結婚式招待状の返信の書き方とマナーは?欠席なら理由は?


「結婚式に限らず招待状をいただいた時に知っておきたいマナー」
同窓会、結婚式…意外と少なくないと思います。

そこでまずお目にかかるのが招待状。

「さぁ出席!」と勇むか「あぁ…行けない」と思うかは
その人によってだいぶ変わってしまいます。

とりあえず返事を書かない事には自身も先方も前には進めません。

さて、ここでつい気になってしまうのがその書き方。

意外と分かっているようでそうでもない事が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、意外と知らない結婚式招待状返信書き方
特に欠席の際のマナーについてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク


 

これだけはとりあえず抑えておこう、結婚式招待状の返信マナー

最近結婚式を挙げるカップルはだいぶ減ってきているようです。

ここでは招待状をいただい時に
きちんと対処出来るのかを見るためにもチェックしていきましょう。

-基本1・宛名-

文面に書かれた“御”“御芳”という部分は二重線で丁寧に消す

返信先の宛名は、“行”→“様”に直して送る

意外と忘れがちですが、これ本当に基本中の基本です。

-基本2・期日-

「●日までにご返送ください」とあっても、
基本的には1週間以内に返信する

どうしても1週間以内に都合が分からず返せない場合は、
その時点で先に先方に連絡をいれます。

だからといって

本当の返信は、
電話やメールで返すのはやめましょう。

きちんと返信ハガキで返しましょう。

先方にとってハガキで返してもらうのは
出欠者確認にとても大事な事ですから。

-基本3・メッセージ-

出席でも欠席でも、先方の門出を祝う大切なメッセージです。

きちんと書いて送りましょう。

「御結婚おめでとうございます 結婚式までは何かと準備に追われ大変かと思いますが
頑張って 当日楽しみにしています」

こんな感じが無難だけどいいかと思います。

また、この文章を見てわかるかと思いますが、

文章の間に句読点を打つのは「お祝い事に区切りをつけない」
ということから、してはいけません。

句読点を入れる部分には一字あけにするだけにし、
段落下げもしないよう心掛けましょう。

面倒に思わず、また失礼にあたらないような返信をしたいものですね。

結婚式を欠席する時は?

結婚式を欠席する時は、返信ハガキできちんと謝罪、
お祝いとお断りのメッセージを添える事を基本にします。

この時は、出席する場合と違って
すでに予定が決まっていたとしても少し時間を置いて返信する事!

また、次の項でもお話しますが「忙しいから」や「実は不幸があって」

といった相手の幸せ一杯なムードを
ぶち壊すような書き方をすることだけはやめましょう。

さて、一番困るのが予定があいまいで
いけるかどうか分からないという場合。

この場合は少しお時間をいただいて、きちんと分かった上で返信。

「行く」といって「やっぱりやめます」は一番失礼なのでやめましょう。

これに次いで気になるのはご祝儀

欠席するにしてもお祝いをしたい。

そう思ったのならば、

贈るつもりだったご祝儀の約2分の1、もしくは3分の1にしましょう。

3万円包むつもりだったのなら1万5000円ですが、
中途半端な感じがするので1万円ご祝儀+5000円分プレゼントとかもいいですね。

pair_cup

また、欠席する理由の中には“金銭的に”というのもありますよね。

この場合は電報によるいわゆる祝電を贈ってみる
というのも味があっていいと思います。

frame_kekkon_omedetou_tate

祝電は1文字いくら+台紙料金になります。

ぬいぐるみが持っていってくれるなんてのもありますよね。

ちょっと小洒落たプレゼントとして意外と喜ばれますよ。

結婚式を欠席する場合の文例

結婚式を欠席する場合の返信ハガキの文例は、
先述したとおり本音を書かず、出来るだけ濁した書き方をするのがベストです。

例えば、すでにその日旅行が入っていたなんて場合。

出来れば旅行をキャンセルした方がいいのですが、
もしかしたらなかなか行けない場合もありますから
そればかりは何ともいえません。

また、親戚に不幸があったなどの場合。

基本的に喪が明けないうち(一般的に四十九日を過ぎるまで)は
そういった場に行くのは望ましくないといわれています。

この場合も欠席が望ましいですが、
後に関係にヒビが入らないようにだけ注意したいですね。

これらの場合、無難なのは

「ご結婚おめでとうございます お招きいただき大変嬉しいのですが
残念ながら先約があり出席する事ができません」

ご結婚おめでとうございます どうしても都合がつかず
やむなく欠席させていただきます」

と、

門出を祝うべき2人の気持ちを
害さないような文章にするのが大事ですね。

中には「なぜ今更あなたから??」という人から招待状をいただく事も。

この場合もなかなか行く気にはなれないという事も少なく無いでしょう。

ご祝儀を出すのも憚れる場合もありますが、
もし以前いただいているのならばそれに対してはきちんと返し、
「都合により…」の文でお断りしましょう。

また、そんなにぼやかして書く必要もない理由や間柄であれば、
きちんと返信した後に電話などで

「どうしても行きたいけど臨月でドクターストップが…」
などきちんとお断り電話をするとだいぶ印象は変わります。

病床であっても、その場では言葉を濁し、
のちのち別途お祝いを贈るといいですね。

gonen

まとめ

いかがでしたか?

結婚式の招待状の返信。

欠席の時の返信の書き方、特に考え込みませんか?

そこで、招待状の返信の仕方についてお話が、
役に立つのではないでしょうか?

しかし、やはりこれは時代の流れでしょう?

色々なデコレーションを含めた返信の仕方をする方も、
だいぶ少なくないといわれています。

また、冒頭でメールや電話で返すのは失礼だとお話しましたが、
ついに3分で作れる結婚式のWEB招待状アプリも出来たそうです。

昔ながらの形式を大事にもしたいですが、

「招待状ポストに出すの忘れてた!」という主催者側の手間や、

「時間と場所忘れちゃった…招待状どこだっけ?」
「結婚式の招待状、行かないけど捨てちゃうのも申し訳ない」
なんていうゲストの負担も減るのでだいぶ好評のようです。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ