リンゴ酢ダイエットの効果と方法とは?ホントに痩せるの?


「リンゴ酢ダイエットってホントに効くの?」

リンゴ酢ダイエット
その効果が最も二分化しやすいダイエットだといえます。

ringosu

やり方を間違えると「効果ないじゃん」となりやすく、
元からお酢が得意かどうかでも、
飲みやすい飲みにくいの差がだいぶ大きく広がるからです。

そこで今回は、リンゴ酢の効果・効能を元に、
リンゴ酢ダイエットの正しいやり方や効果・デメリットについて
お話していきたいと思います。

美味しい味わい方もリサーチしましたので、
苦手な方はこちらも試してみてください。

何はともあれ、良いと思って摂りすぎるのは
逆効果であるというのを覚えておきましょう。

スポンサードリンク


 

万能すぎる!リンゴ酢の効果・効能

飲む酢ドリンクの中でも割りかしポピュラーなリンゴ酢。

そこで、まずはリンゴ酢の効果・効能について調べてみました。

そう看てみると、飲むという観点でなく、
化粧水などのように浸けてみるという方も少なくないようです。

1.ダイエット効果

整腸効果があり、便秘も下痢も改善されます。

これに加えてリンゴ酢に含まれる酸が脂肪分を中和し、
太りにくい身体にしてくれるとか。

また、新陳代謝を高める事から
脂肪燃焼を手助けするともいわれています。

2.肌のお悩み対策

酢に含まれる酵素が老化を防ぎ、硫黄分がシミを改善するといいます。

ビタミンCのもつ破壊酵素の働きを弱める作用もあり、
血行も良くする事からお肌を瑞々しく保つのに効果的なようです。

酵素たっぷりの玉ねぎをすりおろして出来た汁と混ぜます。

それを1:1で染み込ませたコットンなどで30分ほどパックするといいですね。

若い世代にありがたいのがニキビの原因となる
アクネ菌を効果的に防いでくれる事。

shisyunki_girl

これは、毛穴の汚れを落として吹き出物のもととなる
皮脂量を抑えるためではないかといわれています。

リンゴ酢1:水3で混ぜ、コットンなどで顔の気になる部分に10分ほどつけます。

どちらもきちんと洗い流しましょう。

ニキビ対策は少なくとも朝晩2回、できれば1日3回ほど行いましょう。

リンゴ酢を化粧水代わりにしたり、
お風呂に入れるのもお肌のデトックスに効果的だといわれています。

3.消臭効果

これに関しても2同様、酵素分などが働いてくれます。

ティースプーン1杯で口の中を10秒ほどすすぐだけで大丈夫。

足の臭いには洗面器にカップ1/3ほど入れてぬるま湯で薄めます。

週1、10~20分ほどがおすすめです。

4.疲労回復効果

リンゴ酸とクエン酸などの働きによって代謝を活発化し、
疲労物質である乳酸やピルビン酸の生成や蓄積を抑えます。

これにより疲労回復につながるだけでなく、
日頃から疲れにくい身体を作る事になるといわれています。

5.糖尿病・高血圧予防効果

リンゴ酢に含まれる食物繊維が2型糖尿病をコントロールするといわれており、
毎晩小さじ2杯のリンゴ酢で翌朝グルコースの値が低下するといわれています。

これに加え、カリウムが塩分を排出する役割を持っており、
血圧を下げるともされています。

お酢の成分が利尿作用を持っているため、むくみを解消する効果もありますが、
これに関しては腎臓に病を持つ方は注意が必要でもあります。

簡単すぎる!リンゴ酢ダイエット

リンゴ酢ダイエットのやり方は簡単。

食前、あるいは食中後に約15~30mlのリンゴ酢を希釈して飲む

というものです。

辛くなければ直接飲んでもいいですが、
その場合は胃に負担をかけやすくなってしまうので食後にしましょう。

おすすめは、朝1杯飲むリンゴ酢

よく白湯などを朝の起き掛けに飲むといいと言われますが、
これをリンゴ酢に置き換えます。

飲み方に関しては人によってやり方が違うので、
即効性などもだいぶ違うと思っていた方がいいでしょう。

ただ、前述したように美容効果、健康効果もありますので、
ダイエットの中でもデメリットの少ないダイエットであると思います。

飲みにくいと苦手な人におすすめ!リンゴ酢をより美味しく味わう方法とは?

どうせなら自分で作りたいという方に、
まずは自家製リンゴ酢の作り方をお教えします。

材料はリンゴ(100g)、黒酢などのお酢(200cc)、砂糖(100g)だけ。

100均等でも売っている保存ビンにスライスしたリンゴを皮付きのまま入れ、
お酢と砂糖を加えて1~2週間置いておくだけです。

すぐ飲みたいときは40秒ほどレンジでチンして、
常温のまま放置すると翌日に飲めます。

砂糖は氷砂糖、きび糖、黒糖がおすすめです。

お酢も穀物酢でもいいですが、黒酢を使うとマイルドで飲みやすくなりますよ。

リンゴ酢ドリンク

リンゴ酢にブレンドするものを変えるだけで、
飲み口にマイルドさを加えるなどのアレンジを行う事が出来ます。

一般的にはお水、炭酸水、お湯割りですよね。

割り方はリンゴ酢に表示されている希釈に合わせるのがいいですが、
酸味が気になる場合にはハチミツを加えるのもいいでしょう。

おすすめは、牛乳。

milk_bin

ヨーグルトのような感じになるのでフルーティーな味わいを楽しめます。

この他、上級者ならカクテルのリキュールとして使ったり、
ヨーグルトやアイスのトッピングに使うなんて方も居ます。

リンゴ酢ドレッシング

ゴマ油や麺つゆに隠し味程度に入れてもいいですね。

野菜も美味しく食べられるので一石二鳥です。

ジュレにしてとんかつなどにかけるのもいいのではないでしょうか?

リンゴ酢寒天

寒天ゼリーにする事でお腹にも溜まるおやつに。

お酢に含まれるアミノ酸が脂肪が溜まるのを抑えますし、
ゼリーなのでだいぶ食べやすくなります。

即効性はない!リンゴ酢ダイエットのデメリット

リンゴ酢ダイエットのデメリットは、
単独でダイエットを考えているのでは意味が無いというものです。

というのも、リンゴ酢そのものにダイエットのみの特化した効果がないためであり、
食欲をセーブするわけではないからです。

その為、

即効性がなくすぐに〇kg痩せる!と行った事は難しいといえるでしょう。

逆に、

運動や他のものの助力として
リンゴ酢を飲むというのであれば効果は高いようです。

特に便秘気味でお腹がぽっこりなんて方には、
整腸効果が働いて快便の日々からダイエットが始まるので
効果を早く感じやすい特徴があります。

間違った飲み方は太る原因になる?!リンゴ酢ダイエットの注意点

リンゴ酢に限らず、お酢でダイエットする際、
飲み方を間違えると太ってしまったり他のデメリットを生む可能性があります。

例えばタイミング。

空腹時に原液で飲むと胃が荒れてしまったり、
希釈しても余分な食欲増進に繋がってしまう事があります。

また、飲んだ後にはうがいがおすすめされているのをご存知でしょうか?

というのも、ここ最近いわれているとおり
余分なお酢は体内の酸化を進めてしまいます。

これにより歯が解けてしまうなんて事もあるようです。

ちびちび飲んでいくなんてもってのほか。

テキーラのようにショットでくいっと飲むのがおすすめされています。

口全体に広げないようストローを使うのもありですが、
それでもうがいでよく口をすすぎましょう。

まとめ

いかがでしたか?

「酸化は身体を老化させます」
ここ最近、抗酸化が老化を防ぐ
アンチエイジングに繋がるといわれています。

なのに酢をおすすめするの?と思うかもしれませんが、
これはもちろん摂りすぎを考えていないからであるといえるでしょう。

穀物酢などには酵素などが含まれ、
腸内環境に大きい関係を持つ乳酸も働きます。

なので、何も酸を持つものが絶対悪いというワケではないのです。

こういったものは要はバランス。

身体に良いからと摂りすぎもいけません。

何でも適量が大事であるといえるでしょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ