寝るだけで痩せる!?睡眠ダイエットの方法とは?


いよいよ間近に迫ったクリスマスと大晦日、元旦。

美味しいものが続きますよね!どうにも食欲が止まらない!
でも、痩せたい!

そういう人は多いと思います。

そこでオススメしたいのが、『睡眠ダイエット』です!

suimin

これは寝るだけで痩せるという方法ですが、
具体的にはどういうものなんでしょうか?

寝るだけで痩せるなら嬉しいですよね!

今回は『睡眠ダイエット』について、
ご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク


 

睡眠ダイエットとは?

そもそも、『睡眠ダイエット』とは一体何でしょうか?
ダイエットと言えば、運動したり、食事制限したりが一般的ですよね。

この『睡眠ダイエット』でポイントとなるのが、「成長ホルモン」です。

「成長ホルモン」は睡眠中に分泌されるホルモンのことで、
このホルモンが身体のダメージを修復・回復してくれます。

実はそれだけではなく、筋肉を作ってくれたり、余分な脂肪を落としてくれたりと、
良いことづくしなんです!すごいですね!

さらに、この

「成長ホルモン」の働きで睡眠中(1時間あたり)に男性50kcal、
女性40kcalのカロリー消費がある

とのことなんですね~

まさに寝るだけで痩せるということですね!

ただし、

睡眠不足になってしまうと基礎代謝が低下してしまい、
せっかくの消費カロリーが低下してしまうんです。

また、成長ホルモンには食欲に関わるものもありますが、これが乱れてしまうと
過食傾向が強まってしまうということもあります。

「睡眠不足は大敵!」と言いますが、
しっかり寝ることはやっぱり大切なんですね。

寝るだけで痩せる!?睡眠ダイエットの効果は?

寝るだけで痩せるなんて、まさに夢のようなダイエット方法ですが
イマイチ効果のほどが・・・と疑ってしまいますよね。

実は、アメリカで睡眠ダイエットの実験が行われました。

睡眠以外は通常通りの生活で、食事制限や運動は一切なしという条件のもと、
生活を送った人たちが”10週間で1.5~8kgの減量に成功した
というデータがあるんです!

もちろん個人差はありますが、それにしても「寝るだけ」で、です。

やってみる価値は十分にあるんじゃないかなぁと思えますよね。

また、睡眠をきっちりとることで良い影響が出るのが「お肌」です。

美肌効果やむくみ改善などにも良いので、
是非とも試してみたいですね!

睡眠ダイエットの方法とは?

ここでやっと『睡眠ダイエット』の具体的な方法についてです。
いくつかポイントがあるので、以下にまとめてみました。

22時~3時の間は寝ていること

成長ホルモンが活発になる時間があって、
それが上記の時間になります。

そのため、上記の時間には寝ているということが理想です。

ダイエットにはもちろんですが、
お肌のためにも是非寝ておきたい時間ですね!

夜21時以降の食事・激しい運動はしない

寝る前に食事をしてしまうと、
その分がそのまま身体に蓄積されてしまうため、
避けた方が良いですね。

激しい運動については、せっかくリラックスしている時間帯にしてしまうと、
交感神経を刺激してしまうためストレッチなどの軽いものをすると良いですね。

寝る1時間前にハチミツ大さじ1をなめる

このタイミングでなめることによって、
肝臓に適度な量の糖質を蓄えることが出来ます。

そうすることで成長ホルモンがスムーズに分泌されるようになります。

さらに、脂肪燃焼効果も期待できるので、
純粋なハチミツをなめて眠るようにしましょう!

hatimitu

睡眠時間は7~8時間で起きる

一番ちょうど良いとされているのが、7時間睡眠です。

逆に睡眠時間が少ないと、
肥満率が上昇してしまうというデータ結果も出ています。

遅くまで仕事をしている人にとっては、
なかなか厳しいものもありますね。

なるべく上記に沿ってやれるようになると良いかもしれませんね!

寝る前にやってはいけないことは?

これは「睡眠を妨げる」という意味で
思い当たる人もいるかもしれませんが、
寝る前にやってはいけないこととして挙げられるのが、

「寝る前にスマートフォンやパソコンを見ること」です。

iPhone

ブルーライトやバックライトの影響で、
「メラトニン」という睡眠ホルモンの分泌量が
大幅に減ってしまうからなんです。

近年、スマートフォンの普及によって
夜型傾向が強まっている中高生が増えているようです。

携帯電話の長時間使用はもちろん、
ベッドに入ってからいじることはやめましょう。

これだけでもだいぶ睡眠の質が変わってくると思いますよ!

睡眠ダイエットを成功させるポイントは?

ここまでご紹介してきた『睡眠ダイエット』ですが、
成功させるポイントは3つあります。

・毎日決まった時間に寝ること

・毎日決まった時間に起きること

・昼にとる仮眠は15~20分以上とらない

これは確かに、毎日違った時間だと
身体自身もリズムが作られづらいですもんね。

仮眠についてもとりすぎてしまうと、
夜の睡眠に影響が出てしまうため、
15分くらいにとどめておいたほうが良いですね。

まとめ

いかがでしたか?
寝るだけで痩せる!というのは本当のようですね~びっくりです。

アメリカで実際に実験が行われていたのにも驚きですが、
結果にもさらにびっくりしましたね!

幅はありますが、どれもマイナスの結果なので
やってみる価値はあると思います!

これにさらに軽い食事制限・・・というか
管理や毎日のストレッチを取り入れることで、
ダイエット面でさらに良い効果が期待できるんじゃないでしょうか。

美味しいものが続く今の時期、是非とも良質な睡眠をとって、
少しでもダイエット効果を期待したいですね。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ