長岡花火大会2016年の日程と有料観覧席は?穴場の場所はある?


「日本3大花火大会」って聞いたことありますか?

秋田県の「大曲花火競技大会」
茨城県の「土浦全国花火競技大会」
新潟県の「長岡まつり大花火大会」

今回ピックアップするのは、3つ目の
新潟県の「長岡まつり大花火大会」です。

nagaokahanabi

上記3大花火大会の中で、最も観光客が多く、
その数なんと100万人以上にもなるそうなんです!

大いに盛り上がり、大変な混雑っぷりが予想出来ますが、
長岡まつり花火大会2015年の日程はいつなんでしょうか?

どうやら有料観覧席があるようですが・・・
そのことも含めて、今回は「長岡まつり大花火大会」
についてご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

 

長岡花火大会2016年の日程は?

さて、まずは一番気になる2016年の日程を確認しましょう!

毎年8月1日(前夜祭)・2日3日(本祭)という
日程を組んでいるそうですが、今年はこんな感じです!

【 2016年 長岡まつり大花火大会 日程 】

開催期間:2015年8月1日(月) 前夜祭
         8月2~3日(火・水) 本祭

※雨天時は、小雨なら決行。ただし荒天時は中止。

開催時間:2~3日  19:30 ~ 21:10

花火打ち上げ数:2日間で20,000万発

お祭りとか花火大会は曜日に左右されることが多いですが、
日程を見ると良い感じに日曜日が挟まれてますよね!

これは相当な人数が観客に来るんじゃないでしょうか?
こうなったら落ち着いて見れる所を探したいですよね。

そんなときにおすすめしたいのが、「有料観覧席」です!
ただし、これにはちょっと注意が必要で・・・。

詳細は次です!

長岡花火大会の有料観覧席はあるの?

長岡まつり大花火大会(長岡花火大会)にも、
「有料観覧席」というものが存在します。

「なら、お金を支払えば余裕で見れるよね!」

って思われるかもしれませんが、実はこの席は、

“ 全席抽選の有料観覧席 ”

なんです!なので当たるかハズレるかで運命が決まります。
もちろん、当たれば万々歳!綺麗に見える位置ですからね。
だけどハズレた場合は・・・・どこで見るのか考えちゃうことに。

その点については、後ほど「良いこと」がありますので、
まずは有料観覧席についての詳細をご紹介しますね!

【 長岡まつり大花火大会の有料観覧席について 】

受付期間:2015年5月1日(金) ~ 20日(水)

※仮にハズレても、キャンセル等の発生により7月にもあるそうな。

申込方法:①インターネット(長岡まつりチケットセンターHP)
     ②郵便はがき郵送(詳細は上記HP参照)

各有料席:金額18,000円~2,000円
(マス席、ベンチシート席、カメラマン席など種類豊富)

結構金額は張りますが、一瞬の煌めきを記憶に焼き付けたいなら、
ここは頑張って良い席を申し込むのもいいかもしれませんね!

長岡花火大会の穴場の観覧場所はあるの?

ここで気になるのが、

「有料観覧席以外に、どこか穴場はないのか?」

ということです。もちろん、あります!

長岡花火大会は信濃川河川敷の広い場所で打ち上げられるので、
広範囲で花火を見ることが出来るのが特徴と言えます。

< タダで見るならココ!穴場の観覧スポット >

①蔵王橋周辺

打ち上げ会場の信濃川河川敷から下流にある蔵王橋。
この周辺は会場からちょっと離れていますが、
問題なく花火を楽しむことが出来ます。

ゆっくり楽しみたい人におすすめのスポットです!

時間に間に合わなかった場合でも、
そんなに混まないようなので安心して見れます。

②イオン長岡店 屋上駐車場

こんなとき屋上駐車場って大活躍しますよね!
無料開放してくれるとあって、かなりありがたいスポット。

復興祈願花火の「フェニックス」を正面から見れるとあって、
高評価スポットでもあります。

それと忘れちゃいけないのが、トイレ!食べ物!を
利用・購入出来るのでのんべぇさんには嬉しいかも?
もちろん、それ以外でも十分楽しめるおすすめスポットです!

ゆっくり見たいのか、良いポジションから見たいのか、
それによって場所を選べるのがいいですよね!

しかも広範囲から見えるという安心感。
これは観光客が多いのも頷けますね!

まとめ

いかがでしたか?

「長岡まつり大花火大会」という名前だけあって、
花火の打ち上げ数も20,000発とすごい数ですよね!

有料観覧席については、ごめんなさい!
情報が遅くなってしまい、抽選受付期間が終了していましたね・・・。

有料観覧席の隣には「無料観覧席」も設けられているので、
狙う場合は当日14:00までに行っておくといいそうです!

穴場スポットでは程良い距離感で見れますし、
トイレなどの心配が不要な場所もまだまだあります。

事前にキッチリ調べてから、当日の
夜に輝く花火を楽しみましょー!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ