インフルエンザと風邪の症状の違いと予防のポイント


朝晩の温度差が大きくなってきました。
最低気温も10度を下回る日も出てきました。

北海道では、平地でも雪も降りましたね。

だんだんとい寒い季節になり、空気も乾燥してきます。

今年もインフルエンザの季節がやってきました。

infuruenza

早いところでは、もう学級閉鎖になった学校もあるようです。

受験生のいるおうちでは、
インフルエンザにかからないように特に注意しているとおもいます。

そこで、インフルエンザ症状と風邪との違いや、
予防のポイントを紹介します。

スポンサードリンク


 

インフルエンザの特徴と症状

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる感染症です。

感染すると、1~3日間の潜伏期間を経て、
突然の高熱で発症する。

インフルエンザは、早ければ、11月下旬ごろから流行り始めます。

今シーズンは主にA香港(H3N2)型ウイルスが
流行すると予想されています。

通常はA型がまず流行し、その後B型が流行するようです。

<それぞれの型の特徴や症状>

●A型

人以外にも、感染する。
(トリ・ブタ・ウマ・クジラ・アザラシなど)

危険性は高く、毎年世界的に流行している。

症状・・高熱、のどの痛み、鼻づまり、強度の関節痛

●B型

人同士でしか、感染しない。

症状・・腹痛や下痢といった、消化器系に影響が出やすい。

●C型

人とブタのみに感染する。

ほとんどの人が4歳頃までに、感染する。
一度かかると免疫がつくため、大人で感染する人はほとんどいない。

症状・・鼻水が出る程度で、症状はほとんどない。

<インフルエンザの特徴>

・38度以上の高熱
・関節痛
・筋肉痛
・頭痛
・全身倦怠感
・食欲不振

などの、全身症状が特徴です。

インフルエンザに感染すると、1日~3日で、発症後、
38度以上の高熱・関節痛・全身倦怠感・筋肉痛などの全身症状に。
その後、咳・喉の痛み・鼻水など。
10日前後で、治癒。

infuruenza

風邪の特徴と症状

風邪は、ライノウイルス、コロナウイルスなど種々の
ウイルス感染によって起こる
上気道炎の総称です。

<風邪の症状>

・のどの痛み
・鼻水
・咳
・くしゃみ

全身症状はあまり見られず、
発熱もインフルエンザほど高くなりません。

重症化することもほとんどなく、1週間ほどで治ります。

風邪とインフルエンザの違い

風邪とインフルエンザの違いについて、
表にまとめてみました。

以下を参考にしてみて下さい。

風邪とインフルエンザの症状の違い

風邪 インフルエンザ
発症時期 1年中 冬季に流行
潜伏期間 1日~2日 5日~6日
進行 ゆるやか 急激
発熱 ないか37~38度 40度前後
鼻水 ひき始めに出る 後から出る
軽い 強い
関節痛 軽い 強い
寒気 軽い 強い

インフルエンザ予防のポイントは?

インフルエンザにかからない為に、予防は必要です。
そこで、主な予防方法を紹介します。

●インフルエンザワクチン

sick_vaccine

本格的流行の前に接種しておきましょう。

発症や重症化をある程度予防する効果があります。

接種してから免疫が出来るまでに3週間前後かかるので、
早めに受けましょう。

ワクチンの効果は、1年間なので、毎年接種することをおすすめします。

“インフルエンザの予防接種の時期、子供はいつがベスト?料金は?”

●手洗い・うがいの徹底

2-2

外出後の手洗いやうがいは、予防の基本です。

手は、必ず石鹸で、指の間まで、洗いましょう。
また、アルコール製剤を使用するとよいでしょう。

うがいは喉の奥で、“ガラガラ”としましょう。

●マスクの着用

infuruenza

人混みは避けたいのですが、やむを得ず外出するときは
マスクをするように心がけましょう。

インフルエンザに感染している人は、もちろんですが、
感染していない人も、感染予防のためにマスクは着用しましょう。

●適度な湿度を保つ。

kaden_kashitsuki

空気が乾燥すると、インフルエンザに感染しやすくなります。

加湿器などで、50~60%の湿度を保つようにしましょう。

●十分な休養とバランスの良い食事

keirounohigaisyoku

寝不足や疲労の蓄積・食生活の乱れやストレスも免疫力低下につながります。

バランスの良い食生活と睡眠をしっかりとるように心がけましょう。

当たり前のことですが、今一度確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

あれ?と思ったら病院で診察してもらいましょう。

インフルエンザの時はもちろんですが、
かかっていなくても、出かけるときはマスクをしましょう。

インフルエンザの予防には、ワクチン接種をおすすめします。

ワクチンを接種すれば、“かからない”ということはありませんが、
かかっても軽症で済むといわれています。

この冬インフルエンザにかからないためにも、
規則正しい生活をしましょう。

スポンサードリンク

 
  関連コンテンツ  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ