スタバのカフェの美容効果とは?注文の仕方は?


「コーヒー大好きだからこそ試したい飲み方とは?」

コーヒーが大好き!とはいっても、
妊婦さんや貧血気味な女性などカフェインの取り過ぎが気になってる方が多いはず。

そこで今回ご紹介するのがデカフェのコーヒー。

美味しく、そして健康的に飲む事が出来るとあって
海外では一般的なのですが、
日本ではここ最近やっと認知がなされてきた方法です。

sutaba

特に有名なのが現在、
日本全国に1131店舗を誇るスタバこと、
スター・バックス・コーヒー

デカフェとは一体何なのか?味や品質に問題は無い?頼み方は?など、
徹底的に調べてみました。

スポンサードリンク


 

ノンカフェインとどう違う?デカフェってなに?

デカフェとは、本来カフェインを含んでいる飲食品から
カフェイン成分を抽出するなどして抜いた“カフェインレス”の状態をさします。

カフェインといえば、コーヒーココアお茶
チューインガムなど本当に多種多様のものに含まれていますよね。

しかし、そのカフェイン成分はお子さんや妊婦さんなど摂るのが制限、
禁止されている事が多いのでそこから需要が高まっています。

また、最近ではデカフェに様々な効果も報告されており、
美容や健康の面からも注目が集まっているようです。

さて、ここで気になるのがよく聞く“ノンカフェイン”。

簡単にいうと、元々カフェイン成分が含まれていないものが
ノンカフェイン”や“カフェインゼロ”。

カフェインレス”や“ローカフェイン”は、
デカフェ同様カフェイン成分が抜かれていたり、
元々少し含んでいるものをいいます。

デカフェはカフェイン成分が100%入ってないワケではないので、
気にするならば最初から“ノンカフェイン”を選んだ方が無難かも…。

デカフェの効果・効能とは?貧血に悩むならこちらがおすすめ!

カフェインというとガン予防などになるといわれており、
カフェインを含むコーヒー豆など古来には薬の役目としても重宝されてきました。

しかし飲み過ぎると覚醒作用で寝つけなくなるなどの問題も…。

さて、そんなカフェインを抜くとどんな効果が期待されるのでしょうか?

・アンチエイジング効果
・ダイエット効果
・脂肪肝、糖尿病、貧血の予防効果

これらの効果が見られるのはコーヒーに含まれる
クロロゲン酸というポリフェノールのおかげ。

強い抗酸化作用を持つとして知られ、

紫外線ダメージなどによるシミ・シワの対策に持ってこい

といわれています。

また、活性酸素の酸化を防ぐ事から

中性脂肪などが体内に溜まるのを抑えてくれるのです。

ここでカフェインもその脂肪燃焼促進に一役買うのですが、
残念ながらカフェインによって鉄分が体内に補給されにくくなるという問題が…。

鉄分が補給されにくくなると、
身体に必要な酸素を回すヘモグロビンが生成されません。

だからこそ、

程よくダイエットも出来て貧血も予防したい!
という方にはデカフェが最適であるといえるのです。

安全性は?どれがいいの?デカフェにする方法

コーヒーメーカーなどが行っているデカフェにする方法は主に3つあります。

ro-suto

1.薬品を使う方法

カフェインを溶かす作用があるクロロメタンなどの薬品を利用する方法。

安価である反面、カフェイン以外の大事な成分を抽出してしまったり、
味・香料が落ちるといったデメリットも。

また、薬に直接生のコーヒー豆を浸す事からその安全面も心配されています。

結果、現在日本ではこの方法を認めず、
食品衛生法の規格基準にも適合しないと
薬剤入りデカフェコーヒーの輸入は禁止になっています。

2.水と薬品を使う方法

生のコーヒー豆を水に浸し、水溶性成分を抽出

水に含まれたカフェインを薬品で除去

さらにカフェイン除去薬を除去

生のコーヒー豆に戻す

少々ややこしいも、メリットは何といっても安全面。

有機溶媒といわれる薬剤が直接豆と関わる事がないし、
2段階で抽出する事でカフェイン以外の成分を失うリスクも抑えられます。

それに何といっても、薬剤は再回収、
再利用するのでとても経済的だといわれています。

3.超臨界二酸化炭素を使う方法

二酸化炭素を使うなんて不思議な感じですが、
今では一番主流で極めて優れた方法と位置づけられています。

ます、一定以上の圧力と温度を二酸化炭素に加える事で
超臨界流体(液体と気体が一体化した状態)にします。

この二酸化炭素でカフェインを除去すると、
薬剤を使った時のような手間や危険性がなくなるのだとか。

現在、一般的には3の方法を使う工場が主流ですが、
知ってる人は知ってる…って事で「スイスウォータープロセス」なんてのも。

こちらは水だけで成分を抽出するといったものなので、
3と比べてもだいぶ安心出来るものなのではないかと思います。

ネットでもこの2つのやり方を推している方は多いので、
選ぶ際はぜひ「超臨界二酸化炭素抽出」か「スイスウォータープロセス」で。

スタバで販売されているデカフェコーヒーは安全?

さて、先に話していましたように、
デカフェには様々な方法がありそのやり方によって安全性も違います。

スタバの“ディカフェ コモド ドラゴン ブレンド”はというと、
「スイスウォータープロセス」法を取っています。

約97%あまりのカフェインが除去出来る事で、以下のようなメリットが…。

・コーヒー独特の雑味が少ない
・後味すっきり

一方、人によっては

・水っぽい
・物足りない感じがする

まぁ、これは好みの問題かもしれないですね。

意外と簡単!超おトクにスタバでデカフェにする方法

デカフェに出来るカフェはだいぶ日本でも増えてきたけど、
それでも小さな喫茶店なんかではよほどでない限り難しいもの。

そこで利用したいのが、デカフェが主流の本場シアトルから日本に来た
スター・バックス・コーヒーです。

近頃やっとこさ日本全国に出来たとあって何かと話題になるスタバ。

どうせならデカフェにする方法も知ってたら、
「やっべー、この人“通”だわ」と一目置かれるかもしれません。

ko-hi-nomuhito

やり方は簡単!

「ドリップ」か「カフェミスト」を『デカフェでお願いします!』というだけ。

簡単すぎて拍子抜けしたって?でしょうね。

使われるのは、

“ディカフェ コモド ドラゴン ブレンド”
という一品だけ。

通販などでもこの名で販売しており、注文するとここからコーヒーを淹れてくれます。

という事は、普段なかなか通らないものが機械を通るので、
なんとわざわざ淹れたての一杯が楽しめるという利点も!

残念ながらフラペチーノなどのエスプレッソドリンクは飲めませんが、
シナモンやメープルなど相性の良いフレーバーを足せば
その気持ちも何となく紛れるかも!…しれません。

ついでにいうと、

「ドリップ」ってレシート持参で
2杯目を108円で同サイズ(豆、ホットorアイス変更可)を飲める

ので超おトクです。

強者の中には、

「1杯目を普通のコーヒー、2杯目をデカフェで」

なんて使い方をする方もいるとか。

こりゃもう活用するしかないですね。

まとめ

いかがでしたか?

「もっと早く知っておきたかったかも!」
コーヒー大好きな筆者としてはもっと早く知っておきたかった飲み方です。

これさえ知っておけば妊娠中に
コーヒーを我慢する事もなかったのになぁ…なんて思ってしまいます。

まだ試した事はありませんが、
次回スタバに行く機会がある分にはぜひ試してみたいですね。

これからは、日本に来る外国人の方もますます増えてくる時代といわれています。

宗教や文化の違いからコーヒーのみならず様々なドリンク、
食べ物のグローバル化がすすんでいきそうですね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ