あさりの砂抜きを50度洗いで短時間にする方法とは?


潮干狩りの最盛期到来です。

siohigayri

みんなでワイワイあさりを獲って、
お家へ帰り“海の恵み”を美味しくパクリ♪

とその前に!

重要なのが砂抜きの過程です!!

ジャリッとしたあの感覚、出来れば味わいたくはないもの。

けれど通常の砂抜きで最低2,3時間、潮干狩りでゲットしたあさりだと、
出来れば一晩は置いた方がいいのだとか。

そんなに待てない!今すぐ食べたい!!

そんな方にとっておきの朗報♪

今回は短時間であっという間に砂抜きが出来ちゃう
あさり50度洗い》をご紹介致します!

スポンサードリンク

あさりの砂抜きを50度洗いで短時間にする方法とは?

siohigari2

時短バンザイ!あさりの50度洗いの方法をご紹介♪

【あさりの砂抜き・50度洗い】

①50度のお湯を用意し、そこに洗ったあさりを入れます。
(徐々に口を開き出します)

②貝同士を優しくこすり合わせる様に洗います。

③そのまま5分~10分程放置。

③ぬるま湯を出しながら、再度優しく洗います。

50度で洗うとどうしてあさりが砂を出すの?

そう疑問に思われる方もおられますよね。

なんでも50度のお湯のなかに入れるとあさりがびっくり!
身を守ろうと水分を吸収、身が殻から出てくるのだとか。

その状態で洗ってあげる事で、
あさりが汚れや砂を大放出してくれるのだそう。

なるほど納得!の“あさりの50度洗い”です♪

50度のお湯を温度計なしで作るには?

我が家に温度計はないな・・・そんな方でも大丈夫!!

簡単に50度のお湯が作れちゃいますよ♪

【50度のお湯の作り方】

①熱湯(100度)を準備

②氷水を準備

③熱湯と氷水(氷は必ず除く!!)を1:1の割合になるよう混ぜる。

※水道水では、時期により温度変化があります。
100度の熱湯と0度の水を同量混ぜ合せる事で、50度のお湯が出来ます。

※コップで氷水を作ると、気温などにより0度より高めになってしまいます。
魔法瓶タイプのポットや水筒に氷を入れ、
そこにさらに10度以下に冷やした氷水を入れ、よく振ると0度に!

※給湯器の50度設定で行うというお手軽な方法も♪

あさりの砂抜きをして、あさりが開かない場合は?

温度は低くても効果が得られませんし、
高すぎると熱過ぎてせっかくのあさりが死んでしまう可能性も。

50度のお湯にあさりを入れて、しばらく経ってもまったく口を開かない場合、
温度が高すぎる可能性があります!

すぐにお水を少量足して、温度を低くしましょう。

そして再度50度でチャレンジ!!

砂抜きしたあさりの保存方法は

asari

砂抜きしたあさりはどうやって保存したらいいの??

【冷蔵保存は2,3日】

密閉袋などにいれて冷蔵庫へ。

冷蔵庫から出してそのまま使えます。

【冷凍すれば2~3週間】

こちらも使う分ずつに分けて密閉袋へ入れて冷凍庫へ。

が!こちらは調理方法に注意!!

解凍してから調理すると、貝がうまく開いてくれません。

ポイントは、冷凍庫から出したらすぐに“高温で解凍”することです。

お味噌汁やクラムチャウダーなどの汁物の場合は、
煮立ったお鍋に凍ったままあさりを投入!

ボンゴレや酒蒸しの場合は、凍ったままのあさりを入れたらすぐに
お酒と(ボンゴレの場合は白ワイン)その半量のお水を足して、
フライパンに蓋をして高温で蒸し焼きに。

口を開くのに時間がかかるため、
オイルだけで炒める調理には向きません。

まとめ

いかがでしたか?

獲ったあさりはすぐ食べたい。

それは人間の本能です!

簡単時短あさり砂抜き術《50度洗い》

普通の水温で砂抜きしたものよりも身もプリッと美味しくなるとの情報も!

また、鶏肉を50度で洗えば生臭さが消え葉物を洗えばシャキッと鮮度復活
なんと日持ちまで良くなるというダブルの効果が♪

気になる方は要チェックです!

おそるべし話題の50度洗い、
まずは是非“あさりの砂抜き”からお試し下さいね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ