岡崎公園の桜の2017開花状況と見頃はいつ?ライトアップや駐車場情報も!


外に出て、大きく息を吸い込めば体中に春の匂い。

桜の季節ですね。

今年は、例年より少し早めにお花見を楽しめるところが多いようです。

okazakijyoukouensakura
出典:http://okazaki-kanko.jp/

各地各県、たくさんのお花見スポットがある中で、
今回おすすめしたいのが愛知県の《岡崎公園》

“日本さくら名所100選”にも選出され、
東海の“行ってみたい桜の名所”ランキングでも、堂々1位を獲得!

徳川家康公の生地でもあり“日本100名城”にも選ばれた
岡崎城の袂で愛でる桜は、えも言われぬ趣がありますよ。

2017年、今年の《岡崎公園》の開花状況と合わせて、
見所や桜まつり・ライトアップにアクセスなどなど、
情報満載でご紹介いたします!

スポンサードリンク

岡崎公園の桜の見所は?

okazakijyouyosakura
出典:http://www.rurubu.com/season/spring/sakura/detail.aspx?SozaiNo=230002

岡崎城を中心とする公園内とその周辺に、
1000本ものソメイヨシノが咲き誇ります。

お堀に移り込む美しい桜、見上げれば桜の奥には岡崎城。

ソメイヨシノの優しい桃色が、
荘厳な岡崎城を優しく包み込むよう。

そして岡崎公園最大の見所は、幻想的な夜桜です。

闇夜に浮かび上がる、お城と桜の競演は息を飲む美しさ。

その情景は東海地方随一と言われ、ひと目見ようと、
毎年県内外からたくさんの観光客が訪れています。

岡崎公園の桜2017年の開花状況と見頃はいつ?

【愛知県 桜開花予想日】3月28日(火)

【愛知県 桜満開予想日】4月6日(木)

現在の開花状況は“つぼみ”

7,8分咲き~散り始めを見頃とすると、

3月31日(金)~4月9日(土)あたりが一番の見頃となりそうです。

ただし、今後の天候や気温などで前後する場合もありますので、ご注意を!

岡崎公園2017年の桜まつりやライトアップはいつ?

tyokobanana

岡崎公園の桜まつり、そしてライトアップ情報をご紹介します!

【桜まつり】

開催期間2017年4月1日(土)~4月15日(土)

川の河川敷には約150店もの露店が並び、大勢の花見客で賑わいます。

期間中は岡崎公園内の五万石藤棚東側に“観光案内所”も開設。

平日は午後1時~午後10時まで、
土日は午前10時~午後10時までご利用可能です。

【ライトアップ】

ライトアップ期間2017年3月24日(金)~4月15日(土)

ライトアップ時間午後6時~午後10時

ぼんぼりやちょうちんの灯りが、ほんわりと桜を照らします。

見事!!

岡崎公園2017年の桜まつりのイベント情報

岡崎公園の桜まつり、最大のイベントと言えば【家康行列】

公募で選ばれた家康公を始めとする武士団や姫列など、
総勢800余名が、市の中心部を練り歩きます。

行進中に、鉄砲隊と槍隊の演武も行われる、
歴史好きには見逃せない岡崎春の風物詩。

そして何と!

本多忠勝役を、仮面ライダーで有名な藤岡 弘さんが務められます。

乞うご期待!

《家康行列》

【開催日時】4月9日(日)

【開催時間と通過予定時間】

出陣式(伊賀八幡宮境内)13:00

伊賀八幡宮出発 先頭13:30-後尾14:00

康生北交差点 先頭14:10-後尾14:40

島町交差点 先頭14:35-後尾15:05

東岡崎駅間 先頭14:45-後尾15:15

殿橋下流左岸 先頭15:00-後尾15:30

岡崎公園へのアクセスと駐車場情報

岡崎公園へのアクセス&駐車場をご案内!

【電車】

名鉄《東岡崎駅》から徒歩15分

【バス】

名鉄《東岡崎駅》より《大樹寺行き》→《康生町》下車徒歩5分

【車】

東名高速道路岡崎インターチェンジより、名古屋方面へ3キロ(国道1号線沿い)

【駐車場】

○市営駐車場(有料)

市営岡崎公園駐車場 収容台数150台:30分100円

市営篭田公園地下駐車場 収容台数210台:30分100円

○臨時駐車場(無料)※桜まつりの期間中のみ解放

明神橋公園運動場 収容台数350台

明神橋下テニスコート 収容台数200台

桜まつり期間中・特に家康行列開催日は、周辺道路の規制もかかるため、
道路・駐車場共に大変な混雑が予想されます。

なるべく公共交通機関を利用されるか、
お時間に余裕をもってお早目にお出かけ下さい。

まとめ

いかがでしたか?

桜の開花ももう間近。

東海屈指の桜の名所《岡崎公園》是非お出かけしてみて下さいね。

夜の宴会はもちろん、お天気のいい昼間はシートを広げて、
花見弁当なんてのもいいかも♪

公園付近、レジャーシートを広げられるスペースはたくさんありますよ。

桃色の桜を仰ぎながら頂くお弁当、
いつもとはひと味もふた味も違うはず。

桜にグルメに名城に、最高の春をご堪能ください!

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ