肩甲骨の痛みやしびれの原因とは?解消法はあるの?


どこが痛くてもつらいものですが、
特に、普段あまり痛くならなそうな場所に違和感があると
心配な気持ちになっちゃいますよね。

肩甲骨なんかもそうじゃないでしょうか。

kenkpokptu

肩こりなどで肩に痛みがあることはあっても、
肩甲骨が痛かったりすることって実はあまりないかも?

ですが、痛くなったりする原因は意外と身近にあるんです!

今回はそんな肩甲骨痛みやしびれの原因
解消法についてご紹介していきます。

スポンサードリンク


 

肩甲骨の痛みやしびれの原因は何?

まず最初に、肩甲骨の痛みやしびれの原因についてです。
大きく分けて3つ挙げられますので、以下にまとめてみました。

①姿勢が悪くて痛くなる

姿勢が悪いということは、身体全体の歪みに繋がりますよね。

その歪みによって身体の重心がズレてしまい、
片側の肩甲骨が痛くなってしまうんです。

横になったときに片側だけ向いたままでも歪みの原因になるので、
これも痛みに繋がる要因となります。

「片側」と言いましたが、それぞれに対応しています。
左側に負担をかければ左側に痛みが、右側に負担をかければ右側に痛みが出ます。

だいぶ前から言われていますが、今では猫背の人がほとんどですよね。

thumbnail_shisei_woman

仕事もデスクワークが増えてきているため、
背中や肩に負担がかかりやすくなっています。

②疲労やストレスで痛くなる

実は肩甲骨付近の背中は疲労が蓄積されやすい場所でもあるんです。

そのため、仕事でよく手を使う場合や、
片側の腕だけで荷物・鞄を待つという人は
より疲労が溜まりやすくなります。

また、ストレスによって血行不良が起きることで
肩甲骨付近の筋肉が緊張状態になってしまうため、
疲労の除去がしづらくなり痛みが出てしまうのです。

stress_woman

③内臓の不調で痛くなる

これは病気が隠れている可能性もあるので、詳しくご紹介していきますね!
左が痛いのか、右が痛いのかで部位が変わってきます。

naizou_woman_bad

<左の肩甲骨が痛い場合>

・胃

胃の消化機能が低下すると、胃の中に食べ物が残ってしまい胃下垂となります。

そうなることで胃の上部にある内臓も一緒に引っ張られてしまい、
結果、肩甲骨付近に痛みが出る・・・ということがあるそうです。

・心臓

左の肩甲骨の痛みの他に心筋梗塞や狭心症などを発症した場合、
背中・首・肩の痛みに加え、動悸・息切れなどが現れます。

他にも、膵臓おの関係性も挙げられます。

<右の肩甲骨が痛い場合>

・肝臓

代表的なものとしては、肝炎や肝臓がんが挙げられます。

ただし、右の肩甲骨が痛いからといって直結するものではなく、
他の症状も同時に出ている可能性があるので、まずは病院へ行きましょう。

肩甲骨に影響が出ること自体は稀だそうですが、
一応覚えておいて損はないと思います。

・胆のう

一番考えられるのは「胆石症」です。

肩甲骨以外の症状としては、吐き気があったり、
みぞおち部分に痛みを感じるなどです。

肩こりや背中の痛みなどもある場合があります。

症状に思い当たる場合は、まず「胆石症」を疑ってみましょう。

左と右で違うだけでも内容がガラリと変わりますね。

他にも左右に関わらず、腰部分の炎症からくる肩甲骨の痛みやしびれがあるので、
腰に負担がかからないようにする工夫も大切ですね。

肩甲骨の痛み解消法はあるの?

次に、肩甲骨の痛みを解消する方法ですが、いくつかあります。

①日頃から姿勢を正して生活する

街中を歩いていても姿勢が良い人ってごく稀だと思います。
それだけ日本人は猫背が多い!姿勢が悪い!ってことですよね。

じゃあどうすればいいの?ということで、昔テレビで聞いた一番分かりやすい
姿勢の正し方をご紹介します。

1.腕を天井に向けて真上にあげる。(手のひらは内側)
2.腕を左右に広げて下におろす。(手のひらは外側)
※このとき肩甲骨が動く意識をして、おろす。
3.あごを軽く引いて、終了。

これが正しい姿勢だそうです。
普段とは違い、胸を張っている感じになると思います。

背筋がないとこの姿勢を持続する時間がかなり短くなるので、
定期的にやると良いかなと思います。

あとはよく、「頭のてっぺんから吊られているイメージ」と言いますよね。
急に長くやるのは無理なので、気づいた時にでもやることをおすすめします。

②お風呂に浸かる

ofuro_nyuyokuzai_woman

「肩甲骨の痛み=筋肉疲労」ということを真っ先にイメージすると思うので、
そういう場合には筋肉の緊張をほぐしてあげる必要があります。

そんなときに効果的なのが、お風呂に浸かることです。
ストレス発散にもなりますし、全身があたたまるので血行も良くなりますよね。

今の時期はあっついお湯に浸かりたい人も多いかと思いますが、
適温は41℃だそうなので、それくらいのお湯に10~20分程度浸かりましょう。

ゆっくり浸かることで、身体をじっくりとあたためてくれます。

③しっかりと寝る

sleep_dakimakura

基本的に身体を回復させるのには、やっぱり寝るのが一番ですよね。

普段パソコンやスマホをいじる機会が多い人は、
週のうちに何回かはそういうものをいじらず、夜更かしもせずに布団に入りましょう!

ブルーライトは眠りに深く影響してくるので、
いじらない日を作ってあげることが大切ですね。

④適度な運動をする

undou

筋肉疲労や血行不良などからくる肩甲骨の痛みの場合、
適度な運動をすることで改善してくれるかもしれません。

なかなか普段運動をしない、という人は簡単なストレッチからでも良いと思います。

気持ちがのれば休みの日、天気が良い時に
ウォーキングなんかをしても良いですよね。

自分にとってストレスにならない程度に行うと良いですね。

日頃の生活スタイルを見直すだけでも、結構解消出来るかもしれませんね。

他にも整体に行くという方法もありますが、こちらはお金が・・・なので、
あまりお金をかけずに改善したい人は生活スタイルを見直してみましょうね。

それでも長引くようなら、病院を受診してみましょう。
自分が今どういう状態なのかを知っておくことも重要です。

肩甲骨はがしの方法とは?

最後に、「肩甲骨はがし」についてです。
ネーミングがかなりこわいですが、実際はがすわけではないです。

肩こりに効果的で、猫背も改善できてしまうという方法なんだそうです。

はがす、というのは「かたまっている肩甲骨まわりをほぐして、
動かせる範囲を広げる」
ということだと思います。

可動域を広げるってことですね。

いくつか動画をご紹介しますね。

①座りながら肩甲骨はがし

こちらは座ったまま出来る肩甲骨はがしのストレッチ方法です。
可動域のチェックや準備運動もやっているので、とても参考になると思います。

やり方さえ覚えてしまえば、場所を問わず出来そうですよね!

②肩甲骨はがし

こちらは横になった状態からスタートします。
場所を選びますが、寝起きや寝る前などにやるとベッドの上で出来ちゃいます。

やり方はとてもシンプルで分かりやすいので、一度やってみると良いですね!

まとめ

いかがでしたか?

どこが痛くてもつらいのは本当にそうですよね。

少しでも解消・改善出来るならば
是非とも今回ご紹介したことをやってみましょう!

なかなか普段お風呂に浸かる習慣がない人も、
週末くらいはゆっくりお風呂に浸かってみてはいかがでしょうか?

疲れも取れて、リラックス効果も期待できるので
一石二鳥以上の効果が期待できますよね!

あと、最後にご紹介した「肩甲骨はがし」のストレッチですが、
肩こりや肩甲骨の痛みの改善以外にも、
実はバストアップやダイエット効果も期待出来るんです!

あまり動かす機会ない肩甲骨まわりですが、
これを機にしっかりほぐして
痛みとおさらば!ダイエット効果よ、こんにちは!しましょう!!

毎日少しずつ、続けていきましょうね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ