今流行りのデトックスウォーターの効果とは?作り方は?


「まだ飲んでないの?美味しすぎるデトックスウォーター

ここ最近、InstagramやFacebookなんかでちょくちょく出てくる
オシャレすぎるデトックスウォーターをご存知でしょうか?

見栄えからして写真写りの良いこのドリンク、
ただオシャレすぎるだけではないのです。

特に海外ではトレンド大好きミランダ・カーや、日本でも森泉さん、
ローラさんなどのモデル、タレントなどから好評を博しています。

そこで今回は、「デトックスウォーター知らないの?」なんていわれてしまわないよう、
その正体や凄すぎる効果について調べてみました。

つい、可愛さに写真を撮るだけで終わらないようにしたいですね。

スポンサードリンク


 

ただの水はもう古い!デトックスウォーターってなに?

ダイエットや健康を考える際、
1日2L近くの水を飲むことが薦められると思います。

とはいえ、水だけをゴクゴクと飲むのって味気なく
なかなか難儀な方も多いのではないでしょうか?

そこでおすすめなのがデトックスウォーター

orenjidetotukusuwota-

ミランダ・カーを始めとする海外セレブがおすすめする最新トレンドのドリンクです。

入るのはお家にある果物や野菜。

自分好みのオリジナルドリンクを作るのもいいでしょう。

水に浮かんだキレイな色合いが食欲…飲欲をそそります。

風邪などで食欲がない時もいいですが、
普通のジュースを飲ませたくない小さいお子さんへの飲み物などに
活用するのもいいかもしれません。

意外と万能すぎるデトックスウォーターの効果

デトックスウォーターのいいところは2つ。

砂糖や甘味料を一切使わないのでカロリーが気にならないシンプルな味わい。

そして水につけておくだけなので、

普段火を使った料理だと失われがちな栄養分が豊富に入ったまま味わえるという事。

そこでここでは、そんなデトックスウォーターの効果と
効果ごとのレシピもご紹介していきましょう。

~美肌効果~

野菜や果物を敢えて摂ろうと思ったら考えるのがこの効果でしょう。

・イチゴ×リンゴ×レモン

・イチゴ×ブルーベリー

・ブルーベリー×ミント

・レモン×ミント

・トマト×キュウリ×ミント

シミやシワなどが気になるときに飲みたい組み合わせ。

特にイチゴ×ブルーベリーなどベリー系は抗酸化作用があるのでおすすめです。

レモン×ミントはミランダ・カーおすすめのレシピで、デトックス効果が高いらしい。

・トマト×キュウリはむくみ予防もあるからダイエット効果も高いですね。

~リラックス効果~

・リンゴ×シナモン

・リンゴ×レモン

・イチゴ×ローズマリー

・リンゴ×ブドウ×みかん×キウイ

シナモンやローズマリーにはリラックス効果が大。

ちょっとお疲れ気味な時に飲みたい組み合わせですね。

~風邪予防~

・ハチミツ×レモン

王道中の王道。

レモンをゆずに変えてもいいけど、
思い切って大根に変えてみたら一目置かれるかも!

レモンだからビタミンC豊富で美白や美肌効果もある
一石二鳥のドリンクですね。

のどが枯れがちな冬場に活用したい一品です。

ショウガも入れたら冷え性対策にも。

~疲労回復~

・ブドウ×レモン×ハチミツ

豊富に含まれたカリウムで筋肉疲労を緩める事が出来ます。

炭酸水で作ればさっぱりしているので、
スポーツの後特に飲みたい一品。

なしやリンゴ、イチゴでも代用できます。

~食欲増進、夏バテ防止~

・きゅうり×レモン×すりおろしショウガ×ミント

便秘やむくみ解消だけでなく、
ミントの効果で胃がスッキリし、おなかの張りが軽減。

香りで食欲も増進し、
ショウガ効果で冷房に負けてしまった身体のダメージも回復します。

さて、次は皆さんが気になるダイエット効果についてお話していきましょう。

フルーツだけが主役じゃない!ダイエット効果

果物の甘みは果糖と呼ばれるもので、

砂糖の1.15~1.73倍甘さを感じるものの
カロリーは約4kcal/1gと他のものとあまり変わりません。

しかもそのほとんどが水分のため、
全体で見ても50kcal/100g。糖度が1度上がっても
エネルギー量的にはあまり上がらないといわれています。

その為、糖尿病の方でも1日80kcalは食べるのを推奨されています。

むくみが気になる人ならば、カリウムを多く含んだ野菜や果物がオススメ。

fruits_basket

・キュウリ×イチゴ×グレープフルーツ

キュウリにむくみを解消する効果が高いのは結構知られています。

色合いもいいし、いれる事で奥行きのあるまるやかな味わいになると
活用する人は多いようです。

・グレープフルーツ×みかん×キュウリ×ミント

グレープフルーツとみかんのビタミンCパワーを借りて
脂肪をエネルギーとして消費します。

ついでに脂肪分解酵素もたっぷりなので、
脂肪撃退ウォーターとしてはなかなか人気です。

・リンゴ×パイナップル×キウイ

甘みを入れなくても凄く甘い、
そしてパイナップルで高い脂肪分解効果を持つドリンクになっています。

+レモンにするとさらにさっぱりになります。

炭酸水でお風呂上りやスポーツ後に飲みたくなりますね。

どうせなので効果の高そうなパイナップルのデトックスウォーターの作り方動画を!

ぜひお試しくださいね。

デトックスウォーターの美味しい作り方

デトックスウォーターは、果物に野菜、
ハーブなどをミネラルウォーターに入れて作ります。

detotukusuwo-ta-

入れとくだけなんて味するの?と思いますが、そこは案外美味しいとか…。

組み合わせは人によって様々。

ミネラルウォーターを中心に炭酸水やハーブティーもいるけど、
基本は本当に水で大丈夫だといいます。

ただ、水に具材の味を水に染みこませる事が大切なので
すぐに飲めるわけではありません。

水と具材をお好みの容器に入れて最低4時間は冷蔵庫で寝かせましょう。

大体の人は夜のうちに作って翌朝食べるようです。

継ぎ足しはせず、1日で飲むのがおすすめです。

オシャレ感を味わいたい人の多くは、
近頃流行のメイソンジャーに入れるみたいですが、
もちろん麦茶なんかを入れるポットでも良いですよ。

お砂糖や甘味料もいらないし、
スムージーのように潰す必要も無いので非常に簡単です。

中には、

容器に一回分ずつのハーブや果物を入れて
氷にしたものを水に浮かべるなんてつわものも!

オシャレだし手軽でいいですよね。

自分の欲しい効果に併せて作ってみてはいかがでしょうか?

デトックスウォーターの効果的なダイエット方法は水の選び方にあり

bottle_water

ミネラルウォーターと一口にいっても、
その種類はマグネシウムなどの含有量などによって軟水と硬水に分けられます。

詳しく言うと、

軟水…硬度120以下。
口当たりまろやかで飲みやすく、お味噌汁、コーヒー、お茶を作るのに最適。

硬水…硬度120以上。
クセが強いので好き嫌いがはっきりする。
ただ、肉を柔らかくしたり臭み消しには最適。

含有されるカルシウムイオン、マグネシウムイオンは、
この他にも身体の中の有害物質を体外に排出してくれる作用があります。

という事で、

デトックスウォーターに良いのは
脂肪・炭水化物の消費を促してくれる硬水。

食事だけでは不足しがちなミネラルと共に、
大事なビタミンなどを一緒に補えます。

ただ、ミネラルウォーターは飲みすぎると
腎臓に負担をかけたりお腹を壊す事があります。

デトックスウォーターを飲む際にも、
一気飲みではなくちょびちょび飲むのがおすすめです。

特に

1日に飲む水分は2L以上といわれています。

しかし、意識しすぎず1度あたりコップ一杯分(約200cc)を
1日9~10回くらいに分けて飲むのがいいといわれています。

朝の起きがけ、食事前、午後がベストタイミングといわれていますが、
特に食前は空腹感を和らげるのでいいみたいです。

冷たい水では胃腸に負担をかけやすくなるので常温にします。

運動後、入浴後に飲むと疲労物質である乳酸を分解、
毒素と一緒に流しだしてくれます。

朝や寝る前は胃に負担をかけないよう、
また血行促進と新陳代謝を活性化してくれる軟水がおすすめです。

ちなみに、残った果実はただ水についていただけなので
美味しくそのまま食べるという方が多いようです。

まとめ

いかがでしたか?

「せっかくのメイソンジャー、お家でも実行してみようかな?」
一時期流行りに流行ったメイソンジャー。

筆者宅にも実はあるけど、結局ジャーサラダなどもしていない為に
まだお蔵入りとなっています。

そこで見つけた今回のメイソンジャーを使ったデトックスウォーター。

確かに見た目もオシャレすぎるし、
ちょっとやってみたくなってしまいました。

あまりジュースを飲ませたくないお子達にもおすすめかもしれないですね。

せっかくのメイソンジャー、
ちょっと実行してみたいなと思いました。

まずはなにから試そうかな?

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ