、比較的簡単で良さそうな物はないかしら・・・

大満足の作品を作れるも作れないも、まず重要なのは《アイデア》です。

と言う事で今回は夏休みの宿題用工作アイデア7選》をご紹介!

小学校低学年向け”のもの、お手軽に製作可能な素敵な作品を厳選しました♪

親子で楽しい工作タイム、レッツトライ!!

スポンサードリンク

小学校低学年用の夏休み簡単工作のアイデア7選をご紹介♪

ではでは早速見てみましょう!

楽しい作品がいっぱいですよ♪

【ビー玉おもちゃ】

bi-dama

参考URLhttp://toy7.net/summer/low/bidama-omocha.html

~使うもの~

●空き箱 ●段ボール ●画用紙 ●ビー玉
●はさみ ●カッター ●ボンド ●のり

①段ボールを10円玉くらいの大きさに2,3枚切り、ボンドで重ねるように留めます。

②赤と青の画用紙を三角形に切り、箱の底面にのりで貼りつけます。

③①で作った段ボールを、底面の中央にボンドで貼り付けます。

④段ボールを細長く切り、箱の対角線にボンドで貼り付け仕切りを作ります。

難易度は★

遊び方・ルール

バラバラに配置したビー玉を、赤と青の領域に移動させます。

赤色のビー玉を赤色の領域に、青色のビー玉を青色の領域に全て移動させればゴールです。

【ペットボトルけん玉】

kendama

参考URLhttp://kids.nifty.com/kenkyu/craft/kendama/

~使うもの~

●ペットボトル2本 ●カッター ●ビニールテープ ●はさみ 
●ガチャガチャのカプセル ●たこ糸

①ペットボトルの上から数センチを切って、切り口を真っ直ぐにします。

②切り口にビニールテープを貼ります。

③2本のペットボトルのキャップをビニールテープで留めます。

④カプセルに糸を通し、
糸が抜けないよう内側に大きな玉結びを作ってカプセルを閉じます。

⑤反対側の糸はじをペットボトルに結びます。

難易度★

ペットボトルをデコれば更に可愛いく出来上がりますよ♪

【ペットボトルでレーシング】

re-singuka-

>参考URLhttp://www.yumegazai.com/owners/yumegazai/event/craft/recycle-a.aspx

~使うもの~

●ペットボトル小1本 ●ペットボトルフタ6個 ●竹ぐし ●アルミの針金 ●輪ゴム
●カッター ●テープ ●定規 ●千枚通し ●ペンチ

①ペットボトルのフタの真ん中に千枚通しで穴を開けます。
後ろのタイヤは2つ合わせてビニールを巻き、穴を小さめに開ける。

②ペットボトルの底に竹ぐしをあてて、穴を開ける場所に印を付けます。
※穴の場所は出来るだけ下の方にしましょう。

③後ろのタイヤの場所が決まったら、定規をあて、
同じ高さになるように前のタイヤの場所に印を付けます。

④印を付けた場所に千枚通しで穴を開け、下になる部分を四角く切り抜きます。

⑤輪ゴムを2本結び、後ろの竹串に輪ゴムを巻き、ボンドで付けます。
付ける場所は、真ん中より左右どちらかに寄せましょう。

⑥ペットボトルに竹串を通して左右にタイヤを付け、はみ出した竹串は切ります。
※タイヤに穴を開ける時は少し小さめに。キャップに竹串が入れにくい時は、
先を少し削ってとがらせると竹串がぐらつきません。

⑦本体のフタに2つ穴を開け、針金を通し、
ペンチで針金をねじ曲げてフック型にします。

⑧竹ぐしに取り付けた輪ゴムを針金に引っ掛け、抜けないように針金をとじます。

⑨④で切り取ったペットボトルの部分は半分に切り、
穴を開けてウイングにしましょう。

⑩後輪のタイヤを回し、輪ゴムをきれいに巻き付け、手を離すと走り出しますよ♪

難易度★★

こちらもビニールテープなどで格好良く飾り付けてあげましょう!

ツルツルした場所では、タイヤに輪ゴムを巻き付けてあげるとよく走る様です。

【手作りプラネタリウム】

puranetaru-mu

参考URLhttp://yuge.moo.jp/kousaku/planetarium

~使うもの~

●小さめのカップ麺容器2つ ●アルミホイル ●ビニールテープ ●アクリル絵の具 ●ボンドかのり ●千枚通し

①カップ麺の容器1つにだけ、光源となる懐中電灯のサイズで底に穴をあけます。

②カップ麺の容器の外側と内側に、黒色アクリル絵の具を重ね塗りします。 
塗る→乾燥→塗る→乾燥→塗る→乾燥で、最終的には真っ黒!で完成です。

③容器の内側にアルミホイルを貼ります。
光を拡散させる為に光る面を外側に、
空気が入らない様にボンドやのりをべったり塗るのがコツです♪
その後しっかり乾燥させましょう。

④ホイルを貼った内側から外側に向かって、千枚通しで穴を開けていきます。
必ず内側から開けましょう。
星座の形に開けても、大小様々な形であけても、お好みでどうぞ。

⑤カップ麺容器2つをビニールテープを巻きつけて球状にします。

⑥穴に懐中電灯を差し込んでライトアップ!

難易度★★

ホイルの穴がデコボコしていると上手く投影出来ません。

光がよく通るように調整してみて下さいね♪

【卵の殻で貼り絵】

harie

参考URLhttp://kids.yahoo.co.jp/event/summer2013/study/index10.html

~使うもの~

●卵の殻 ●木工用接着剤 ●ピンセット ●画用紙、またはベニヤ板 
●絵の具と筆 ●新聞紙

①卵の殻はたくさん使います。しっかりと洗い、乾かしておきましょう。

②用意した画用紙やベニヤ板に好きな絵を書きましょう♪

>③新聞紙に乾いた殻を乗せます。自分で書いた絵で使いたい色に、卵の殻を絵の具で色付けします。

④絵の具が乾いたら、卵の殻を割ります。強く割り過ぎると細かくなってしまうので、力加減に注意しましょう。割れたら色別に分けておきます。

⑤書いた絵に着色した殻を貼りつけていきます。
書いた絵の殻を貼り付けたい部分に木工用ボンドをつけ、殻を貼り付けましょう。
貼りたい部分のみ、少量ずつ接着剤をつけていくのがポイントです。

⑥接着剤の上に殻を置いたら、上から軽く押さえます。
隙間は小さく割った殻で埋めましょう。
海や空など広い面積の部分は色画用紙などを貼り付けても。

難易度★★

細かい絵よりも、モチーフが大きなものの方が向いていますよ。

【万華鏡】

mangekyou

参考URLhttp://www.glico.co.jp/kosodate/summer/twinkle.htm

~使うもの~

●ミラーシート(0.1㎝の厚さのもの)11㎝幅×3.2㎝幅を3枚 ●折り紙 
●透明フィルムまたは透明セロファン
●トイレットペーパーの芯 ●セロハンテープ ●ビニールテープ ●両面テープ 
●油性ペン ●鉛筆
●モール ●ビーズ ●スパンコールなど ●色画用紙
●リップルボード(トイレットペーパーの芯に合わせて適宜) ●のりまたは木工用ボンド

①リップルボードをトイレットペーパーの芯と同じサイズにカットします。

②作りたいモチーフを色画用紙に描き、ハサミで切り取ります。

③切ったモチーフにのりまたはボンドを付け、リプルボードに貼り付けます。

④ミラーシートを3等分にカットします。(11㎝×3.2㎝のものを3枚)

⑤ミラーシートにビニールテープを貼り、三角形に組み立てます。

⑥袋状の透明フィルムの上に⑤を縦に置きます。
その端に沿って油性ペンで印を付け、その5,6㎜外側をハサミでカットします。
(上部と底部で2枚準備!)1枚は底面にビニールテープで留めてから、⑤を芯に入れます。

⑦△の中に、ビーズやスパンコール、小さくカットした折り紙やモールなど、
お好みの材料を入れます。
入れ終わったら、⑥で残ったシートをビニールテープで留めます。

⑧トイレットペーパーの芯を縦に置いて、形に沿って鉛筆で型どりします。
同じものを2枚用意してはさみでカット、
1つはカッターで中央部分に小さな穴を開けておきましょう。

⑨⑧で作ったフタを、筒の上下にセロハンテープで貼り付けます。

⑩リップルボードの裏面3箇所に両面テープを貼り、
トイレットペーパーの芯に貼り合わせます。

難易度★★

キラキラ素敵な万華鏡♪

アルミホイルでも代用出来そうですが、ミラーシートの方が断然キレイ!

ミラーシートは、ホームセンターで購入出来るようですよ。

【2倍クルクル風車貯金箱】

参考URLhttp://www.meg-snow.com/fun/make/craft/craft89.html

~使うもの~

●牛乳パック(500ml)2個 ●ヨーグルトプラカップ1個 ※パック&カップは洗って乾かしておく。
●6Pチーズのフタ1個 ●竹ぐし(25cm以上)2本 ●ストロー1本 ●輪ゴム3個
●はさみ、またはカッター ●千枚通し ●ホチキス ●セロハンテープ ●接着剤

①牛乳パックの屋根にコインを入れる穴を開けます。

②平らな側面の、上から4㎝、左右それぞれから3.5㎝の所に、竹ぐしを通す穴を開けます。反対側にも同じように穴を開けます。穴の開いていない側面を切り開き、扉を作ります。

③回転台を作ります。
残りの牛乳パックを3㎝に輪切りにし、真ん中にカッターの背で折りスジを付けます。
真ん中に12㎝に切った竹ぐしを入れ、折りスジを中心に折り込んでホチキスで軽く止めます。

④一旦竹ぐしを抜き取り、③で作った羽の先端の部分を切り離します。
羽の端から5㎜の所で一方は折り曲げ、もう一方は切り離します。
切り離した部分を半分に折り、間に挟んで一緒にホチキスで留めます。

⑤6Pチーズのフタは、厚みの部分を飛び飛びで3箇所切り離し、
中央に竹ひごを通す穴を開けます。

⑥②で開けた穴に、5㎜に切ったストローを通して接着剤で留めます。
②で作った扉から竹ぐしを中に入れて④を通しなおします。
回転台の軸を前の穴に通し、後ろの穴にも通して、ホチキスで回転台を竹ぐしにしっかりと留めます。

⑦前の軸に⑤を通して、ストローに付かないように接着します。
軸の後ろ側には、竹ひごが抜け落ちない様に輪ゴムを巻いて留めます。

⑧扉の上の屋根の部分、端から3㎝の対角線に交わる所に千枚通しで穴を開け、
底の部分も同じように穴を開けます。
上から穴にストローを差し込み、接着剤で留めます。

⑨ヨーグルトのプラカップを切り広げ、もう1本の25㎝の竹ぐしを通し、
カップの上下に輪ゴムを巻きつけて留めます。
3㎝×1.5㎝に切った牛乳パック4舞いでミニ羽根を作り、ホチキスで留めます。

⑩⑨の竹ぐしを上の穴から差し込み、ミニ羽根を通します。
大きい羽根のツメにミニ羽根がちょうど当たるように調整してホチキスで留めます。

⑪底の穴は竹ぐしが抜けないように紙パックの切れ端をセロハンテープで留めて塞ぎます。

難易度は★★★

文章だけでは少しわかりづらいので、参考のサイトを見ながら製作して下さいね。

まとめ

いかがでしたか?

楽しく手軽に作れそうな作品がたくさんありますよね。

これらを参考に、更にお好みでカスタマイズしてみるのも楽しいかも♪

千枚通しを使用する際や、細かい作業などは、少しお手伝いしてあげて下さいね。

何より大切なのは、楽しく作る事。

お子さんの満点の笑顔が見られますように!!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ