ロキソニンに重大な副作用「腸閉塞」とは?リスクはどれくらい?


様々なストレスを受けやすい、働き盛りの世代。

毎日のデスクワークや日常起こり得る精神的ストレスなどで、
酷い頭痛や肩こり痛に悩まされていませんか?

そんな時のお守りと言えば、鎮痛剤《ロキソニン》

バッグにお財布に忍ばせておけば、いざという時強い味方になってくれますよね。

ですが先日、重大な副作用として“腸閉塞”が追加されたとの、
聞き捨てならない報道があったばかり。

という事で今回は、
今後も安心して服用するための《ロキソニン情報》ご紹介いたします!!

スポンサードリンク

ロキソニンの効能は?

rokisonin

痛みの緩和にはロキソニン

解熱・鎮痛効果や、炎症を抑える効果が強力なお薬です。

あらゆる痛みに強く、頭痛、生理痛、肩こり、腰痛、歯の痛み、
喉の痛みなどに効果があるとされています。

鎮静作用も早く、発現時間は早くて服用後30分。

痛み止め・解熱と言えば《ロキソニン》!

ですが、痛みによく効きく代わりに強いお薬です。

用量などはしっかり守って服用しましょう。

頭痛にはストレッチもおすすめです!

ロキソニン服用時に注意すべきことは?

ではでは服用時、どんな事に注意すればいいの??

【用量・用法は厳守】

消化器への負担が少なくなるため、通常は食後に服用します。

量を増やした分鎮痛作用が強くなるわけではないので、
用量はしっかりと守りましょう。

【肝臓・腎臓の弱い方】

肝臓・腎臓の病気や腸の病気、潰瘍性大腸炎、気管支喘息、
高血圧症などがあったり、

過去にこれらの病気になったことのある人は特に注意が必要です。

必ず医師に相談しましょう。

【長期使用時は検査を受ける】

肝臓や腎臓に何らかの病気がある人、
体調不調時や倦怠感などがあるときは医師に伝え、
きちんと検査を受けるようにしましょう。

【服用中は禁酒】

多量の飲酒は副作用が出るリスクを高めます。

服用中は控えましょう。

ロキソニンに明記されている副作用は?

ロキソニンの副作用ってどんなものがあるの??

【過敏症状】

発疹(ほっしん)などのアレルギー症状や、
ショック、貧血などが現れることがあります。

【消化器症状】

食欲不振、胃部不快感、吐き気・嘔吐(おうと)など。

【むくみ】

ロキソニンなどの、非ステロイド系消炎鎮痛薬全般で現れる副作用です。

副作用に追記された腸閉塞ってどんな病気?

fukutuu

【腸閉塞とは】

腸の一部が狭くなったり塞がってしまうことにより、
腸の中に入ってきた食べ物などが腸内で詰まり、
通過出来なくなってしまう病気です。

症状としては、腹痛や腹部の膨れ、嘔吐を繰り返す事が主であり、
場合によっては下血を伴うことも。

強い痛み、痛みが和らぐ、
の繰り返しが見られるのが腸閉塞による腹痛の特徴です。

ロキソニン服用時に腸閉塞になるリスクは?

過去3年での副作用の症例のうち、
小腸・大腸の狭窄・閉塞関連の症例が6例あったそうです。

このうち、因果関係が否定できないものが5例あったことから、
2016年3月22日、厚生労働省が《重大な副作用》の項目に
“小腸・大腸の狭窄・閉塞”を追記するよう、改訂指示を出したそう。

薬の作用によって胃腸のバリア機能が弱くなり、
粘膜が荒れ、そこに潰瘍ができ、更に進行してしまう事で、
腸狭窄・閉塞を引き起こします。

用法にある通り、

空腹時の服用を避ける事で、
そのリスクは格段に低くなります。

服用は食後に、また同時に処方される場合の多い胃薬も、
忘れず一緒に服用するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか??

推定使用患者数は、
年間で4500万人~4900万人との調査報告のある《ロキソニン》

実際多くの方が、辛い痛みを和らげるために服用しています。

上述通り、今回、
腸閉塞との因果関係が否定できないとされたのは3年間で5例。

確率としてはとても低いですが、他重篤な副作用の内容も含め、
その存在を知る事がまずは大切です。

そしてなるべく、
それでも“有益”と判断した時のみ服用するようにしましょう。

そして繰り返しますが、“用法・用量”は必ず守るという事もお忘れなく!!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ