寝違えた時の首の痛みを治す方法!速く効くのはコレ!


「いったぁい…突然の寝違えにご注意を!」

よく眠った気持ちのいい朝を襲うのが、
突然にビキィッとした痛みを走らせる寝違えです。

netigai

あの痛みで一気にやる気をなくす…なんて方も少なくないと思います。

忘年会シーズン。

お酒を飲み過ぎて寝返りをしなくなると増えるとか…。

いやいや、増えなくていいし…てかそもそも寝違えってなに?

むち打ちとどう違うの?

てなワケで、今回はそんな厄介な寝違えを徹底調査!

手軽に治せるストレッチ方法についてもお話したいと思います。

スポンサードリンク


 

そもそも寝違えって何?

そもそも寝違えってどんな状態を言うか知っていますか?

寝違えは寝起きに首に疼痛を感じ、
運動などを行うとズキンッとした痛みを感じる状態のことをいいます。

医学用語では「急性疼痛性頸部拘縮(きゅうせいとうつうせいけいぶこうしゅく)」、
「突発頚項通(とっぱつけいこうつう)」などと呼ばれます。

寝違えを起こした時は、作業中などに首を通じて頭に鈍痛、
倦怠感を感じるなどの諸症状があります。

運転などは軽度ならば可能といいますが、
横や後ろを向くのが難しいのでミラーが確認出来ない程度なら避けるのが無難。

さらに

刺激を与えて症状を悪化させないよう注意

したいものです。

“ギックリ首”?寝違えの原因は意外なトコにあった!

寝違えの原因といえば、
寝ている時の姿勢が悪いからとしか思われていない人が多いようです。

確かに枕の高さが合っていなかったり、
窮屈な位置で眠ってると凝り固まってしまって動けなくなりますよね。

もちろんそれは一理あるのですが、
もっといえばそれは単に付属原因としか考えられません。

この他に挙げられるのが、

内臓が疲れている事による
背中~肩にかけての筋肉の強ばり

なんかです。

は~、内臓だなんて想像も尽きませんでしたが、
確かにお腹が苦しいまま寝たりすると凝る感じが残る気がしますね。

また、これは最近の医療の現場で分かりつつある事実。

それは、

寝ている間に下側になってしまっている脇の内側が圧迫される事です。

脇の内側には腋窩神経(えきかしんけい)と呼ばれる
首を支える筋肉と繋がる神経があります。

寝ている間にここが圧迫される事で血行不良を起こし、
麻痺した状態になる事で首に痛みが発生するのだとか。

いわばゆっく~り起きている“ギックリ首”と考えて下さい。

人には向き癖というものがありますから、
毎日のように同じ方を下にしていれば圧迫される回数も増えますね。

それで何らかの原因でその部位の身動きが取れなくなってしまい、
それが積み重なって寝違えになってしまうのです。

意識的に寝返りを打てるのが一番の対策ですが、

日頃から腋窩神経を圧迫する動きをしないよう心掛けたいものです。

原点回帰?痛い時にやってはいけないNG行動

寝違えた場合など、
ついつい痛い部分を揉み揉みとマッサージ

したくなると思います。

katakori_woman

だって、肩や腰が凝ったらマッサージに行きますもんね。

でもこれ、実は一番やっちゃいけない事なんです。

先述した通り、寝違えはゆっくり起きた“ギックリ首”。

要はひどい炎症状態に陥っているので、動かさないのが先決とされています。

よく事故に遭って首がムチ打ち状態の人はギプスを巻いてますが、
あの状態がいいといいます。

sick_muchiuchi

軽度であれば、これで1日置いておけば大体治るそうです。

…が、仕事に育児に勉強に…忙しい現代人が
そうそう首を1日置いておく事なんて出来ないですね。

そこで、炎症状態の首を冷やしてあげると
痛みがひいてだいぶ楽になります。

痛い方に冷湿布。

もし頭痛もするようでしたら鎮痛剤に頼るのも一理ありです。

寝違えを早く治すには原因の種類別で!予防には“肩甲骨はがし”を採用

寝違えを早く治したい場合は、
傷めてしまった側の脇を開放するのが効果的

だといいます。

え?脇?と思うかもしれませんが、これは腋窩神経の圧迫を解除するため。

いやいや、脇の開放なんてどうすんのよなんて思われるかもしれません。

が、やり方は簡単。

『腕をぐるぐる回す』

のです。

特に肩甲骨を意識して回す事で、
肩周りの筋肉の凝りを和らげる事が出来るのだとか。

ですがこれは日頃から首、肩、背中の凝りがひどい方の場合です。

炎症を起こしての寝違えの場合は、やはり冷やすのが一番だとされています。

さて、凝り対策の1つとして最近注目されてきている
“肩甲骨はがし”というのをご存知でしょうか?

整骨院などでは肩甲骨の隙間に手の平をぐいぐい入れて行うもので、
これを日頃から意識的に行う事でだいぶ肩周りの凝りがなくなります。

例えば椅子に座ってる時

1.両手の平を組んでそのまま伸びをします。

2.そのまま後ろに引っ張られるかのように腕を下げ、肩の限界で戻ります。

よく体育の時間に二人組で背中合わせになって引っ張り合いをしたあんな感じです。

もう1つは、椅子から立ち上がって

1.椅子の前に肩幅ほどに脚を開いて立ちます。

2.肩甲骨が浮き立つのを意識しながら、手を椅子に押しつけます。

椅子が動きそうで心配ならテーブルでもいいですが、
高さは座るくらいの位置で。

最後は朝起きた時

1.ベッドの縁から片方の腕がだらんと下がる位置に寝ます。

2.そこから腕をぐるぐる回します。

こちらも肩甲骨が浮き立つのを意識して行いましょう。

その他の簡単なストレッチは以下の動画を見てみてくださいね。

悪化した時は迷わず受診!

なにをしても良くなる感じがしない。

むしろ悪化してない?

なんて時には出来るだけ早めに病院に行かれる事をおすすめします。

この際、

その辺の接骨院や整骨院に行くのではなく、
あくまで病院の整形外科

を利用してください。

もしかしたら、寝違えの他に以下のような病気が隠れてるかもしれません。

・くも膜下出血
※強い頭痛が続くので早めに受診を。

・首周辺の病気
※むち打ち症(頚椎捻挫)やヘルニア、ストレートネックなど。

・鼻や扁桃腺の炎症による首へのダメージ
※風邪気味や花粉症だったりすると考えられます。

・内臓疲労
※暴飲暴食などで内臓が疲れていると治りにくい事も。

特にくも膜下は命に関わりますし、大丈夫だったとしても
何らかの後遺症を残す事があるので要注意です。

中には慢性的に寝違えを引き起こしやすい方も。

「たかが寝違えで…」なんて思わず、ぜひ行けるならば早めの受診をしましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

「亀みたいな体型?!増えてきている首の病気の若年化」

近頃、ポータブルゲームやスマートフォンの普及によって
首の病気の若年化が進んでるそうです。

どうやって分かるかというと、
ストレートネックといって首が前に突き出しちゃうんですって。

分かりやすくいうと“亀さん”の状態。

猫背にはならないそうですが、
首が真っ直ぐなので肩こりなどが慢性化するといいます。

皆さん、お子さんはストレートネックになっていませんか?

最近首から肩にかけて辛い私自身も気をつけたいと思います。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ