お中元をいただいた際のお礼状の例文!個人宛の書き方はコレ!


夏が近づき、デパートには《お中元コーナー》特設会場が出来始めましたね。

text_ochugen

お世話になった方に贈るお中元、贈るマナーは知っていても、
頂いた時って・・・どうすればいいんだっけ?

と言う事で今回は、《お中元のお礼状の書き方》をご紹介します!

個人に届いたお中元お礼状投函時期例文などなど、
コレを抑えればバッチリ!!

ご参考にどうぞ♪

スポンサードリンク

お中元のお返しの基本的なマナーは?

meron

そもそも、お中元のお返しの基本的なマナーって?

【お中元のお返しマナー】

“お返しの品は基本的には必要なし、お礼状は必ず送る”
というのが一般的なマナーの様です。

ただ、贈る側と贈られる側の関係性や、お返しのお品を贈りたい場合などは、
頂いた物と同額程度の品を贈ってもOK。

ただし、時期を少しずらして贈ることをおすすめします。
(お中元を頂いたら、暑中お見舞いでお返し、など。)

関東では7月1日~7月15日までが《お中元》

7月15日以降8月15日までは《暑中お見舞い》

8月15日を過ぎると《残暑お見舞い》

関西では7月頭から8月15日まで《お中元》
それ以降は《残暑お見舞い》となります。

また、

頂いた物よりも明らかに高額な物を贈ってしまうと、
《次回からは結構です》との意味合いとして捉えられてしまう場合も!

お品でのお返しの場合は、贈る時期、そして金額設定を間違えない様、
細心の注意が必要です。

お中元のお礼状はいつまでにだせばいい?

最低限のマナー!

お中元のお礼状は、いったいいつまでに出せばいいの??

【お中元のお礼状・時期】

お中元を頂いたら、出来る限り早いうちにお礼状を出しましょう。

遅くとも一週間以内には投函するのが望ましいです。

せっかくのお礼状も、
間が空いてしまうと非常識な人と捉えられてしまう場合も。

お礼の気持ちは、早いうちにお伝えしましょう!

はがきか手紙のどちらに書くの?

posuto

書くのはハガキ?それとも手紙??

正式なお礼状は、便箋に縦書きで書くのが一般的ですが、
便箋に横書きでも、ハガキでも全く問題ありません。

何より大切なのは気持ち!

贈ってくれた方に“嬉しい気持ち”をすぐに伝える事が一番大切です。

個人向けのお中元のお礼状の例文

ka-do

個人向けの礼状の例文をご紹介します♪

盛り込むべき内容

①時候の挨拶(相手の体調を気遣う文言を入れても)
②お中元のお礼と感想 
③相手の体調を気遣う言葉 
④締めの挨拶

【例文① かしこまった相手の場合】

拝啓 盛夏の候 いかがお過ごしでしょうか。

この度は、お心のこもったお品を頂戴し、誠にありがとうございました。

家族一同大変喜び、早速美味しく頂きました。

温かいお心遣い心より感謝申し上げます。

暑さ厳しき折柄、どうぞご自愛下さいませ。

略儀ながら書中をもちまして御礼申し上げます。

                 敬具

平成○○年○月

                  山田太郎

                     

吉田二郎様

【例文② 親しい相手の場合】

毎日暑い日が続きますが、皆さんお変わりなくお過ごしでしょうか?

この度は、結構なお品をお送り頂き、ありがとうございました。

子供達も大喜び、早速家族で美味しく頂きました!

暑さはこれからが本番です。皆様どうぞご自愛下さいね。

                   取り急ぎお礼まで

まとめ

いかがでしたか?

かしこまったお礼状を奥さまが代筆された際は、
夫の氏名の下に小さめの文字で“内”と記します。

奥さまの代筆の場合はご記入を。

ごく親しい人や親戚からお中元を頂いた場合には、
電話やメールでお礼を伝える方もおられるようです。

電話や手軽なメールも良いですが、今の時代だからこそ、
きちんと“お手紙”でお礼状を差し上げたいところ。

《こころ》は相手に届きます。

心のこもった贈りものには、
出来るだけ早いうちに、嬉しい気持ちを届けましょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ