三春の滝桜2016の開花予想と見頃は?アクセスやライトアップ情報も!


「日本三大桜・三春の滝桜を見に行こう」
皆さんは、「日本三大桜」というものをご存知でしょうか?

山梨県北杜市にある「山高神代桜」、岐阜県本巣市の「根尾谷 淡墨桜」
そして今回お話する福島県三春市にある「三春の滝桜」の事を指します。

いずれも江戸彼岸桜と呼ばれるタイプの品種をさし、
その姿は猛々しく、そして時に感嘆するほど美しいものであると愛されています。

そこで今回は、三春の滝桜の2016年度の開花予想と満開を独自視点で予想。

アクセス方法やおすすめのツアーの組み方等についてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク


 

三春の滝桜の2016年開花、満開時期は?

三春の滝桜は、江戸彼岸桜から変異した紅枝垂れ桜と呼ばれる品種となります。

ちなみに、滝桜と呼ばれるのは“滝のよう”という意味ではなく、
“滝地区に根付いた桜”という意味だそうです。

場所が福島という事もあって、咲くのもだいぶ後の方になりますね。

過去のデータを見てみますと、

2011年…4月15日開花(22日満開)
2012年…4月23日開花(27日満開)
2013年…4月7日開花(14日満開)
2014年…4月11日開花(17日満開)
2015年…4月4日開花(14日満開)

となっています。

ここから予想するに、やはり

2016年も12日頃には咲き始め、
18、19日あたりには開花を迎えるのではないかと思います。

ただ、暖冬傾向にある事から多少なりとも早めになるかもしれません。

東日本大震災直後である2011年には、
ツアーやライトアップの自粛が行われるも、地元の人からは

「放射線の影響なんか出てないんじゃ?」
「例年よりも綺麗だ…」

なんて声も多数聞かれました。

翌年は寒さが長引き、
その為例年よりも全国的に遅れた開花、満開になったようです。

さて、2016年はいったいどうなる事でしょう?

ライトアップ期間と時間は?観桜料とは?

三春の滝桜の魅力がUPされるのは
夜が更けてから…といっても過言ではありません。

ただでさえ四方八方に広がったその勢いある姿がライトアップされるのです。

ライトアップ時間は、18時00分~21時00分。


出典:https://hanami.walkerplus.com/detail/ar0207e25692/

見頃を迎える頃に期間限定で行われます。

ここでお伝えしておきたい事がひとつ。

三春の滝桜は、2014年より保全活動の為に観桜料が徴収されるようになりました。

これは開花宣言がなされてから葉桜になる時期まで徴収されるもので、
大人300円、中学生以下は無料となっています。

というのも、通常桜の木はとても弱いもので、樹齢は大体60年~100年。

枝垂れ桜はそれでも長い方で600年以上のものも多いようなのですが、
その中でも三春の滝桜は推定樹齢なんと1000年以上!

大正11年には国の天然記念物の指定も受けるほどの貴重な存在なのです。

そんなご長寿で労らなければならないはずの三春の滝桜も、
残念ながら2011年の東日本大震災の影響を否応なく受けております。

皆さんのお力添えでここまで長生きし、愛されている三春の滝桜。

これからも末永い生涯を生きられるよう守っていきたいですね。

三春の滝桜へのアクセス方法と駐車場、臨時バス情報

【住所】
〒963-7714 福島県田村郡三春町大字滝字桜久保

・電車

JR東北新幹線・常磐線「郡山駅」で磐越東線に乗り換え、「三春駅」下車

「三春駅」から滝桜のある「滝の平」までは臨時バス(滝桜号)
もしくは週末のみ運行予定の無料シャトルバスに。

臨時バスは、1日乗車券で滝桜観桜料(¥300)を含んだ額になっています。

料金目安(※2015年度)

大 人…1000円
中学生…700円
小学生…350円
未就学…無料

滝桜以外に、さくらの公園やダム資料館などの施設も周遊するので、
三春を満喫するにはもってこいのバスとなっています。

・車

東北自動車道・郡山JCT→磐越自動車道・郡山東I.C.より約30分

あるいは、

常磐自動車道・いわきJCT→磐越自動車道・船引三春I.C.より約20分

いずれも、すぐに滝桜までの道のりが案内されます。

町内の交通混雑を避けるために少し遠回りの案内となっています。

しかし、それを嫌がって行かれると10km以上の渋滞に巻き込まれるのはざらなので、
出来れば案内に従うのがベスト。

・無料駐車場
850台

開放時間平日6時00分~18時00分
(ライトアップ期間中は21時00分まで)

850台あるとはいえ、すぐに使えなくなると思っておいた方がいいでしょう。

回避を考えて、周辺駅の駐車場を活用される方も少なくありません。

三春の滝桜の渋滞回避方法は?

「日本三大桜」といわれるだけあり、当然ながら大渋滞に見舞われます。

その混乱はほぼ関係ない市街地にまで及ぶほどで、
警備体制は年々拡大を果たしています。

そんな混雑必至の滝桜へ抜けるには、
実は

見頃の頃に週末のみ出る無料シャトルバスが一番すんなりだとか。

というのも、
無料シャトルバスのみは一般客車とは違うルートで走っているというのです。

とはいえ、毎年の事ですからこれさえも知らないのはほぼもぐり。

同じ考えの方はこちらも当然増え、無料シャトルバスも人が多くなります。

やはりここは見頃の週末を避け、
出来るだけ早い時間に着くよう心掛けるしかないのではないでしょうか?

駐車場は6時には開いています。
早めに入れば入るほど帰りもすんなり帰れるってなもんです。

見頃を迎える頃には朝方の空もだいぶ明るいでしょう。

ちょっと早めに出発して、
朝焼けに燃える滝桜を楽しむというのも乙かもしれません。

三春の滝桜おすすめのツアーの組み方は?

三春の滝桜は樹齢が長いだけあって、福島県内だけでなく、
岩手、宮城、東京、山梨の4ヶ所にもその子孫、姉妹樹が存在します。

県内では、田村市の“小沢”、“永泉寺”が姉妹のほか、

二本松市の“愛蔵寺”、“合戦場”、“岳温泉”
郡山市の“上石の不動桜”、“雪村桜”はそれぞれ子孫にあたるといわれています。

特に有名なのは、二本松市にある“紅枝垂地蔵桜”
樹齢600年を越えるもので、滝桜の娘にあたるとか。

sidaresakura
出典:http://hanami.walkerplus.com/detail/ar0207e25670/

滝桜を目的とするツアーを組みたいのなら、
どうせならこれらの樹も見て回れるものに参加するのをおすすめしたいですね。

というのも、同じ家系だから綺麗なのはもちろん、
同時に見頃を迎えている可能性が大なのです。

ファンの中には一度訪れたらやみつきになって毎年!
なんて方もいるほど親戚一同美しさでは負けておりません。

ちなみに、お花見期間中は滝桜の苗木が販売されているので
こちらをお持ち帰りするのもいいでしょう。

桜のある庭なんて憧れますね、しかも「日本三大桜」の子孫なんですから!

福島県内を見て回るとなると放射線量がまだまだ心配
…という方もいらっしゃると思います。

そういった方は福島県のHPから放射線量の発表について見てみて下さい。

ついでに福島県といえばアクアマリンやハワイアンズもあります。

滝桜だけではない福島県!と銘打っているだけに、
桜の季節関係なしにたくさんのツアーが組まれていますよ。

まとめ

「震災に負けない自然の強さ」
東日本大震災のダメージは、人の心にも街の中にも、
そして自然の至るところに強く残ったはずでした。

特に福島県といえば人災といえる原子力の被爆があり、
今もその問題は大きいものとなっていますよね。

でも、先で話したように震災直後も三春の滝桜は満開。

さすがは1000年以上の歴史をもつだけあり、
まるで「そんなものには負けない」と話しているようで、
地元の人たちはとても励まされました。

筆者的には、人が起こした事に対しても
何だか寛大な気持ちでいてくれてるような気がして凄いなぁと感じました。

広い世界、人間ほどちっぽけなものはいないのかもしれないですね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ