鎌倉のあじさいで有名なお寺は?開花時期と見頃はいつ?


そろそろ見頃が間近に迫りつつある「あじさい」。
フラワーショップなどに行くと見かけることが多くなってきましたね!

kamakuranoajisai

色々な色が楽しめるあじさいですが、
やっぱり有名なのは“鎌倉のあじさい”です。

あじさいで有名なお寺がいくつかありますが、
今回は>あじさいの開花時期や見頃>と併せて、
いくつかあじさいで有名なお寺もご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク


 

あじさいで有名なお寺は?

さて、まずは「あじさいで有名なお寺」についてです。

鎌倉では「あじさい3大名所」と言われているお寺があります。
その3つをご紹介しますね!

◆明月院(鎌倉市山ノ内189)

一番有名なお寺と言っても過言ではない、明月院。
「あじさい寺」の名で親しまれています。

ここのあじさいは、「姫あじさい」という日本古来の品種。

実は戦後に植え付けられたものが徐々に増えていき、
「あじさい寺」と呼ばれるようになったそうです。

青いあじさいが特徴的で、日に日にその青さが増していくそうです。

開花するのは6月上旬頃ですが、一番の見頃は6月中旬以降
言われているので気になる人は要チェックです!

◆長谷寺(鎌倉市長谷3-11-2)

この長谷寺の特徴は、あじさいを楽しみつつ、
散策路から由比ヶ浜の海を見ることが出来る所にあります。

あじさいの数は2,000株を超えているそうで、
色も鮮やかな青やピンクなどが多く植えられています。

 

四方のどこを見てもあじさい。

あじさいと緑と海が楽しめる長谷寺は、
他にはない景色が楽しめる所ですね!

◆成就院(鎌倉市極楽寺1-1-5)

上の2つはとっても有名ですが、
この「成就院」も鎌倉の「あじさい3大名所」の1つなんです。

そして実は、この成就寺からも由比ヶ浜の海が見えるんです。

参道の両脇に植えられたあじさいと、遠くに見える海。
このコラボレーションがとってき綺麗なのは言うまでもありませんね。

ここの特徴は、あじさいの数にあります。

数自体は262株と少なめではありますが、その数字の意味は特別。
なんと「般若心経」の文字数である262と同じなんです。

さらには、あじさいが植え付けられている綺麗な参道の石段。

これは「煩悩の数」である108と同じなんです!
なんだかおそれ多い感じになりますが、ありがたく観賞しましょう。

どこも特徴があって素敵ですよね!
この3つのお寺を押さえておけば、あじさいを
大いに楽しむことが出来るはずです!

鎌倉のあじさいの開花時期はいつ?

そんな鎌倉のあじさいですが、開花時期は意外と早めなんです。

< 開花時期 >  5月下旬 ~ 7月上旬頃

実はもうすぐで開花なんですよね!
イメージ的には6月入ってからと思っていたので意外です。

もちろん、種類によっては早かったり遅かったり、
若干前後することが予想されます。

なので、気になる人はこまめに開花状況を
チェックしておくといいと思います!

鎌倉のあじさいの見頃はいつ?

開花時期が分かったところで、見頃はいつなのか?
これもまた気になるところですよね。

「見頃」と聞くと「=満開」のイメージですが、
実はそういうわけでもないようなんです。

理想で言えば、「満開・・・のちょっと前」

なので、鎌倉のあじさいの見頃は、

満開予想  6月25日前後
見頃時期  6月19日前後

と予想されます!つまり、

“ 6月中旬 ~ 下旬 ”

をおさえておけばOKということですね!

もちろん、そうなってくるとかなりの混雑っぷりが
予想されますがそれはどこも一緒です!

少し時期をずらしてみるのか、
一番綺麗な時期に行くかはあなた次第です!

まとめ

いかがでしたか?
鎌倉で有名なあじさいの名所である3つのお寺。

明月院・長谷寺は知っていましたが、
実は成就院についてはノーマークでした・・・反省。

参道からの眺望はまさに絶景!綺麗!
という話を聞くので一度は行ってみたいですね!

明月院には学生のときに行ったような気がしますが、
大人になってから行ってみるのもまた良い気がします。

あじさいは咲いているのが一番綺麗ですが、
色づき始めた様子を見るのもちょっと好き。

色々な顔を見る意味でも、
ちょっと咲き始めた~くらいに行ってみるのも
新たな発見につながるかもしれないですね。

晴れの日でも雨の日でも楽しめるあじさい。
今年はどのように咲いてくれるのでしょうか?

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ